ページを印刷する

ハイウェイ・ドライブ警報

高速道路での事故は、命に関わる大事故になることが少なくありません。
正しい判断と安全な操作ができるよう、運転に集中することが大切です。

スピードを上げると視野はせまくなります

止まっているときの視野が150度位あるのに対し、100km/hのときの視野は40度位しかありません。

スピードの出し過ぎに気をつけ、よく周囲に注意して運転しましょう。

車間距離は十分に取れていますか

高速道路の上に12mおきに描かれた長さ8mの白線がレーンマークです。

前方のクルマとの車間距離が十分に取れているかどうか、目測するときの目安にしてください。

事故や故障が発生したら

事故や故障などでやむを得ず路肩に停車せざるを得ない場合は、ハザードランプ、三角表示板、発炎筒で後続車へ合図をし、全員クルマから降りてガードレールの外など安全な場所へ避難して救援を待ちましょう。

三角表示板は、後方から来るクルマのドライバーが見やすい位置に置きましょう。
事故や故障時には、高速道路に設置された非常電話・110番・道路緊急ダイヤル#9910で通報しましょう。

ETC利用の注意点

ETCカードは確実に挿入(有効期限にも注意!)し、ETCレーン内では十分な車間距離をとって、時速20km/h以下に減速して徐行してください。

またETC車と現金支払い車では速度差があります。

料金所を出たら隣のレーンの車に注意しましょう。

なお、ETC車載器には車両情報のセットアップ(登録)していない場合、ETC開閉バーが開かず危険です。

しっかりとルールを守って、安全なETC利用を心がけましょう。