お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117[固定電話は都内のみ 営業時間 9:30~18:00]お客様のお電話の設定状況により、フリーダイヤルにつながらない場合がございます

お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117

LINE

  • TOP>
  • コラム>
  • サポカー(セーフティ・サポートカー)の概要と対象車種について

投稿日:2017年10月02日更新

  • サポカー
  • 概要
  • 目的
  • 対象車種

サポカー(セーフティ・サポートカー)の概要と
対象車種について

サポカー(セーフティ・サポートカー)の概要と対象車種について

最近、ニュースや新聞などで「サポカー」という言葉を目にしたことはありませんか? 「サポカー」とは、自動ブレーキなどの先進安全技術を備えたクルマ「セーフティ・サポートカー」の愛称です。

経済産業省・国土交通省は、自動ブレーキなどの先進安全技術を備えた車「安全運転サポート車」の普及啓発に取り組んでいます。そして2017年4月、日本自動車会議所は、この「安全運転サポート車」を展開するにあたり、その愛称を「セーフティ・サポートカー(略称=サポカー)」に決定したことを発表しました。

サポカー(セーフティ・サポートカー)の概要

高齢運転者を含めたすべての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えたクルマ「セーフティ・サポートカー(サポカー)」及び、さらに高年齢層の方に多いペダル踏み間違え事故を未然防止する機能などを備えたクルマ「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」といった安全運転サポート車の普及啓発

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が取り上げられることも増えている昨今、クルマの技術革新で事故を未然に防ぐために官民一体となって取り組んでいる政策が「サポカー」というわけです。今回は、そんな新たな試み「サポカー」を東京トヨペットがご説明します。東京トヨペットでは、サポカー対象車種を数多く取り扱っていますので、興味のある方はお気軽にご相談ください!

目次

セーフティ・サポートカー(サポカー)とは?

セーフティ・サポートカー(サポカー)とは?

セーフティ・サポートカー(サポカー)とは、自動ブレーキをはじめとした安全運転を支援する先進技術を搭載した「安全運転サポート車」の愛称です。東京トヨペットで扱っているクルマであれば、「Toyota Safety Sense」や「踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)」などを搭載した車種が該当します。

国土交通省や経済産業省、日本自動車会議所は、これまで自動車メーカー各社が独自に提供してきた運転支援パッケージを明確化し、ユーザーが比較検討しやすいように基準を策定。この国が推奨する安全運転サポート車を「サポカー」と呼んでいます。

サポカーの目的とメリットは?

サポカーの目的とメリットは?

これまでは自動車メーカーが独自に安全運転機能やパッケージの名称、性能を設定していたため、一般ユーザーが自動車を購入するときに迷いやすく、本当に必要な機能がわかりにくいという問題がありました。

あまりに機能が多すぎて、「各メーカーで自動ブレーキが設定されているけど何が違うの?」「一番安全なクルマはどれ?」「自分に必要な機能はどれ?」と悩んでしまいますよね。そんなお悩みを解消し、ドライバーにとって必要なクルマを選びやすくすることがサポカー最大の目的であり、ユーザーにとってのメリットです。

また、今後は任意自動車保険のASV(先進安全自動車)割引の導入なども検討されています。事故が少ないサポカーの方が自動車保険も安くなる、とても合理的ですよね。ただし、サポカーの制度は2017年7月にロゴが決定したばかりで、自動車保険をはじめとした制度はこれから整備されていく予定です。「サポカー」は始まったばかりの取り組みなのです。

トヨタの考えるサポカーの効果

トヨタの考えるサポカーの効果

トヨタでは、運転する人の目線に立って技術を進化させるだけではなく、同時に運転する人を惑わせないクルマづくりを大切にしています。「人」が中心にあるクルマづくり、それがトヨタの安全への考え方です。そんな技術と人で、安全安心をサポートするために「サポトヨ」という活動もスタート! 

自動ブレーキや踏み間違い時サポートブレーキなどの安全機能を搭載した車種は、それ以外の車種と比べて衝突事故を約9割削減に貢献しているというデータもあります。

※トヨタ自動車(株)調べ

事故発生率のグラフ

※事故発生率は、事故件数を走行台数(販売台数を販売時期をもとに換算)で割り、算出

  • 対象車種:プリウス
  • 調査期間:2015年12月-2016年12月
  • 調査対象:約16万3000台
    うちToyota Safety Sense Pとインテリジェントクリアランスソナー
    搭載車は約12万1000台(インテリジェントクリアランスソナー装着率74%)

サポカーの分類 ~サポカーとサポカーSについて~

サポカーの分類 ~サポカーとサポカーSについて~

サポカーは、「サポカー(セーフティ・サポートカー)」と「サポカーS(セーフティ・サポートカーS)」の2つに大きく分けられます。それぞれの違いは以下となります。

全運転者向けの「サポカー」

全運転者向けの「サポカー」

年齢問わず、すべての運転者の交通事故防止につながる「安全運転サポート車」の愛称が「サポカー(セーフティ・サポートカー)」です。具体的には、交通事故防止に効果的な「自動ブレーキ」を搭載したクルマが対象になります。

