アルファード

新型3.5Lエンジン+8速オートマチックトランスミッションで“走り”が進化!

The Top Quality Minivan「アルファード」
お支払いシミュレーション

安全装備&快適装備

次世代型の“Toyota Safety Sense”をはじめ、
先進の予防安全技術が満載

次世代型の“Toyota Safety Sense”を全車に標準装備
トヨタ初 ※1
パーキング 予防安全 プリクラッシュセーフティシステム
リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
新規設定
レーントレーシングアシスト[LTA]
トヨタ初 ※1
ぶつからないをサポートする
プリクラッシュセーフティシステム
(夜間歩行者・自転車運転者対応)
機能強化
インテリジェントパーキングアシスト2
機能強化
ついていくをサポートする
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)
機能強化
踏み間違えてもサポートする
インテリジェントクリアランスソナー
(パーキングサポートブレーキ)
夜間の見やすさをサポートする
アダプティブハイビームシステム[AHS]
オートマティックハイビーム[AHB] ※2
新規設定
パノラミックビューモニター ロードサインアシスト[RSA]
国内トヨタ初
クリアランスソナー&バックソナー 先行車発信告知機能[TMN]
新規設定
ドライブスタートコントロール デジタルインナーミラー
新規設定
ブラインドスポットモニター[BSM]
新規設定

など

※1 2017年12月現在
※2 アダプティブハイビームシステム[AHS]とオートマチックハイビーム[AHB]はグレードにより設定が異なります。

新型アルファードは、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense C/P」をさらに進化させ、より高度な衝突回避支援と運転支援を実現した次世代型の“Toyota Safety Sense”をトヨタ車ではじめて搭載しました。そのほかにも様々な安全装備&快適装備を採用し、安全・安心なドライビングをサポート。先進の予防安全技術でドライバーの負担を軽減します。また、アルファードは、国が推進している「セーフティ・サポートカー(サポカー)」にも認定されています。

Toyota Safety Senseについて>>

アルファードは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>、セーフティ・サポートカー」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

サポカー(セーフティ・サポートカー)の概要と対象車種について>>
技術と人で、安全安心をサポートする「サポトヨ」について>>

セーフティ・サポートカー区分

セーフティ・サポートカーS<ワイド>
(サポカーS<ワイド>)
自動ブレーキ(対歩行者)/ペダル踏み間違い時加速抑制装置*2/車線逸脱警報*3/先進ライト*4 搭載車 Toyota Safety Sense Pかつパーキングサポートブレーキ[PKSB](インテリジェントクリアランスソナー[ICS])装着車*3/先進ライト*4 搭載車
セーフティ・サポートカー(サポカー) 自動ブレーキ Toyota Safety Sense P装着車

※2.マニュアル車は除く
※3.車線維持支援装置でも可
※4.自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯、または配光可変型前照灯をいう
■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
■グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
■グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。

パーキング

リヤクロストラフィックアラート[RCTA]

新規設定

駐車場から出るとき、後ろのクルマに気づかずバックしてヒヤリとした経験はありませんか? リヤクロストラフィックアラートは、バックで出庫する際、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケータ―点滅とブザーでお知らせします。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

インテリジェントパーキングアシスト2

機能強化

駐車が苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか? インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能付)は、超音波センサーとカメラで駐車スペースを認識し、区画線を検知して適切な位置に誘導&ステアリング操作をアシスト。通常の駐車はもちろん、縦列駐車や縦列出庫など様々な駐車・出庫をサポートします。

※インテリジェントパーキングアシスト2とパノラミックビューモニターは同時装着できません

踏み間違えてもサポートする
インテリジェントクリアランスソナー
(パーキングサポートブレーキ)

ニュースでもたびたび取り上げられる、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故。インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)は、クリアランス&バックソナーやドライブスタートコントロールなどの機能を複合的に活用し、前後の障害物をソナーで検知して衝突しないようにアクセル&ブレーキ操作を支援。踏み間違いによる衝突回避・被害軽減します。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

パノラミックビューモニター

上空からクルマを見下ろしたような映像を表示し、駐車・出庫時に安全確認を行う機能です。運転席からは確認しづらい周囲の状況をリアルタイムで見ることができ、予期せぬ障害物の存在に気づくことができます。

■画面はハメ込み合成です。
※パノラミックビューモニターとインテリジェントパーキングアシスト2は同時装着できません

予防安全

レーントレーシングアシスト[LTA]

