お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117[固定電話は都内のみ 営業時間 9:30~18:00]お客様のお電話の設定状況により、フリーダイヤルにつながらない場合がございます

お客様相談フリーダイヤル|0120-451-117

LINE

  • TOP>
  • コラム>
  • トヨタ86(ハチロク)の賢い買い方・選び方|トヨタ車を買うなら東京トヨペット

投稿日:2017年11月30日更新

  • 86
  • 購入
  • 価格
  • グレード比較

トヨタ86を購入する前に知りたい
賢い買い方・選び方

トヨタ86を購入する前に知りたい 賢い買い方・選び方

「直感ハンドリングFR」をコンセプトに、「お客様とともに進化するスポーツカー」を目指して2012年に登場したトヨタ86(ハチロク)。お客様自身にチューニング&カスタマイズを楽しんでいただき、自分だけの86に仕上げてもらいたいというトヨタの想いが詰まったライトウェイトスポーツカーです。

今回のコラムでは、トヨタブランドの大人気スポーツカー86を購入する前に押さえておきたいポイントをご紹介します。グレード構成や価格、スペックや装備、購入プランやローンなどを徹底的に解説! トヨタ86の魅力もたっぷりご紹介しますので、購入の参考にしていただければ幸いです。

目次

トヨタ・86(ハチロク)ってどんなクルマ?

トヨタ・86(ハチロク)ってどんなクルマ?

トヨタ86(ハチロク)は、2012年に誕生したトヨタブランドのスポーツカーです。40代以上の方は、「ハチロク」という名前に懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか? 1980年代当時、人気を博した「通称:ハチロク」ことAE86型カローラレビン・スプリンタートレノの名称が冠されたスポーツカーですからね。また、若い世代でもマンガやアニメ、ゲームなどでおなじみの車種なので、ご存知の方も多いでしょう。

1983年に登場したAE86型カローラレビン・スプリンタートレノは、軽量コンパクトなボディに当時新規開発であった1.6Lの自然吸気(NA)DOHC16バルブ(一部20バルブ)4A-GEUエンジン、後輪駆動(FR)というパッケージング。先代の「TE71型」から流用した旧態的なフロントストラット、リヤラテラルロッド付きの5リンクリジッドアクスルサスペンションは比較的改造が容易で、チューニング志向の強い層や若者から絶大な支持を得ました。その理由は、「運転の楽しさ」と「チューニングのしやすさ」です。ユーザーの手によって名車に育ったクルマ、それがハチロクなのです。

AE86の人気を不動のものとした「ユーザー自身が育てるスポーツカー」という精神を受け継ぎ、現代の交通事情や環境に配慮したスポーツカーがトヨタ86です。運転の楽しさを創造するというトヨタの精神「FUN TO DRIVE」を体現するクルマと言えるでしょう。

トヨタ86のグレード構成と価格

トヨタ86のグレード構成と価格

2017年11月現在、トヨタ86のグレード構成は「GT“Limited・Black Package”」「GT“Limited”」「GT」「G」「GR」の5つ。「GR」を除き、すべてのグレードで6AT・6MTを設定。以下にグレード構成と価格をまとめました。

グレード エンジン 駆動方式 トランス
ミッション
乗車定員 価格
GT“Limited・Black Package” 2.0L FR
(後輪駆動)
6AT 4人 3,423,600円
6MT 3,356,640円
GT“Limited” 6AT 3,250,800円
6MT 3,183,840円
GT 6AT 3,048,840円
6MT 2,981,880円
G 6AT 2,647,080円
6MT 2,623,320円
GR 6MT 4,968,000円

トヨタ86の基本パッケージ

トヨタ86の基本パッケージ

トヨタ86は、走る楽しさをコンセプトに軽量・コンパクトなFRレイアウトを採用しています。流線型のクーペボディに、水平対向4気筒直噴DOHC2.0Lエンジンを搭載。低重心・低慣性・コンパクト・軽量化などを追求した後輪駆動「超低重心FRパッケージ」を採用し、FRスポーツらしい意のままのハンドリングを実現しています。

また、2016年に「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードにマイナーチェンジを実施。今回は、2016年マイナーチェンジ後のトヨタ86を中心にご紹介していきます。

2016年のマイナーチェンジではエクステリア・インテリア意匠の変更に加え、吸排気部品の改良により200psから207ps(MT車のみ、AT車は200ps)にパワーアップ!