高齢者向け「サポカーS」

高齢者向け「サポカーS」

高齢運転者向けに安全性を強化した「安全運転サポート車」の愛称が「サポカーS(セーフティ・サポートカーS)」です。具体的には、自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違えによる事故を防止する装置、車線逸脱警報装置などを装備したクルマが対象になります。また、搭載機能により「サポカーS ベーシック」「サポカーS ベーシック+(プラス)」「サポカーS ワイド」の3つに分類されます。

サポカーS 3つの分類の画像

サポカーとサポカーSの安全機能について

「サポカー」「サポカーS ベーシック」「サポカーS ベーシック+(プラス)」「サポカーS ワイド」で、それぞれ明確に搭載機能が定められています。

サポカー

  • 自動ブレーキ

サポカーは、自動ブレーキ搭載車を指します。

サポカーS ベーシック

  • 低速自動ブレーキ(対車両) ※1
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置 ※2

サポカーS ベーシックは、作動速度域が時速30km以下の自動ブレーキ(対車両)とペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載したクルマを指します。自動ブレーキの作動速度域が時速30km以下と比較的簡易的なシステムも含まれます。

サポカーS ベーシック+(プラス)

  • 自動ブレーキ(対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーS ベーシック+(プラス)は、サポカーS ベーシックの「作動速度域時速30km以下の自動ブレーキ」という条件を除外。高速走行時でも作動する高度な自動ブレーキの搭載を定めています。

サポカーS ワイド

  • 自動ブレーキ(対歩行者)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置
  • 車線逸脱警報 ※3
  • 先進ライト

サポカーS ワイドは、サポカーS ベーシックおよびベーシック+に比べて多くの安全機能を追加。自動ブレーキの対象も「車両」だけではなく「対人」が含まれます。東京トヨペットで扱っている車種であれば、「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」搭載車などが該当します。

将来的に対象装置の拡大を想定

現在のサポカーおよびサポカーSは、上記のように分類していますが技術革新や目的の変化に応じて、将来的に対象装置の拡大が想定されています。また、高齢運転者による事故防止効果がある技術については、各社判断で安全運転サポート車の機能として追加し、普及啓発に活用することが経済産業省の資料には明記されています。まだ生まれたばかりの制度なので柔軟に変化していく可能性を秘めているわけですね!

※1 作動速度域が時速30km以下のもの
※2 マニュアル車は除く
※3 車線維持支援装置でも可
※4 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯又は配光可変型前照灯をいう

サポカーに対応するトヨタの技術

サポカーに対応するトヨタの技術

東京トヨペットが販売しているクルマには、様々なサポカーに対応した安全技術が盛り込まれています。こちらでは、それらの機能をご紹介します。

自動ブレーキ(サポカー/サポカーS ベーシック・ベーシック+・ワイド)

自動ブレーキ(サポカー/サポカーS ベーシック・ベーシック+・ワイド)

ぶつからないをサポートするトヨタの自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」は、単眼カメラとレーダーセンサーという2つのセンサーで衝突の危険を素早く察知し、ドライバーに伝え、状況にあわせてブレーキをアシスト。Toyota Safety Sense C/ Toyota Safety Sense P共に自車速「約10〜80km/hで作動し、衝突の回避や被害軽減をサポートします。さらにToyota Safety Sense Pの自動ブレーキは、先行車だけではなく歩行者も検知して衝突の回避や被害軽減のために作動します。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状況、天候状況およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。■自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値はトヨタ自動車(株)測定値です。

踏み間違い時サポートブレーキ(サポカーS ベーシック・ベーシック+・ワイド)

踏み間違い時サポートブレーキ(サポカーS ベーシック・ベーシック+・ワイド)

アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突の回避や被害軽減を行うトヨタの安全機能が「インテリジェントクリアランスソナー」です。駐車場では、頻繁にアクセルとブレーキを操作するので踏み間違えてしまうことも。そんなときに計8個のセンサーで前後の障害物を検知し、もし間違えてアクセルを踏んでしまったときも障害物にぶつからないように警告し、状況に応じてエンジンの出力を制御し、自動ブレーキが作動します。

■踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)は自動ブレーキまで働くシステムですが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確保しながら運転してください。■巻き込み警報機能には限界があります。装置を過信せず、安全確認をお願いします。

車線はみ出しアラート(サポカーS ワイド)

車線はみ出しアラート(サポカーS ワイド)

おしゃべりや外の風景に気を取られたり、横風にあおられたり、ちょっとした油断で車線をはみ出しそうになった経験はありませんか? トヨタでは、白線(黄色)を踏み越えそうな時にブザーとディスプレイでお知らせし、さらにはみ出しを回避しやすいようにステアリング操作をサポートする「レーンディパーチャーアラート(Toyota Safety Sense P搭載車)」という機能があります。

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。■車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

自動ハイビーム(サポカーS ワイド)

