お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117[固定電話は都内のみ 営業時間 9:30~18:00]お客様のお電話の設定状況により、フリーダイヤルにつながらない場合がございます

お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117

LINE

C-HR

走るなら、自分の道を
トヨタの世界戦略SUV

#CROSS OVER THE WORLD
KEEP YOURSELF ALIVE

C-HR SPEC

サイズ 全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm/1,565mm
※グレードや仕様、オプションによってサイズが異なります。
乗車定員 5名
エンジン 1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ
燃費 燃費  15.4~30.2km/L※
※JC08モード(国土交通省審査値)
価格帯 251万6,400円~290万5,200円
  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい
C-HR

開発HISTORY

01CONCEPT

C-HRに込めた意味、
妥協なき「スタイル」と「走り」

Cross Hatch Run-about

コンパクトでリフトアップされた

プロポーション

Compact High Rider

ハッチバックのような

気持ちのよい走り

x

コンパクトSUVには他車とは違う(Distinctive)
かっこよさとハッチバック並みの走行性能の
2つが求められています。

この2つを徹底的に磨き上げ、それが“C-HR”の名前にもつながりました。
極めるために新しい取り組みをいくつも織り込み生まれたのが“C-HR”です。
このクルマに乗っていただき、お客様が笑顔になることを期待しています。

製品企画本部・主査 古場 博之

今までにないクロスオーバー
もはや新ジャンル!「C-HR」

  • これまでのコンパクトSUVとは
    一線を画する独創的なデザイン
  • +
  • 乗り手や走行シーンを選ばない
    柔軟な走行性能

C-HRの開発責任者である古場博之主査は、プライベートでもさまざまなレースに参戦するモータースポーツファンであり、カローラやアベンシス、ハリアー、レクサスなどの車両設計・企画に携わった一人。そんな古場主査をはじめとした開発者が理想を追い求め、実現するためにこだわり抜いたトヨタの世界戦略SUV“C-HR”は、今までにないクルマの楽しさと刺激に満ちあふれています。ハッチバックのようにドライバーの手の内に入り込むような操作性と安定感、クロスオーバーSUVらしい柔軟性、そして独創的なフォルム、すべてに開発者の想いが詰まっています。

  • レースの血統 ニュルブルクリンクから受け継いだもの
  • コンセプトカーを市販へ パリ・モーターショーの姿のままでー。
  • 偏愛
  • 偏愛
  • 偏愛
  • 偏愛

02DETAIL

エクステリア・インテリア
パフォーマンス・セーフティ

C-HR

走るなら、自分の道を
トヨタの世界戦略SUV

  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい

STYLING

スピード感あふれる
クーペスタイル

  • Sensual
    -センシュアル-
    艶やかで感性に響く造り込み
  • Speed
    -スピード-
    コンパクトで伸びやかなスタイル
  • Cross
    -クロス-
    たくましい足まわり

エッジの効いたキャラクターラインが印象的な全長4360mm、全幅1795mmのコンパクトボディには、セクシーさとスピード感が溢れています。そして大径ホイール&リフトアップでたくましさを表現した足まわりが、今までにないクロスオーバーのスタイリングを具体化。「センシュアル スピード-クロス」というデザインコンセプトのもと、圧倒的な個性(センス)を発するDistinctive(ディスティンクティブ)なスタイリングがC-HR最大の特徴です。

2014年のパリ・モーターショーで公開されたコンセプトカーから2015年のフランクフルト国際モーターショーて公開されたコンセプトモデル、そして2016年の市販モデルまで変わることのないフォルム。理想のカタチをそのまま市販モデルへ、開発者の情熱がそこにはありました。
開発秘話「コンセプトカーを市販へ、パリ・モーターショーの姿のままで」>>

SEXY DIAMOND
-セクシーダイヤモンド-

メリハリをつけて際立たせた
ダイヤモンドをモチーフに引き締められたデザイン

READ MORE

SIDE
SIDE

ダイヤモンドモチーフを採用し、リヤにかけて絞り込んだ立体感のあるボディライン。プレスラインの造形は技術が現れるパートであり、高級車の象徴とも言えます。C-HRではトヨタブランド初、レクサスと同等のプレスラインを採用。そしてリヤにむかう緩やかな傾斜、絞り込まれたクオーターパネル、ウインドウやCピラーの造形、すべてはリアルなクーペスタイルを実現するためのこだわりです。