さらに2017年9月の一部改良で、ステアリング支持剛性強化やパワーステアリングのチューニングなどが実施され、ハンドリングに磨きをかけました。そのほかサイドミラーやリヤスポイラー、アルミホイールをブラック塗装で統一し、brembo社製ブレーキを標準搭載した「GT“Limited・Black Package”」を追加。2017年11月には、ストイックに走りを追求した「86GR」も登場し、選択の幅が広がりました。

パワーユニット~水平対向4気筒直噴DOHCエンジン~

パワーユニット~水平対向4気筒直噴DOHCエンジン~

トヨタ86は、水平対応4気筒直噴DOHCエンジン「FA20」を全グレードで搭載。圧縮比を高めることで高出力・大トルクと燃費性能を両立しています。2016年のマイナーチェンジで吸排気システムに改良が加えられ、最高出力が200psから207psに向上(AT車はマイナーチェンジ前と同様の200ps)。ギア比やエンジン特性の変更により、レスポンスや加速フィーリングも向上し、力強さがアップしました。最高出力や最大トルクは以下の通りです。

エンジン スペック表

  AT車 MT車
最高出力 147kW[200ps]/7,000r.p.m. 152kW[207ps]/7,000r.p.m.
最大トルク 205N・m[20.9kgf・m]/6,400~6,600r.p.m. 212N・m[21.6kgf・m]/6,400~6,800r.p.m.

筒内直噴システム「D-4S」を採用

筒内直噴システム「D-4S」を採用

燃料を燃焼室に直接噴射する「筒内直接噴射」と、吸気ポートに噴射する「ポート噴射」を運転状況に応じて最適にコントロールする「D-4S」を採用し、高出力・大トルクを広い回転域で発生します。

ドライバーに響くエンジンサウンド「サウンドクリエータ®」

ドライバーに響くエンジンサウンド「サウンドクリエータ」

トヨタ86は、吸気脈動を利用し、アクセルワークに連動した吸気サウンドをコクピットに伝える吸気サウンドデバイス「サウンドクリエータ®」を搭載。緩加速時はマイルドに、全開加速時には迫力の吸気音が響くサウンドチューンを実施しています。また、近年のクルマは静寂性を高めるために防音・防振材を多く使用する傾向にありますが、トヨタ86はエンジンサウンドを楽しんでいただくため、効果的な部位に最小限の使用にとどめていることも特徴です。

※「サウンドクリエータ®」は、(株)マーレ フィルターシステムズの登録商標です。

トランスミッションは6速マニュアルと6速オートマの2種類

6速マニュアル 6速オートマ
6-Speed Sport Direct Shift(6-Speed SPDS)
6速マニュアル 6速オートマ 6-Speed Sport Direct Shift(6-Speed SPDS)

エンジンのパワーを効率よく伝えるトランスミッションは、6速マニュアルと6速オートマの2種類を設定。6速マニュアルは、ショートストローク化による“カチッ”としたスポーティなシフトフィールが特徴、1速から3速までのギアに3層のシンクロリングを組み合わせたトリプルコーンシンクロを採用したことで軽快な操作感も生まれました。

6速オートマ 6-Speed Sport Direct Shift(6-Speed SPDS)

より手軽にスポーツドライビングを楽しめる6速オートマは、世界最速レベルの変速レスポンスを誇る「6-Speed Sport Direct Shift(6-Speed SPDS)」を採用。「G」グレードを除くAT全車にパドルシフトも標準装備し、Mモード(マニュアルモード)と併用することでダイレクトかつスポーティなシフトチェンジを楽しめます。

プラットフォーム~操る楽しさを実感できるFRパッケージ~

プラットフォーム~操る楽しさを実感できるFRパッケージ~

低重心・低慣性・コンパクト・軽量化などを追求した「超低重心FRパッケージ」は、大人4名が乗れる室内空間を確保しながらFRスポーツらしいスタイリングとハンドリングを実現! ドライビングポジションは、トヨタ車で最も低い(※1)ヒップポイント400mmとなり、一体感のある走りを生み出します。

