お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117[固定電話は都内のみ 営業時間 9:30~18:00]お客様のお電話の設定状況により、フリーダイヤルにつながらない場合がございます

お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117

LINE

投稿日:2017年02月01日更新

  • C-HR
  • カスタマイズ
  • 最新情報
  • イベント

東京オートサロン2017新型車ニュース&トピックス【C-HRカスタマイズ編】

東京オートサロン2017新型車ニュース&トピックス【C-HRカスタマイズ編】

クルマ好きならご存じの方も多い東京オートサロン。国内最大級のチューニングカー&カスタムカーイベントで、近年では新型車の発表やアピールの場にもなっています。そこで今回のコラムでは、2017年1月13日(金)~15日(日)に開催された「東京オートサロン2017」から、東京トヨペットで取り扱っている新型車CH-Rの最新カスタム情報をご紹介します! カスタムの参考にしてみてくださいね。

東京オートサロンとは

東京オートサロンは1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートしたチューニングカー&カスタムカーイベントで、1987年に名称を「東京オートサロン」に変更。チューニングカー&カスタムカーの祭典として、今回で35回目を迎えた国内最大規模のカーショーです。今年の来場者数は3日間で30万人を超え、国内外の自動車メーカーのほかカスタム系メーカー&ショップなど458社が出展。850台もの個性豊かなクルマが展示されました。

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズーレーシング)ブース

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズーレーシング)ブース

東京オートサロン2017では、「TOYOTA GAZOO Racing」「トヨタ純正用品」「MODELLISTA」「TRD」というメーカー系ブースで一斉にC-HRのカスタムカーが展示されました。その中からまずはTOYOTA GAZOO Racingブースをご紹介します。

GAZOO Racing(ガズーレーシング)ではクルマファンとともに、クルマの「楽しさ」と「夢」を広げる取り組みを行っています。そんなGAZOO RacingとC-HRと言えば、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したTOYOTA C-HR Racingですよね!

過酷なニュルブルクリンク24時間耐久レースにコンパクトSUVのC-HRで参戦し、見事完走&クラス3位という結果を残したことは記憶にも新しいのではないでしょうか? そんなニュルブルクリンクを走り抜いた「TOYOTA C-HR Racing」も東京オートサロンでは間近で見ることができました。詳しい情報はC-HR開発ヒストリーをご覧ください。

TOYOTA C-HR Racing

TOYOTA C-HR Racing

全長
4,980mm
全幅
1,795mm
全高
1,450mm
乗車定員
1人
駆動方式
2WD(前輪駆動方式)
エントリー部門
参考出展
公道走行
不可
販売
不可

1.2リッター・ターボモデルをベースにチューニングを施したサーキット仕様のC-HR。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、影山 正彦/佐藤 久実/片山 智之/ヘルフィ ダーネンスがステアリングを握り、総合84位、SP2Tクラス3位という結果を残しました。

そんなGAZOO Racingのレーシングテクノロジーは市販モデルにもフィードバックされています。それを示すかのように、レース仕様の隣にはロードカーの「TOYOTA C-HR G-T」が展示されていました。

C-HR G-T

C-HR G-T

全長
4,360mm
全幅
1,795mm
全高
1,565mm
ホイールベース
2,640mm
総重量
1,745kg
乗車定員
5人
駆動方式
4WD(四輪駆動方式)

トランスミッション Super CVT-i(自動無段変速機)[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]

排気量
1.196L
エントリー部門
SUV
公道走行
販売

TOYOTA GAZOO Racingのブースでは、レーシングドライバーの脇坂寿一選手によるC-HRカスタマイズ紹介というイベントも行われていました。イベントでは、その場で展示車両のC-HR G-Tにトヨタ純正用品やモデリスタ、TRDのパーツを装着し、カスタマイズの楽しさを提案!

ここからはモデリスタとトヨタ純正用品、TRDのカスタマイズを詳しくご紹介していきます! 会場に足を運べなかった方もコレをみれば、東京オートサロン2017のC-HR情報がばっちりわかるはずです!