FRONT
FRONT

サイドまで大きく回り込んだヘッドランプはトヨタブランドでは最長となる950mmというサイズ。GおよびG-Tグレードにはメーカーオプションで、トヨタ初となる内側から外側に流れるLEDシーケンシャルターンシグナルランプを採用しています。

  • DOOR MIRROR
    ILLUMINATION

    スマートキーを携帯して近づく、もしくはドアロックを解除してクルマに乗り込むとドアミラーから投影されるロゴ。
    ※GおよびG-T標準装備

    DOOR MIRROR ILLUMINATION
  • REAR
    DOOR HANDLE

    ボディと一体化したシャープなリヤドアハンドルが特別感を演出します。

    REAR DOOR HANDLE
  • REAR

    空力や燃費には不利な緩やかな傾斜のリヤウインドウも妥協できなかったポイント。リヤスポイラーの形状を徹底的に研究することで空力と燃費をクリアしています。

    REAR

※ 2016年12月現在。

CUSTOMIZE

より個性的に、東京トヨペットがご提案するカスタマイズ

READ MORE

トヨタ純正用品
Sporty Style -スポーティスタイル-

赤と黒でクロスオーバーらしいフォルムに仕上げた「Sprty Style(スポーティスタイル)」で走りに性能をさらに高めませんか?

Sporty Style

トヨペットオリジナルドレスアップ

Urban Style -アーバンスタイル-

トヨペット限定となるエアロパッケージ「Urban Style(アーバンスタイル)」は、LEDを使った都会的で上質なスタイリングが特徴です。

Urban Style

モデリスタ

モデリスタからは少しヤンチャでアグレッシブな「BOOST IMPULSE STYLE(ブースト インパルス スタイル)」と上質な大人らしさが輝く「ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)」をラインアップ。

BOOST IMPULSE STYLE -ブースト インパルス スタイル-

BOOST IMPULSE STYLE

ELEGANT ICE STYLE -エレガント アイス スタイル -

ELEGANT ICE STYLE

TRD

TRDからはスタイリッシュな都市型クロスオーバーに仕上げた「S-Line(エス-ライン)」とオーバーフェンダー&マッドブラックでタフにまとめた「X-Line(エックス-ライン)」という2つのC-HRを用意。

  • Aggressive Style
    -アグレッシブ スタイル-
    Aggressive Style
  • Extreme Style
    -エクストリーム スタイル-
    Extreme Style

C-HRのすべてを知りたい方、
体感したい方はこちら。

INTERIOR

運転を楽しむ、大人の洗練された空間づくり

  • Sensual
    -センシュアル-
    大人の色気と遊び心、洗練された質感
  • Tech
    -テック-
    最先端+一体感を感じる操作性

先進的で高い機能性に遊び心をプラスしたインテリアのコンセプトは「センシュアル-テック」。シームレスで広がりのあるインテリアは、圧迫感が少なく余裕のある空間を演出します。各所にメタルやピアノブラックをあしらったエレガントな装飾も特徴のひとつ。デザイン性はもちろん、操作パネルのレイアウトにもこだわり、人馬一体の操作性を実現。運転の悦びを再確認できるドライバーズ空間を構築しています。

SENSORY QUALITY
センサリー クオリティ-

形・色・質感に統一性を持たせた
感性品質と遊び心に満ちた上質空間

READ MORE

ダイヤモンドモチーフをインテリアにも随所に配置
インテリア

エクステリアデザインのコンセプトになっているダイヤモンドモチーフをスイッチパネルやスカッフプレートの滑り止め、スピーカーグリルや天井のくぼみなど、随所に散りばめることで内外装の統一感を図っています。

  • リコリスブラウン
    リコリスブラウン
  • ブラック
    ブラック

ブラックを基調に質感の高い素材を組み合わせ、色と素材感に統一性を持たせたインテリア。カラーバリエーションはリコリスブラウンとブラックの2パターンとシンプルな構成となっています。シートはグレードに合わせて本革(ブラック/パーフォーレーション)と上級ファブリック(ブラック)+本革(ブラウン)、ファブリック(ブラック)の3種類をご用意。

ドライバーの操作導線を考え抜いたレイアウト
レイアウト

ドライバーの運転操作を考慮し、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置。あらゆる操作を一連の動作で行えるようにレイアウトしています。ドライバーを取り囲んだ非対称形状のコンソールは運転時に一体感を生み、ドライビングに集中させてくれます。