さらに2016年のマイナーチェンジでサイド&リヤまわりを中心にスポット打点を追加、リヤラゲージ上部のパネル板厚変更、サスペンションの改良などにより、操縦安定性とハンドリングが向上。リヤスタビライザーに改良が加えられ、加速時のトラクション性能もアップしています。

前後重量配分は、フロント53:リヤ47(※2)と理想的なバランスで、FRらしいピュアな操舵感を実現。コーナリング時の荷重を操り、駆け抜ける楽しさを演出しています。

※1 2017年9月現在
※2 前席2名乗車の値

実車走行評価と風導実験を繰り返した空力性能

実車走行評価と風導実験を繰り返した空力性能

従来のエアロパーツは、いかにダウンフォースを発生させてタイヤを接地させるか、トラクションを稼ぐかに焦点が置かれました。しかし、トヨタ86では、空気の流れを利用して上下左右からクルマを挟み込む「エアロハンドリング」という発想のもとでボディ・エアロパーツを開発。車体を左右から押さえつけて安定させる「エアロスタビライジングフィン」、ルーフ中央を凹ませた「パゴダルーフ」など、ボディ形状の最適化を図り、実車走行評価や風洞実験により操縦安定性を高めています。

軽快なハンドリングを目指した軽量化

軽快なハンドリングを目指した軽量化

走行性能を大きく左右するのが「車重」です。しかし、近年は衝突安全基準への適合、快適装備の充実などにより車重がどんどん重くなる傾向にあります。トヨタ86は、ボディ剛性や衝突安全性能を損なわず、軽快なハンドリングを生み出すために徹底した軽量化に取り組みました。特にフロント部の軽量化に力を入れ、フェンダーの鉄板を薄くしたり、エンジンフードやエンジンアンダーカバーに軽量なアルミ材を使用したり、小さな積み重ねにより車両重量1,200kg台を実現しています。

操る楽しさを追求したトルセンLSD

操る楽しさを追求したトルセンLSD

標準でトルセン®LSD(※)を採用し、FRスポーツらしい操る楽しさが倍増! LSDは、コーナリング中の左右駆動輪のトルク配分を最適化し、トラクションを向上させてくれる重要なパーツでチューニングでも定番。トヨタ86では、「G」グレードAT車を除き、全車でトルセン®LSDを採用しています。

※ LSD:Limited Slip Differential(リミテッド・スリップ・デフ)
■“トルセン®”は、(株)JTEKTの登録商標です。

限界走行で安定性を高めてくれる「TRACKモード」

限界走行で安定性を高めてくれる「TRACKモード」

2016年のマイナーチェンジで、車両安定制御システム(VSC)に手が加えられ「TRACKモード」を新たに追加。「TRACKモード」は、限界走行でドライバーのコントロール領域を残しながら、挙動を安定させてスピンなどを防止。サーキット走行などで効果を発揮します。

スタイリング~ワイド&ローを強調した流線型フォルム~

スタイリング~ワイド&ローを強調した流線型フォルム~

空力性能の良さがひと目でわかるクーペボディ。ワイド&ローを強調したフロントデザイン、コンパクトなキャビンによって生まれた「ハ」の字を強調したワイドスタンスのリヤは、きっと所有欲を満たしてくれるはず! 2016年のマイナーチェンジでBi-Beam LEDヘッドランプ&LEDリヤコンビネーションランプを標準装備、GT“Limited・Black Package”とGT“Limited”では空力性能に特化したウイングタイプのリヤスポイラーが標準装備になりました。

ホイールは、グレードによって異なります。詳しくは「グレード別の主な標準装備比較」にてご説明します。

カラーバリエーション ~外装色7種類、内装色3種類~

ボディカラーは全7種類を用意。「GT“Limited・Black Package”」はクリスタルブラックシリカを除く6色、「GR」はクリスタルホワイトパールのみが選択可能です。ボディカラーのソリッドグレーは、2018年2月生産分で終了となるため、お求めの方はお早めに東京トヨペットまでご相談ください。

インテリアカラーは、「ブラック」「レッド&ブラック」「タン&ブラック」の3色、シート表皮はグレードにより「本皮✕アルカンターラ®(※)」「ファブリック(上級タイプ)」「ファブリック(標準タイプ)」と異なります。