MODELLISTA(モデリスタ)ブース

MODELLISTA(モデリスタ)ブース

トヨタ直系のカスタマイズメーカー「MODELLSTA(モデリスタ)」は、世界観の異なる2台のC-HRを展示。モデリスタらしい大人の洗練されたカスタム「ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)」とスポーティかつアグレッシブな「BOOST IMPULSE STYLE(ブースト インパルス スタイル)」の世界観について、C-HR担当デザイナーにお話を伺いました。

先進的なスタイリングのC-HR。ウイングやリヤドアの形状も今までのSUVとは異なります。そんなスタイルを崩すことなく、C-HRならではのデザインを実現するために試行錯誤しました。C-HRはコンパクトSUVというジャンルですが、モデリスタでは新世代クーペをイメージしながらデザインしています。トヨタ純正用品やTRDとは異なる提案で、C-HRを盛り上げたいなと思っています。

C-HR ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)

C-HR ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)

グレード
HYBRID
ボディカラー
ホワイトパールクリスタルシャイン <070>
モデリスタ パーツ
エアロキット(ELEGANT ICE)/クールシャインキット/マフラーカッター/LEDトップノットアンテナ/19インチ アルミホイール&タイヤセット/LEDルームランプセット/イルミパネル/ラゲージLED/LEDスマートフットライト/インテリアパネルセット(ブルーモノグラム+メッキ調)
エントリー部門
SUV
公道走行
販売

メッキパーツのほか、メタル調パーツを随所にちりばめ、洗練された大人のスタイリングを構築。フロントアンダーなどにはメッキではなく、あえてメタル調パーツを取り入れることで高級感を演出しています。

C-HR BOOST IMPULSE STYLE(ブースト インパルス スタイル)

C-HR BOOST IMPULSE STYLE(ブースト インパルス スタイル)

グレード
HYBRID
ボディカラー
イエロー <5A3>
モデリスタ パーツ
エアロキット(BOOST IMPULSE)/フロントグリルガーニッシュ/フェンダーガーニッシュ/LEDルームランプセット/イルミパネル/19インチ アルミホイール&タイヤセット/インテリアパネルセット(チタニウムグレイン+メッキ調)/バックドアスポイラー/LEDミラーカバー/LEDトップノットアンテナ <5A3>
エントリー部門
SUV
公道走行
販売

過激でスポーティ、そしてアグレッシブで先進的なスタイリングを全面に押し出したC-HR BOOST IMPULSE STYLE。随所に塗り分けを取り入れ、メカニカルな印象に仕上げていることが特徴です。特にデザインでこだわった場所がフロントアンダーに配したLED。もともと個性的なリヤも塗り分けでさらに立体的に見えますね!

カスタマイズのご相談も東京トヨペットへ

番外編 TANKのカスタマイズも注目!

発売されたばかりのTANK(タンク)のカスタマイズモデルもモデリスタブースで発見! TANKはアルファードなどで好評だったエアロスタイルを踏襲しつつ、ユーティリティ関連に力を入れて開発したそうです。そのあたりを開発担当者の方に直撃してみました。

アクティブな利用を想定して、TANKは趣味に特化したクルマをコンセプトにしています。それがサイクルホルダーやロッドホルダーをはじめとしたユーティリティ関連のアフターパーツ。随所にレモンイエローをちりばめ、機能性と先進性、そしてデザイン性を高めています。

TANK CYBER SOLID STYLE(タンク サイバー ソリッド スタイル)

TANK CYBER SOLID STYLE(タンク サイバー ソリッド スタイル)

グレード
カスタム ターボ
ボディカラー
パールホワイトIII<W24>
モデリスタ パーツ
エアロキット/クールシャインキット/サイドドアガーニッシュ/リヤスポイラー/マフラーカッター/15インチアルミホイール&タイヤセット/サイクルホルダー/インテリアパネルセット/LEDルームランプセット/ラゲージLED/LEDスマートフットライト
エントリー部門
ミニバン/ワゴン
公道走行
販売

TANK CYBER SOLID STYLE(タンク サイバー ソリッド スタイル)エクステリア

立体的でラグジュアリーな雰囲気に仕上げたエクステリア。フロントまわりに配したLEDなどのライティングアイテムは、TANKをより個性的に魅せてくれます。ユーティリティ機能としてサイクルホルダーやロッドホルダーもリリース。こういったアイテムはモデリスタとして初の試みということです。またシンプルなリヤスポイラーも売れ筋アイテムというお話でした。

カスタマイズのご相談も東京トヨペットへ

トヨタ純正用品ブース

トヨタ純正用品ブース

トヨタ純正用品のC-HRはスポーティ路線を追求。個性的なキャラクターラインが特徴のC-HRですが、それを崩さずにスポーティに仕上げた力作です! さらに女性視点から考えたコンセプトモデルも出展していました。

C-HR Sporty Style(スポーティスタイル)

C-HR Sporty Style(スポーティスタイル)

トヨタ純正用品パーツ
フロントスポイラー(ブラック/レッドモール)/サイドマッドガード(ブラック/レッドモール)/リヤバンパーガーニッシュ(ブラック/レッドモール)/サイドガーニッシュ(シルバー)/フロントコーナーガーニッシュ(ブラック)/エアロスタビライジングフィン
エントリー部門
SUV
公道走行
販売

下まわりを黒で引き締め、ボディ全周に渡って赤のラインを入れることでグッとスポーティに見えますよね! Sporty Styleのアイテムは、東京トヨペットでも取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