C-HRのすべてを知りたい方、
体感したい方はこちら。

PERFORMANCE

“我が意の走り”を追い求めた、まったく新しいクロスオーバーSUV

  • Response
    -レスポンス-
    操作に即座に反応すること
  • Linearity
    -リニアリティ-
    操作に忠実な応答すること
  • Consistency
    -コンシステンシー-
    シーンを問わず正確に応答すること

クロスオーバーSUVに求めるもの、それは感性に響くドライブフィールとシーンを問わない走破性能ではないでしょうか。ドライバーがクルマを意のままに操り、疲れることなく運転を楽しめることが重要なのです。クロスオーバーSUVの走りの良さを考え抜き、「レスポンス」「リニアリティ」「コンシステンシー」という3つのポイントからC-HRは“我が意の走り”を追求しています。

街中やワインディング、高速道路やラフロードなど、どんなシーンでも意のままに操ることができるクルマに仕上げるため、C-HRが欧州各国で積み重ねたテスト走行の距離は10万キロにも及びます。テスト走行では開発責任者である古葉主査自らがステアリングを握り、日本・欧州のテストドライバーと共に徹底的に走り込み、チューニングを繰り返してきました。そして世界一過酷なレースと呼ばれるドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは見事完走という偉業を達成。それらのデータがフィードバックされ、完成したクルマがC-HRです。ドライバーの操作に直結するようなドライブフィールを、ぜひ体感してください。
開発秘話「レースの血統、ニュルブルクリンクから受け継いだもの」>>

TNGA
TOYOTA NEW GLOBAL ARCHITECTURE
-トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー-

トヨタの新しいクルマづくり
まったく新しいクロスオーバー

READ MORE

C-HRを支えるプラットフォーム“TNGA”
TNGA

C-HRは、トヨタの新しいクルマづくりから生まれたプラットフォームTNGA【Toyota New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)】によって支えられています。ボディ開口部に環状骨格構造を採用することでボディのねじれ現象を抑制。優れた操作安定性を実現しました。またホットスタンプ材(超高張力鋼板)を採用し、接合部のスポット溶接には構造用接着剤を追加。高いキャビン強度と軽量化を両立し、“我が意の走り”を実現しています。

乗り心地と路面を掴むような安定性を両立したサスペンション
サスペンション

フロントには新開発のマクファーソンストラット式サスペンション+大径スタビライザー、リヤにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、操作安定性と乗り心地を両立。SUVでありがちな腰高感を払拭し、ハッチバックのようなしなやかなコーナリング性能と安定感を叶えました。

同クラスのクロスオーバーで最小となる回転半径5.2m
サスペンション

コンパクトSUVクラスでは最小となる、最小回転半径5.2mを実現。ドライバーズシートからの視界もよく、取り回しも良いので、普段使いにもベストマッチします。

プリウスと同じ先進ハイブリッドシステムと軽快な走りが魅力の1.2L直噴ターボエンジンの2バリエーション

エンジンはプリウスでも採用されている1.8L+モーターの次世代ハイブリッドシステムと、軽快な走りと優れた燃費性能を両立した1.2L直噴ターボモデルの2バリエーション。ハイブリッドモデルはクラストップレベルの燃費30.2km/L(※)を実現。1.2L直噴ターボモデルは燃費15.4km/L(※)に加えてなめらかな加速フィーリングとレスポンスが魅力。徹底的に走り込んで検証した結果、燃費性能に優れたハイブリッドと動力性能が魅力のダウンサイジングターボというシンプルなモデル構成となりました。
※開発目標値(JC08モード)。届出値ではありません。開発の過程で変更になる可能性があります。

  • 1.8L+ハイブリッドシステム
    1.8L+ハイブリッドシステム
  • 1.2L直噴ターボモデル
    1.8L+ハイブリッドシステム

C-HRのすべてを知りたい方、
体感したい方はこちら。

SAFETY

クルマや歩行者を検知する「Toyota Safety Sense P」 全車標準装備

SAFETY

ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それにもとづく統合的な制御により、クルマはもちろん歩行者も検知して事故の回避・衝突被害軽減をサポートする「Toyota Safety Sense P」を全車標準搭載。4つの衝突回避支援パッケージでドライバーの負担を軽減します。そのほか、最新の衝突安全ボディGOAや6つのエアバック、歩行者傷害軽減ボディなどにより、万が一事故が起きたとしても最小限の被害で済むように配慮されています。

