経理・財務のメリット

月々のリース料支払いだけなので資金にゆとりが生まれます

現金購入に比べ車両購入費用が少なくて済みます(税金・保険・整備代等)。月々のリース料支払いだけなので資金にゆとりが生まれます。
経理業務を大幅に削減。その分、資金・人材が有効に活用できます。

購入の場合
整備・修理費の支払い/減価償却計算/整備・修理費の支払い/購入時の多額な資金調達/代金・税・保険の支払い/売却・処分の処理
カーリースの場合
月々のリース料の支払いだけ!

具体的なメリット

車両購入時の手間が削減できます
自動車諸税の納付、保険加入手続き、保険料支払い等の業務が削減できます。
リース料は経費として処理できます
原則としてリース料は法人税法上“経費処理”が可能です。
契約内容によっては会計処理が異なる場合があります。
経理事務の合理化が図れます
決算時の減価償却処理が必要なくなります。
車両コストの把握が明確になります
メンテナンスリースの場合には、「リース料+燃料代+駐車場代」で車両コストが簡単に把握できるので、経営計画や予算がたてやすくなります。
効果的な資金運用が図れます
車両代(頭金)や税金・保険料等の一時払いが必要ないので、その分の資金を他業務に回すことできます。