C-HR style Wb

C-HR style Wb

トヨタ純正用品パーツ(参考出品)
オリジナルフロントバンパー/フロントアッパーグリル/フロントロアグリル/スタイリッシュフェンダーポール/LEDスタイリッシュビーム/専用フロントエンブレム/フロントアクセントパイプ/ホイールアーチアクセントパイプ/ルーフアクセントパイプ/専用ツートーンボディ塗装(マットホワイト&グロスブラック)/専用18インチアルミホイール(塗装変更)/専用シート(表皮変更)/専用ドアトリム(加飾変更)/専用インストゥルメントパネル(表面処理および加飾変更)/専用シフトノブ(加飾変更)/専用コンソールリッド(表皮変更)/専用ルーフライニング(表皮追加)/専用サンバイザー(表皮変更)/専用ピラーガーニッシュ(表皮変更&塗装変更)/オリジナルフロアマット/アロマディフューザー(デンソー製)/T-Connect 7インチナビ NSZT-W66T(販売店装着オプション)
エントリー部門
コンセプトカー
公道走行
不可
販売
不可

C-HR style Wb

トヨタ純正用品が「女性があこがれるライフスタイル」をテーマに仕上げたコンセプトカー。ターゲットは雑誌「VERY」を読んでいるようなハンサムウーマンというお話でした。専用設計の丸みを帯びたフロントバンパーにモノトーンに仕上げたエクステリアは、リッチさとディテールへのこだわりを表現。マットホワイトのボディには、少しだけパールを入れて絶妙な光沢感を演出しているそうです。車内もモノトーンで統一し、立体感のある仕上がりになっていました。さらに助手席の足もとにはアロマ+プラズマクラスターも装着! 今回はコンセプトモデルでの出展ですが、トヨタ純正用品ということで発売の期待が高まりますね。

カスタマイズのご相談も東京トヨペットへ

TRDブース

TRDブース

サーキットやラリーといったレースイメージの強いTRDは、ファッションとしてストリートに映えるスタイルを提案。「あなただけのもの(Your Only One)」と「楽しさ(Fun)」を掛け合わせた造語「Your Only Fun SUV」をキーワードに、「Aggressive Style」と「Extreme Style」の2つの世界観をC-HRで表現しています。

C-HR Aggressive Style(アグレッシブ スタイル)

C-HR Aggressive Style(アグレッシブ スタイル)

TRDパーツ
Aggressive Styleエアロパーツセット
エントリー部門
コンセプトカー
公道走行
不可
販売
不可

ショーカーのため公道走行/販売不可となっていますが、Aggressive StyleエアロパーツセットをはじめとしたTRDパーツは東京トヨペットでも購入・取り付けすることが可能です。詳しくは店舗またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

ストリートシーンで存在感を示す、新世代ホットハッチをイメージしたデザインが印象的なAggressive Style(アグレッシブ スタイル)。ボリュームを持たせつつ、各パートをブラックアウトすることでスポーティなワイド&ロースタイルを実現しています。ウイング形状のフロントやダクトを配したサイド、ダックテール風のトランクスポイラーなどは、見た目はもちろん空力も考え抜かれているそうです。

C-HR Extreme Style(エクストリーム スタイル)

C-HR Extreme Style(エクストリーム スタイル)

TRDパーツ
Extreme Style エアロパーツセット
エントリー部門
コンセプトカー
公道走行
不可
販売
不可

ショーカーのため公道走行/販売不可となっていますが、Extreme StyleエアロパーツセットをはじめとしたTRDパーツは東京トヨペットでも購入・取り付けすることが可能です。詳しくは店舗またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

マットフラップとオーバーフェンダーでラリーカーのようなスタイリングに仕上げたExtreme Style(エクストリーム スタイル)。ストリートを基準に泥臭くなりすぎないように仕上げているあたりはさすがTRDですね! こちらはノーマル車高でもリフトアップしたように見えるところが特徴。力強いデザインがお好みならExtreme Styleでキマリ!

カスタマイズのご相談も東京トヨペットへ

カスタムの方向性もいろいろ、大注目のC-HR

昨年12月に発売されたばかりの新型車C-HRですが、チューニング&カスタムの方向性はさまざま。好みのスタイリングで自分らしく乗ることができる1台ということが実感できました。トヨタ純正用品やモデリスタ、TRDのパーツは購入時にオプションとして装着できるので、「カタログがほしい」「C-HRに試乗したい」「購入の相談をしたい」という方は、東京トヨペットのお店や営業スタッフへお気軽にご相談ください。皆様にぴったりのC-HRをご提案いたします!

カスタマイズのご相談も東京トヨペットへ

過去コラム