TOYOTA SAFETY SENSE P
-トヨタ・セーフティ・センス・ピー-

4つの衝突回避支援をパッケージにした
先進装備で高い安全性を確保

READ MORE

C-HR

TOYOTA Safety SENSE P

TOYOTA Safety SENSE

C-HRのすべてを知りたい方、
体感したい方はこちら。

03SPEC&PRICE

シンプル イズ ベストな
4グレード構成

他車とは違う、個性に悦びを感じられるトヨタの世界戦略SUV“C-HR”。バリエーションは先進のハイブリッドシステム搭載したGおよびSと、スポーツマインドを刺激する1.2Lターボエンジンを搭載するG-TおよびS-Tの4グレード構成。高いデザイン性を追求しながら、ラゲッジ容量は通常時318L、フルフラット時には1,112Lを確保。通常時でもゴルフバックにスポーツバック、シューズケース一式を収納可能な実用性を備えています。

C-HR

走るなら、自分の道を
トヨタの世界戦略SUV

  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい

BODY COLOR

  • C-HRWhite pearl crystal shineホワイトパールクリスタルシャイン<070>※メーカーオプション ¥32,400
  • C-HRMetal stream metallicメタルストリームメタリック<1K0>
  • C-HRBlack micaブラックマイカ<209>
  • C-HRSensual red micaセンシュアルレッドマイカ<3T3>※メーカーオプション ¥32,400
  • C-HRDark brown micaダークブラウンマイカ<4U3>
  • C-HRYellowイエロー<5A3>
  • C-HRRadiant green metallicラディアントグリーンメタリック<6W9>
  • C-HRBlue metallicブルーメタリック<8T7>

SPEC

サイズ 全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm/1,565mm
※グレードや仕様、オプションによってサイズが異なります。
乗車定員 5名
エンジン 1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ
燃費 燃費  15.4~30.2km/L※
※JC08モード(国土交通省審査値)
価格帯 251万6,400円~290万5,200円
その他 詳しい仕様・価格はこちら(トヨタ自動車サイトへ移動します)>>

GRADE&PRICE

  • G
    ハイブリッド車 2WD
    2,905,200円
  • S
    ハイブリッド車 2WD
    2,646,000円
  • G-T
    ターボ・ガソリン車 4WD
    2,775,600円
  • S-T
    ターボ・ガソリン車 4WD
    2,516,400円

※リサイクル料金は車両本体価格に含まれていません。※保険料・税金(除く消費税)・登録費等に伴う諸費用は含まれていません。
※車両本体価格はパンク修理キット、タイヤ交換用工具つきです。
※本価格表は予告なく変更することがあります。

PAYMENT SIMULATION

月々19,800
(初回23,692円・48回+ボーナス払い)

C-HR(ハイブリッド)【G】車両本体価格2,905,200円にスマイルパスポートセレクト36[101,400円]、QMIグラスシーラントTYPE-TⅡ[54,000円]を加えた総合計金額3,060,600円の場合

P!ったりクレジッ

詳しくはカーライフパートナーまで、
おたずねください

期間限定!残価設定型割賦プラン
期間限定 低金利

4.0%

実質
年率

頭金(下取車充当金)
割賦元金
559,200円
2,400,000円
初回お支払い額
2回目以降のお支払い額
ボーナス月お支払い額
23,692円
19,800円
70,000円(7月・12月/10回)
最終月お支払い額 ①当社でのお乗り換え 0円
②車両ご返却 0円
③お買取り 1,074,920円
お支払い総額 ①②の場合 2,233,292円
③の場合 3,308,212円

支払いシミュレーションはこちらから>>
P!ったりクレジットの詳細はこちらから>>

残価設定型割賦プラン 特別金利実施中

★金利優遇メニュー:車検付きスマイルパスポートご購入で▲0.5%、QMIグラスシーラント(ananパッケージ併用可)ご購入で▲0.5%、
「TS CUBIC CARD」ご利用の新車頭金30万円以上お支払で▲0.5%(合計で最大▲1.5%)金利優遇いたします。