※“アルカンターラ®”は、アルカンターラ社の登録商標です。

ボディカラー

クリスタルホワイトパール<K1X>

クリスタルホワイトパール<K1X>

※メーカーオプション 32,400円

アイスシルバーメタリック<G1U>

アイスシルバーメタリック<G1U>

ソリッドグレー<PBA>

ソリッドグレー<PBA>

※ソリッドグレー<PBA>は2018年2月生産分で終了

ダークグレーメタリック<61K>

ダークグレーメタリック<61K>

クリスタルブラックシリカ<D4S>

クリスタルブラックシリカ<D4S>

ピュアレッド<M7Y>

ピュアレッド<M7Y>

アズライトブルー<K3X>

アズライトブルー<K3X>

インテリアカラー

ブラック

ブラック

※全グレードに標準装備

レッド&ブラック

レッド&ブラック

※Gを除く全車に設定あり

タン&ブラック

タン&ブラック

※GT“Limited・Black Package”とGT“Limited”に設定あり

グレード別 スペック比較

ここからは、グレードごとの違いを詳しくご説明します。トヨタ86は、全グレードで水平対向4気筒直噴2.0Lエンジン「FA20」を搭載し、後輪駆動(FR)というパッケージングは共通ですが、AT・MTによって最高出力・最大トルク・燃費が異なります。最高出力はAT車が200psでMT車が207ps、最大トルクはAT車が20.9kgf・mでMT車が21.6kgf・m、燃費はAT車が12.4~12.8km/LでMT車が11.8km/Lです。

また、GRのみ専用チューニングが施され、エアロパーツなどの装着によりボディ寸法が異なります。詳細については次項以降でご紹介しますが、まずは基本スペックに違いをご覧ください。

  GT“Limited・Black Package” GT“Limited” GT G GR
トランスミッション 6AT 6MT 6AT 6MT 6AT 6MT 6AT 6MT 6MT
基本スペック
車両重量[kg] 1,270 1,250 1,260
※1
1,240
※1
1,260
※1
1,240
※1
1,230
※2
1,210
※2※3
1,240
車両総重量[kg] 1,490 1,470 1,480
※1
1,460
※1
1,480
※1
1,460
※1
1,450
※2
1,430
※2※3
1,460
燃費消費率[km/L]
JC08(国土交通省審査値)
12.4 11.8 12.4 11.8 12.4 11.8 12.8
※4
11.8 -
最小回転半径[m] 5.4
エンジン
型式 FA20
総排気量[cc] 1,998
種類 水平対応4気筒直噴DOHC
使用燃料 無縁プレミアムガソリン
※5
内径×工程[mm] 86.0×86.0
圧縮比 12.5 -
最高出力
<ネット>
[kW(PS)
/r.p.m.]
147
(200)
/7,000
152
(207)
/7,000
147
(200)
/7,000
152
(207)
/7,000
147
(200)
/7,000
152
(207)
/7,000
147
(200)
/7,000
152
(207)
/7,000
152
(207)
/7,000
最大トルク
<ネット>
[N・m(kgf・m)
/r.p.m.]
205
(20.9)
/6,400

6,600
212
(21.6)
/6,400

6,800
205
(20.9)
/6,400

6,600
212
(21.6)
/6,400

6,800
205
(20.9)
/6,400

6,600
212
(21.6)
/6,400

6,800
205
(20.9)
/6,400

6,600
212
(21.6)
/6,400

6,800
212
(21.6)
/6,400

6,800
燃料供給装置 筒内直接+ポート燃料噴射装置<D-4S>
燃料タンク容量[L] 50
寸法・定員
全長[mm] 4,240 4,290
全幅[mm] 1,775 1,790
全高[mm] 1,320(アンテナ含む数値。ルーフ高は1,285)
ホイールベース[mm] 2,570
トレッド フロント[mm] 1,520 1,525
リヤ[mm] 1,540
最低地上高[mm] 130 120
室内
寸法
長さ[mm] 1,615
幅[mm] 1,490
高さ[mm] 1,060

