ページを印刷する

点検あれば憂いなし
~タイヤ編~

運転前にタイヤのチェックを

自動車メーカー指定のホイール、タイヤサイズをご使用ください。

空気圧や溝の減り具合、傷の有無など、タイヤ状態を運転前にチェックしてください。

特に空気圧は少なくとも月に一度は、タイヤの冷えているときに、タイヤエアゲージで確認しましょう。適正空気圧はタイヤサイズによって異なります。

取扱説明書あるいは運転席のドア付近に貼付されているラベルで、確認してください。また、冬用タイヤは四輪すべてに装着してください。

スリップサインは交換のしるし

タイヤの設置面にほられた溝(トレッドパターン)をよく点検してください。

溝の深さが1.6mm未満になると、スリップサインが現れます。

その名の通り、スリップの危険を知らせる合図。このサインが出たら交換してください。

タイヤの磨耗は車の制動にも影響します。

制動停止距離は路面状態およびタイヤ磨耗状態によって変わります。

路面が濡れている時は停止距離が長くなります。

また、タイヤが磨耗することにより停止距離が長くなります。

なお、冬用タイヤには磨耗状態を示すプラットホームが設けられており、プラットホームが露出しているタイヤは冬用タイヤとしては使用できません。

ゴム製品であるタイヤの耐用年数

タイヤはゴム製品であるため、長期間使用する間に紫外線や気候変化、経時変化によりゴム質の硬化が起きてきます。

亀裂やひび割れ等が現れたタイヤは、スリップサインがでていなくても交換してください。

一般社団法人日本自動車タイヤ協会では、使用開始後5年以上経過したタイヤについては継続使用に適しているかどうかの点検を受けること、また外観上使用可能のように見えたとしても製造後10年経過したタイヤは新しいタイヤに交換することを推奨しています。
スペアタイヤも含め、自動車販売店などで点検とメンテナンスを受けてください。

タイヤパンク応急修理キットの使用方法

タイヤパンク応急修理キットで応急修理をする場合、タイヤに刺さったクギなどは抜かないでください。

抜いてしまうと応急修理が不可能になる場合があります。

タイヤパンク応急修理キットは、搭載車両の装着タイヤ専用です。

指定サイズ以外のタイヤや用途には使用しないでください。

詳しい応急修理の手順は取扱説明書で確認してください。
パンク修理液には有効期限がありますので、期限が切れるまでに交換しましょう。

車載ジャッキの取扱い

(1)安全で平らな場所で停車します! (2)ハザードランプを点け、クルマの後方に表示板を出しましょう!車輪止めも忘れずに! (3)ジャッキアップポイントに正しく装着しましょう! (4)ジャッキアップ中は絶対にクルマの下に潜らないでください! (5)持ち上げすぎも危険ですよ! (注)安全で平らな場所がないときはロードサービスに電話しましょう

タイヤがパンクして応急処置としてスペアタイヤに交換する時や、タイヤチェーンを装着する時など、車体を持ち上げて車輪を浮かせる(=ジャッキアップする)作業が必要です。

いざというときのために、ドライブに出かける前は忘れずに車載ジャッキの事前点検・確認をしましょう!

車載ジャッキの具体的な使用方法は、製品によってそれぞれ異なります。
かならず取扱説明書にしたがって正しい使い方をしてください。

脱輪や縁石乗り上げをやってしまったら

特に異常がないように見えても、クルマの足回りやタイヤの側面にダメージを受けていることがあります。

ダメージを受けたまま乗り続けると、事故や故障を引き起こします。

タイヤを溝に落としたり、縁石に乗り上げて大きな衝撃を感じたりした場合は、すぐに自動車販売店などで点検整備を受けてください。