トヨタ初

一瞬目を離した瞬間に車線からはみ出していた、急に眠くなってふらついてしまったという経験はありませんか? レーントレーシングアシストは、高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロール(前車速追従機能付)作動時に車線維持に必要なステアリング操作を支援。車線をはみ出しそうになったら警報でお知らせ、危険と判断すれば車線をキープするようにステアリングを自動で操作してくれます。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

ついていくをサポートする
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)

機能強化

新開発のミリ波センサーとカメラで前方を前方車両などを認識し、車線をキープしながら運転をサポート。前方者の発進・離脱・加速の際は、スムーズに追従&減速し、ドライバーの負担を軽減して安全・安心なドライブを実現します。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

夜間の見やすさをサポートする
アダプティブハイビームシステム[AHS]
オートマティックハイビーム[AHB

新規設定

夜間の見やすさをサポートする「アダプティブハイビームシステム(AHS)」「オートマティックハイビーム(AHB)」。わずらわしいハイビームとロービームの切り替えを自動で行い、夜間の視認性を確保します。

■写真は作動イメージです。

ロードサインアシスト[RSA]

国内トヨタ初

「ロードサインアシスト(RSA)」は、国内トヨタ車で初採用された、前方のカメラで認識した交通標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム。見落としがちな速度規制やはみ出し禁止標識などを検出し、ドライバーに教えてくれる便利な機能です。

■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

先行車発信告知機能[TMN]

新規設定

先行車の動きをミリ波レーダーとカメラで検出。自車が先行車に続いて停止後、先行車が発信しても自車が停止し続けたときにマルチインフォメーションディスプレイ表示およびブザーでお知らせする機能です。信号待ちなどで発信し忘れてしまうことを防ぎます。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。 ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・ 点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

デジタルインナーミラー

新規設定

車両後方カメラの映像をインナーミラー内臓のディスプレイに表示する運転補助機能です。アルファードのようなミニバンの場合、荷物などを載せていると後方が見づらいこともありますよね? そんなときにデジタルインナーミラーを利用すれば、後方の確認もばっちりです。

■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

ブラインドスポットモニター[BSM]

新規設定

死角になりやすい隣の車線を走るクルマをレーダーで検知して、ドアミラーに搭載したLEDインジケーターでお知らせします。ウインカー操作をするとLEDインジケーターが点滅し、注意喚起してくれるので車線変更時の接触事故防止に効果的です。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。 ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・ 点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

プリクラッシュセーフティシステム

ぶつからないをサポートする
プリクラッシュセーフティシステム

(歩行者[昼夜]・自転 車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

機能強化

新型アルファードは自動車および歩行者に加え、自転車運転者も検知可能になりました。新開発のミリ波レーダーと単眼カメラにより画像認識機能が向上、自動車はもちろん自転車運転者や夜間の歩行者を検知し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

T-Connectナビを最大限活用する、
つながるサービス「DCM」全車標準装備

DCM(専用通信機)を設置すると、クルマとトヨタスマートセンターで通信を行い様々なサービスが受けられます。例えば、アルファードの場合、お客様の大切な愛車を24時間365日見守る「ヘルプネット(エアバック連動)」やセキュリティサービス「マイカーSecurity」などのサービスをご利用いただけます。さらにT-Connectナビと接続すれば、常にナビの道路情報を最新の状態に自動更新する「マップオンデマンド」、ワンタッチでオペレーターに接続して相談ができる「オペレーターサービス」なども利用可能。従来はスマホなどの通信機器を接続する必要がありましたが、DCMならそんな手間もなし! 24時間365日、いつでもトヨタのサービスが受けられます。ぜひT-Connectナビとセットでご利用ください。

トヨタのつながるサービス「DCM」とT-Connectについて

TOYOTA Safety SENSE

  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい

パフォーマンス

新型3.5L V6エンジン&Direct Shift-8ATによる余裕のある走り

パワートレーンは、2.5Lハイブリッドと2.5Lガソリンエンジンに加え、新開発の3.5L V6ガソリンエンジンの3バリエーション。新開発の3.5L V6ガソリンエンジンは、主要部品を一新することで動力性能を飛躍的に高め、8速オートマチックトランスミッション「Direct Shift-8AT」との組み合わせて走りにさらなる余裕が生まれました。フル乗車でも余裕のある走りに加え、“静かさ”は大排気量エンジンによる恩恵です。そのほかボディ剛性の強化、静寂性に優れた素材の最適配置により、走行性能と快適性能を向上しました。