※1 215/45R17 87Wタイヤ+17✕7 1/2J brembo専用アルミホイール(センターオーナメント付)、brembo製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ、brembo製17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキを装着した場合、+10kg増加します。
※2 215/45R17 87Wタイヤ+17✕7 1/2J brembo専用アルミホイール(センターオーナメント付)、brembo製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ、brembo製17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキを装着した場合、+20kg増加します。
※3 16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキを装着した場合、10kg増加します。
※4 215/45R17 87W タイヤ+17×7½J brembo専用アルミホイール(センターオーナメント付)、brembo製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ、brembo製17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキを装着した場合、12.4km/Lとなります。
※5 無鉛レギュラーガソリンをお使いになることもできます。その場合、エンジン性能を十分に発揮できません。
■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
■エンジン出力表示にはネット値とグロス値があります。[グロス]はエンジン単体で測定したものであり、[ネット]とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。同じエンジンで測定した場合、[ネット]は[グロス]よりもガソリン自動車で約15%程度低い値(自工会調べ)となっています。

グレード別の主な標準装備比較

エクステリア・インテリア・パフォーマンスなど、グレード別の主な標準装備を比較します。こちらでご紹介している以外にもグレードにより標準装備に違いがありますので、詳しく知りたい方は東京トヨペットまでお気軽にご相談ください。カタログのご請求はもちろん、実車のご確認や試乗のご予約も大歓迎です。

ホイール&ブレーキ

G GT/ GT“Limited”
16インチアルミホイール
(センターオーナメント付)
17インチアルミホイール
(センターオーナメント付)
16インチアルミホイール(センターオーナメント付) 17インチアルミホイール(センターオーナメント付)
GT“Limited・Black Package” GR
brembo専用17インチアルミホイール
(ブラック塗装/センターオーナメント付)
GR専用鍛造軽量17インチアルミホイール
(RAYS製グレーメタリック塗装)
&専用センターオーナメント
brembo専用17インチアルミホイール(ブラック塗装/センターオーナメント付) GR専用鍛造軽量17インチアルミホイール(RAYS製グレーメタリック塗装)&専用センターオーナメント

エキゾースト

G GT/ GT“Limited”/ GT“Limited・Black Package” GR
デュアルエキゾーストテールパイプ デュアルエキゾーストテールパイプ(マフラーカッター付) GR専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
デュアルエキゾーストテールパイプ デュアルエキゾーストテールパイプ(マフラーカッター付) GR専用センターシングルエキゾーストテールパイプ

ステアリング

G GT/ GT“Limited”/ GT“Limited・Black Package” GR
ウレタン3本スポークステアリングホイール 本革巻き3本スポークステアリングホイール&ステアリングスイッチ GRエンブレム付き本革巻き3本スポークステアリングホイール&ステアリングスイッチ
ウレタン3本スポークステアリングホイール 本革巻き3本スポークステアリングホイール&ステアリングスイッチ GRエンブレム付き本革巻き3本スポークステアリングホイール&ステアリングスイッチ

メーター

G GT/ GT“Limited”/ GT“Limited・Black Package” GR
コンビネーションメーター(マルチインフォメーションディスプレイ、タコメーター[黒文字盤]) コンビネーションメーター(4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、タコメーター[白文字盤]、デジタルスピードメーター、REVインジケーター付) GR専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/GRロゴ付)+専用オープニング画面(4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ)
コンビネーションメーター(マルチインフォメーションディスプレイ、タコメーター[黒文字盤]) コンビネーションメーター(4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、タコメーター[白文字盤]、デジタルスピードメーター、REVインジケーター付) GR専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/GRロゴ付)+専用オープニング画面(4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ)

シート表皮

G GT
ファブリック(標準タイプ) ファブリック(上級タイプ)
ファブリック(標準タイプ) ファブリック(上級タイプ)
GT“Limited”/ GT“Limited・Black Package” GR
本革×アルカンターラ® GR専用レカロ製フロントシート
(アルカンターラ®シート表皮)
本革×アルカンターラ® GR専用レカロ製フロントシート(アルカンターラ®シート表皮)

ブラックで統一した「GT“Limited・Black Package”」

GT“Limited・Black Package” GT“Limited・Black Package”

2017年9月の一部改良で追加されたグレードが「GT“Limited・Black Package”」。サイドミラーやリヤスポイラー、アルミホイールをブラックで統一し、brembo社製ブレーキを標準装備した特別モデルです。

