ページを印刷する

もしもの時の
危機管理

万が一事故にあったときは、正しい知識にもとづいて、冷静に行動しましょう。

もし走行中に警告灯が点いてしまったら

走行中に警告灯が点灯した場合は、安全な場所に停車し、「取扱説明書」で警告内容を確認して適切な対処をしましょう。

もし走行中にエンジンが止まってしまったら

走行中に警告灯が全て点灯した場合には、エンジンが停止したことが考えられます。

その場合、パワーステアリングやブレーキブースターによる補助がなくなってしまうためハンドル操作やブレーキ操作が非常に重くなります。

あわてずにクルマを安全な場所に移動させて自動車販売店などに連絡しましょう。

もしバッテリーが上がってしまったら

そのときのためにブースターケーブルを用意しておきましょう。

近くの車に救援を求め、イラストの手順通り正しく接続します。

まちがって接続すると発火したり、バッテリーが爆発することもあり、危険です。

一部のハイブリッド車や電気自動車は、取り扱いが異なります。
詳しくは取扱説明書をご覧ください

もし水中に落ちてしまったら

まず落ちついてシートベルトをはずし、窓を開け、脱出します。
シートベルトがロックして外れない場合はシートベルトカッターなどで切断します。

また窓が開かない場合は、水面より上にあるドアガラスまたはリヤガラスを緊急脱出ハンマーなどで割って脱出します。

ガラスが割れない場合は車内外の水圧差がなくなるまで浸水するのを待ち、ドアを開け、脱出します。

①フロントガラスは、合わせガラスのため割ることはできません。
②万が一に備えて緊急脱出ハンマー、シートベルトカッターなどをドライバーの手が確実に届く場所に用意しておきましょう。
緊急脱出ハンマーは、自動車販売店などで購入できます。