走りと燃費を高めた3.5L新型エンジン「2GR-FKS」

主要部品を一新して開発された3.5L V6エンジン「2GR-FKS」は、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S”を採用し、Dual VVT-iなどにより力強い走りと優れた燃費性能を両立。8速オートマチックトランスミッションと組み合わせ、最高出力221kW(300ps)、最大トルク361N・m(36.8kgf・m)を発揮。燃費は、10.4~11.0km/L(JC08モード走行燃費)を実現しています。「2GR-FKS」と「Direct Shift-8AT」は、ともに国内トヨタ初搭載(※)のパワートレーンです。

※2017年12月現在

ご成約特典

  • ミニバンラインアップ購入資金CP
  • アルファードSNS CP
  • 新型アルファード紹介CP
  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい

東京トヨペットで買うメリット

トヨタならではのうれしい買い方「トリプルアシスト」

トヨタ車だからできる
安全・安心の サポート体制

日本車が世界中で愛されている理由のひとつが頑丈さ。トヨタ車をはじめとした国産車は故障が少なく、さらに国内メーカーなので修理費用も安く抑えられて経済的です。また、メーカー保証も充実しているので、安心して乗っていただくことができます。トヨタでは、新車に対して最大5年または10万kmのメーカー保証で徹底サポート。さらにわずかな費用で安心保証が受けられる「保証がつくしプラン 新車コース」なども用意しています。

全国約5000店舗、5万人のサービススタッフが万全の体制でメンテナンスから修理まで対応。輸入車メーカーの保証は長くても3年がほとんどで、以降は有償の延長保証に加入する必要がありますが、トヨタならそのような心配も一切ありません。新車購入から車検(初回もしくは2回目の車検)までのメンテナンスや整備をセットにした「メンテナンスパック」などもありますので、ランニングコストも抑えることができます。

トヨタのメーカー保証

トヨタのメーカー保証

一般保証(3年または6万km)

電装部品を含め、ほとんど全部品が保証対象となります。保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。消耗部品やオイル、特別保証部品などについては対象外です。

特別保証(5年または10万km)

エンジンや乗員保護装置(シートベルトやSRSエアバッグ)など、走行や安全に関わる重要な部品は、特別保証として新車から5年間または走行距離100,000kmまで、保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。

安心と信頼のトヨタ品質

  • ハイブリッド車販売台数 全国No.1
  • 年間83万台の整備実績
  • 拠点数No.1安心のネットワーク
  • メーカー保証とサポート体制
  • 迅速・丁寧な故障や修理の対応
  • お得なメンテナンスパック
12014年・2015年・2016年
ハイブリッド車販売台数全国No.1

2014年・2015年・2016年ハイブリッド車販売台数全国No.1

東京トヨペットは2013年にハイブリッド車販売台数10万台を突破し、2014・2015・2016年の3年連続でハイブリッド車販売台数全国No.1に輝きました。数多くのハイブリッド車を取り扱った経験がありますので、おクルマの購入でのお悩みはもちろん、メンテナンスから修理までおまかせください。

2年間83万台の整備実績

年間83万台の整備実績

東京トヨペットでは定期点検や車検整備、修理など、年間83万台の整備実績があります。定期点検では熟練エンジニアが2人1組で行っているので、スピーディかつ確実な作業をお約束。また、都内77店舗で板金修理も受け付けており、10拠点の板金工場があります(新車併設5店舗)。

3拠点数No.1安心のネットワーク

拠点数No.1安心のネットワーク

トヨタでは、安全にクルマに乗っていただくため、全国約5,000店舗、5万人のスタッフが日々サービスに当たっています。全国どこでもメンテナンスや修理が受けられる体制を整えていますので、旅行先でもしものトラブルが発生しても安心です。

4メーカー保証とサポート体制

メーカー保証とサポート体制

トヨタでは、新車購入時に3年または6万kmの一般保証に加え、エンジントラブルなどは5年または10万kmの特別保証をご用意しています。さらにメーカー保証を2年延長できるプランなどもありますので、お気軽にご相談ください。

5迅速・丁寧な故障や修理の対応

迅速・丁寧な故障や修理の対応

万が一の故障や修理についても万全のサポート体制を整えています。また、大切な愛車に傷やヘコミができてしまった方のために、板金・塗装などの修理にも対応。少しでも愛車で気になることがありましたら、トヨタ車のプロフェッショナル東京トヨペットへご連絡ください。

6お得なメンテナンスパック

お得なメンテナンスパック

安全で快適なカーライフを送るためには、定期的な点検やメンテナンスが大切です。そこでご購入から半年ごとの定期点検、また車検などをセットにした、お得なメンテナンスパックを設定。トヨタ車を知り尽くしたサービスエンジニアが皆様の快適なカーライフをサポートします。

東京トヨペットのスマイルパスポート
お近くの店舗はこちら