GT“Limited・Black Package”専用装備

専用ブラック塗装
電動格納式リモコンドアミラー
専用ブラック塗装
リヤスポイラー
専用ブラック塗装 電動格納式リモコンドアミラー 専用ブラック塗装 リヤスポイラー
専用ブラック塗装
215/45R17 87W タイヤ+17×7 1⁄2J
brembo専用アルミホイール
(センターオーナメント付)
brembo製ベンチレーテッドディスクブレーキ
専用ブラック塗装 215/45R17 87W タイヤ+17×7 1⁄2J brembo専用アルミホイール(センターオーナメント付) brembo製ベンチレーテッドディスクブレーキ

限定車86GRMNのDNAを受け継いだ「86GR」

86GR 86GR

TOYOTA GAZOO Racingとしてレースに積極的に参戦しているトヨタ86。世界一過酷なレースとも呼ばれるドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースにも参戦し、2012年のデビューイヤーにクラス優勝、2013年クラス2位、2014年クラス優勝と輝かしい成績をおさめています。それらレース活動で培った経験と技術をフィードバックし、2016年2月に限定100台で販売された究極の86「86GRMN」。そのDNAを受け継ぎ、GTグレードをベースにレーシングカー譲りの走りを追求した市販モデルが「86GR」です。

86GRは、モータースポーツ直系のチューニングパーツを「86GRMN」を生み出した元町工場で1台1台匠の手によって組み上げた特別な1台です。86GRMNと同じ工程を経て生まれたレーシンググレードとも言えるでしょう。設定は6速マニュアル、外装色はクリスタルホワイトパール、内装色はブラックのみのワングレード構成。そのままサーキットを走っても不満の出ないスパルタンなモデルながら、普段使いに使える気軽さ、本物だけが持つ大人の色気が86GRにはあります。

86GT専用装備

専用フロントバンパースポイラー+
専用フロントバンパーサイドフィン
(グレーメタリック塗装)
専用サイドステップ
(グレーメタリック塗装)
専用フロントバンパースポイラー+専用フロントバンパーサイドフィン(グレーメタリック塗装) 専用サイドステップ(グレーメタリック塗装)
専用リヤスポイラー(グレーメタリック塗装) 専用リヤバンパーロア/
専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
専用リヤスポイラー(グレーメタリック塗装) 専用リヤバンパーロア/専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
専用エンブレム(フロント・サイド・リヤ) 専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム
+スポーク部:ブラック加飾)
専用エンブレム(フロント・サイド・リヤ) 専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部:ブラック加飾)
専用レカロ製フロントシート
(アルカンターラ®シート表皮)
■“アルカンターラ®”は、アルカンターラ社の登録商標です。
専用スタートスイッチ
>専用レカロ製フロントシート(アルカンターラ®シート表皮) 専用スタートスイッチ
ブラック加飾
1:センタークラスター
2:サイドレジスターベゼル
3:ドアグリップ
専用剛性アップパーツ
1:フロントステアリングラックブレース
2:リアサスペンションメンバーブレース
ブラック加飾 専用剛性アップパーツ
専用チューニングサスペンション
(SACKSアブソーバー+ローダウンスプリング)
(約10mmダウン)
専用大径ベンチレーテッドディスクブレーキ
( フローティング<フロントのみ>・ドリルドディスク)+
モノブロック対向フロント6ポット・リヤ4ポットキャリバー
(レッド塗装/GRロゴ付)
専用チューニングサスペンション 専用大径ベンチレーテッドディスクブレーキ
ミシュラン製パイロットスポーツ4
(フロント215/45R17 リヤ235/45R17)
+専用鍛造軽量17インチアルミホイール
(RAYS 製グレーメタリック塗装)
&専用センターオーナメント
ミシュラン製パイロットスポーツ4

トヨタ86を買うには?

東京トヨペットでは、少ない予算でワングレード上の86が購入できる残価設定型割賦プラン「P!ったりクレジット」、毎月のローン支払いがなく新車購入の負担が少ない「らくだ!プラン」、メンテナンス付きリースプランの「ACTIVE24(アクティブ トゥエンティフォー)」など、さまざまなプランをご用意しています。

86の詳しいお支払シミュレーションはこちらでご確認いただけます。是非購入の参考にしてみてください。

東京トヨペットでは、86の試乗車もご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。86GRについては、専門スタッフを配置した「GR-Flagship」「GR-Base」を都内12拠点に設置しております。ご試乗予約やお見積もり、カタログ請求などお気軽にお申し付けください。

過去コラム