プロケア10の点検項目

夜間走行でヘッドライトのハイ/ロービームの切り替えを煩わしく感じ、いつ対向車が来ても大丈夫なようにロービームで走行していませんか? しかし、街路灯の少ない夜の道路では、ヘッドライトの光が頼りなので、適切な切り替えが安全運転に欠かせません。ロービームのままでは遠くまで視野を確保できず、歩行者や障害物の発見が遅れることもあります。自動ハイビームは、先行者や対向車のライトを認識し、ヘッドライトのハイ/ローを自動で切り替えてくれるので、常に広い視野を確保することができます。トヨタでは、Toyota Safety Sense C/ Toyota Safety Sense P共に自動ハイビーム「オートマチックハイビーム」を設定し、夜間の安全なドライブをサポートしています。

■自動車速度約30km/h以上で作動します。■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

トヨタ車は、そのほかにも安全機能がいっぱい!

東京トヨペットが扱っているトヨタ車には、自動ブレーキ・踏み間違い時サポートブレーキ・車線はみ出しアラート・自動ハイビームのほかにも様々な安全機能が搭載されています。詳しくは、トヨタの安全・安心機能「Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)」をご覧ください!

車検切れのクルマを運転したらどうなるの?

東京トヨペットのサポカーラインアップ

東京トヨペットでは、数多くのサポカー・サポカーS対象車種をご用意して、安全・安心なカーライフをお約束しています。こちらでは、東京トヨペットの「サポカー」「サポカーS」対象車種をご紹介します。

サポカー対象車種

自動ブレーキを搭載

アクア ※3

オーリス ※3

ポルテ

エスクァイア

シエンタ ※1

SAI ※2

MIRAI

マークX

アベンシス

プリウスα ※4

C-HR

サポカーS ベーシック・ベーシック+(プラス)対象車種

自動ブレーキ(対車両)/踏み間違い時サポートブレーキ

アルファード ※3

タンク ※2

プレミオ ※3

サポカーS ワイド対象車種

自動ブレーキ(対歩行者+対車両)/踏み間違い時サポートブレーキ/車線はみ出しアラート/自動ハイビーム

クラウンアスリート ※4

クラウンマジェスタ

クラウンロイヤル ※4

プリウス ※2

プリウスPHV ※2

カムリ ※4

ハリアー ※3

※1 全車メーカーオプション設定
※2 一部のグレードに標準装備
※3 一部のグレードに標準装備かつ一部のグレードにメーカーオプション設定
※4 一部のグレードにメーカーオプション設定

東京でサポカーを買うなら東京トヨペットへ

東京トヨペットでは、安全・安心なドライブをサポートするサポカーを多数ラインアップしています。試乗はお近くのお店でご希望の車種をご用意いたしますので、ご希望の方は、事前のご予約をおすすめします。

東京トヨペットでは、少ない予算でワングレード上のクルマが購入できる残価設定型割賦プラン「P!ったりクレジット」、毎月のローン支払いがなく新車購入の負担が少ない「らくだ!プラン」、メンテナンス付きリースプランの「ACTIVE24(アクティブ トゥエンティフォー)」など、さまざまなプランをご用意しています。クルマの購入はもちろん、カタログのご請求やお見積もりのご依頼などもお気軽にお申し付けください。

自動ブレーキ(対歩行者+対車両)

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自動速度約10km/hから作動、対歩行者は自動速度約10km/h〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値はトヨタ自動車(株)測定値■公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

自動ブレーキ(対車両)

■警報は自車速度約15km/h〜140km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値はトヨタ自動車(株)測定値■公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

踏み間違い時サポートブレーキ

■インテリジェントクリアランスソナーは自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。

車線はみ出しアラート

■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■車種によってはハンドル操作を制御する機能も搭載しています。

自動ハイビーム

■オートマチックハイビームは自車速度約30km/h以上で作動します。■ハイ・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■運転中は、横断者などを早めに発見するためにハイビームを推奨しますが、対向車・先行車だけでなく、周囲の歩行者・自転車等に配慮し、ロービームへの切り替えや減速など、安全運転を心がけてください。■車種によってはアダプティブハイビームシステムを搭載しています。

■車種によってはハンドル操作を制御する機能も搭載しています。※セーフティ・サポートカーS<ワイド>はToyota Safety Sense Pかつインテリジェントクリアランスソナー、またはスマートアシストⅢ装着車。セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)はToyota Safety Sense Cかつインテリジェントクリアランスソナー、またはプリクラッシュセーフティシステムかつインテリジェントクリアランスソナー、またはスマートアシストⅡ装着車。セーフティ・サポートカー(サポカー)はToyota Safety Sense P、またはToyota Safety Sense C、またはプリクラッシュセーフティシステム装着車。■掲載の内容は2017年9月現在のものです。■ビジネスカー・軽自動車は除きます。※グレードにより設定が異なります。各機能の作動条件は車種により異なります。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧いただくか、東京トヨペットのスタッフにおたずねください。

過去コラム