※詳しくはカーライフパートナーまでお尋ねください。 ※事業用車両は対象外です。

04MERIT

東京トヨペットで
C-HRを購入するメリット

安心と信頼のトヨタ品質

C-HR

走るなら、自分の道を
トヨタの世界戦略SUV

  • カタログがほしい
  • 見積もりがほしい
  • 乗ってみたい
  • 車の購入相談をしたい

トヨタならではのうれしい買い方「トリプルアシスト」

トヨタ車だからできる安心安全の サポート体制

日本車が世界中で愛されている理由のひとつが頑丈さ。トヨタ車をはじめとした国産車は故障が少なく、さらに国内メーカーなので修理費用も安く抑えられて経済的です。また、メーカー保証も充実しているので、安心して乗っていただくことができます。トヨタでは、新車に対して最大5年または10万kmのメーカー保証で徹底サポート。さらにわずかな費用で安心保証が受けられる「保証がつくしプラン 新車コース」なども用意しています。

全国約5000店舗、5万人のサービススタッフが万全の体制でメンテナンスから修理まで対応。輸入車メーカーの保証は長くても3年がほとんどで、以降は有償の延長保証に加入する必要がありますが、トヨタならそのような心配も一切ありません。新車購入から車検(初回もしくは2回目の車検)までのメンテナンスや整備をセットにした「メンテナンスパック」などもありますので、ランニングコストも抑えることができます。

トヨタのメーカー保証

トヨタのメーカー保証

一般保証(3年または6万km)

電装部品を含め、ほとんど全部品が保証対象となります。保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。消耗部品やオイル、特別保証部品などについては対象外となります。

特別保証(5年または10万km)

エンジンや乗員保護装置(シートベルトやSRSエアバッグ)など、走行や安全に関わる重要な部品は、特別保証として新車から5年間または走行距離100,000kmまで、保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。

安心と信頼のトヨタ品質

  • ハイブリッド車販売台数 全国No.1
  • 年間83万台の整備実績
  • 拠点数No.1安心のネットワーク
  • メーカー保証とサポート体制
  • 迅速・丁寧な故障や修理の対応
  • お得なメンテナンスパック
12014年・2015年・2016年
ハイブリッド車販売台数全国No.1

2014年・2015年・2016年ハイブリッド車販売台数全国No.1

東京トヨペットは2013年にハイブリッド車販売台数10万台を突破し、2014・2015・2016年の3年連続でハイブリッド車販売台数全国No.1に輝きました。数多くのハイブリッド車を取り扱った経験がありますので、おクルマの購入でのお悩みはもちろん、メンテナンスから修理までおまかせください。

2年間83万台の整備実績

年間83万台の整備実績

東京トヨペットでは定期点検や車検整備、修理など、年間83万台の整備実績があります。定期点検では熟練エンジニアが2人1組で行っているので、スピーディかつ確実な作業をお約束。また、都内77店舗で板金修理も受け付けており、10拠点の板金工場があります(新車併設5店舗)。

3拠点数No.1安心のネットワーク

拠点数No.1安心のネットワーク

トヨタでは、安全にクルマに乗っていただくため、全国約5,000店舗、5万人のスタッフが日々サービスに当たっています。全国どこでもメンテナンスや修理が受けられる体制を整えていますので、旅行先でもしものトラブルが発生しても安心です。

4メーカー保証とサポート体制

メーカー保証とサポート体制

トヨタでは、新車購入時に3年または6万kmの一般保証に加え、エンジントラブルなどは5年または10万kmの特別保証をご用意しています。さらにメーカー保証を2年延長できるプランなどもありますので、お気軽にご相談ください。

5迅速・丁寧な故障や修理の対応

迅速・丁寧な故障や修理の対応

万が一の故障や修理についても万全のサポート体制を整えています。また、大切な愛車に傷やヘコミができてしまった方のために、板金・塗装などの修理にも対応。少しでも愛車で気になることがありましたら、トヨタ車のプロフェッショナル東京トヨペットへご連絡ください。

6お得なメンテナンスパック

お得なメンテナンスパック

安全で快適なカーライフを送るためには、定期的な点検やメンテナンスが大切です。そこでご購入から半年ごとの定期点検、また車検などをセットにした、お得なメンテナンスパックを設定。トヨタ車を知り尽くしたサービスエンジニアが皆様の快適なカーライフをサポートします。

東京トヨペットのスマイルパスポート
お近くの店舗はこちら