先輩メッセージ

2014年入社

お客様からの「君から買うよ」という言葉は、何度聞いても感動します。

和佐田 翔真Shoma Wasada

墨田店

お客様からの「君から買うよ」という言葉は、何度聞いても感動します。

和佐田翔真に質問

Q1趣味は?
フットサルやサッカーが好きで、地元のチームに所属しています。地元が近い会社の先輩とは、一緒にプレイしているので、仕事上でも助けてもらったり、良いチームワークが築けています。
Q2休日の過ごし方は?
愛車で友人たちと一緒にドライブをすることが多いですね。車中でワイワイと盛り上がりながら、伊豆や箱根などの温泉へ行くのが楽しいですね。
Q3座右の銘は?
「一期一会」:ちょうど今、上司の大切なお客様を引き継いでいます。そのお客様たちから、一日も早く信頼をいただけるように、一つひとつの出会いを大切に、信頼を築いていきたいですね。
Q4好きなトヨタ車は?
「アクア」:車体のカラーを、黒とオレンジのツートンカラーにしているのですが、大型の駐車場でもすぐに自分の車だと分かるのはいいですね。それとエンジン音が静かなので、運転中も後部座席にいる友人との会話も弾みます!

とある1日のスケジュール

  • 9:00出社、仕事の準備
  • 9:20朝礼
  • 9:50訪問予定のお客様へのご連絡・書類準備
  • 10:00担当地区のお客様への訪問スタート
  • 12:00料理屋を営むお客様先で、昼食休憩
  • 13:30一時帰社、上司への報告と相談
  • 14:30再度外出、既存顧客への新車提案など
  • 17:00帰社、既存顧客への保険更新や点検のご連絡
  • 20:00明日の準備をして、退社

現在の仕事内容は?

私は現在、下町風情が残る足立区の北千住周辺のお客様を担当しています。都内の中でも、足立区近隣は幅が狭い道路が多いので、他の店舗と比べて小回りの良いコンパクトカーを好むお客様が多いのが特徴かもしれません。私自身、アクアに乗っているので、その静かな乗り心地や小回りの良さを体験談としてお客様に伝えて、営業に活かしています。日々の仕事としては、既存のお客様や上司から引き継いだお客様への対応、来店されたお客様への対応や、新規の法人のお客様へのご訪問がメインとなっています。既存のお客様には、お車の調子を伺ったり、点検や保険の更新のご案内をするなど、電話や訪問でコミュニケーションをこまめに取るようにしています。
2年目の私は、お客様を増やすために、新規のお客様へのご挨拶に特に力を入れています。上司にアプローチ方法や営業方法を相談しながら、日々お客様の信頼を獲得するために頑張っています。

入社の動機は?

私は学生時代に飲食店でアルバイトを通じて人と接する仕事に就きたいと思うようになり、営業職に絞って就職活動をしていましたね。
中でも東京トヨペットを選んだのは、東京で働きたいという私の希望に一番合っていたから。それに自動車の営業は、お客様が若い方から人生経験豊かなご高齢の方、さらには経営者の方など、幅広いお客様層に接することができるというのもポイントでしたね。また営業職でも「個人」と「法人」の両方に対峙できる業種は意外と少ないので、営業として幅広い経験を積むのであれば、自動車の販売営業はうってつけだとも思いました。

入社して感じた学生と社会人の大きな違いは?

学生時代の感覚と大きく違いを感じるのは、「対価」への責任が非常に大きい仕事であるという点です。学生時代はほとんどの場合、自分が「お客様」の立場で「料金を支払って対価を受ける側」でした。しかし自動車という高価な商品を扱う今は、その「対価」に対する自分の責任について真剣に考えるようになりました。ご提案時にはもちろん、契約が成立してご捺印をいただく時、ご納車の時などは嬉しい反面、「高価な商品を買っていただいたからこそ、お客様のご期待以上のサービスをしていかなくては。」と、改めてその責任を感じます。
また営業はお客様との「一対一」の仕事ではあるものの、自分だけの責任では成立しない仕事であるということも実感しています。東京トヨペットという「看板」と「ブランド」を担う一人として、行動や言動に責任を持ち、一緒に働く上司や仲間、会社全体に迷惑をかけないようにこれからも真摯に頑張っていきたいと思っています。

入社してから印象に残っている出来事は?

一番印象に残っているのは、一人立ちして間もない頃に出会ったお客様ですね。その方は所有されているお車が乗り換え時期を迎えているものの、私にはなかなか心を開いてくださいませんでした。それでもご購入を考えてらっしゃるお客様のお役に立ちたいと思っていた私は、とにかくお話しを聞いていただこうと、挨拶だけでもと何度も訪問をさせていただきました。するとお客様も徐々に心を許してくださり、「実は今の外車から国産車に乗り換えたいんだ」とご希望を少しずつお話ししてくださるようになったのです。そこで私はご希望だけではなく、他の国産車との性能やサービスの違いをお伝えしつつ、お客様が購入に踏み切れない理由を伺い、お客様のネックとなっている点を一つ一つ丁寧に解消していきました。するとついに「君から買うよ」と言ってくださったのです。そのお客様とは今でも仲良くさせていただき、最近は旅行のお土産をいただき、とても嬉しかったですね。

これからの目標や夢を教えてください。

営業としてもっと売上を上げて社内賞である「グランドスラム」の獲得を目指したいですね。そのためには、お客様に対して「なぜ東京トヨペットでの購入がいいのか」を、納得してご購入していただけるような営業スキルを身につけることが必要だと思っています。 墨田店は、とても面倒見のよい上司や先輩が多く、こちらから相談をすれば惜しみなく協力やフォローをしてくださるのですごく助かっています。いつも具体的なアドバイスなどをくださるので、困った時や万が一トラブルが発生した時にも、一人ではなくチーム全体で解決することができるのは嬉しいですね。今は、ひとりでも多くのお客様と出会い、お客様との接点を増やしていくのが一番の目標ですね。そして、早く店舗の主力となれるような営業スタッフになっていつも助けてくださる先輩や上司に、1日でも早く恩返しをしたいですね。

就職活動している学生にメッセージをお願いします。

就職活動をしている時は、たくさんの選択肢がある中でなかなか自分にあった仕事が見つからずに焦ることもあると思いますが、ネガティブにならずに、たくさんの企業や仕事との出会いを楽んでほしいですね。営業職は「大変そう」「厳しそう」というイメージがあるかもしれません。でもだからこそ得られるやりがいや、実感できる成長が多くあるというのは皆さんにお伝えしたいですね。例えば、「売上」というとプレッシャーを感じるかもしれませんが、逆に数字という「明確な目標」があるからこそ計画を練って頑張れますし、達成できた時の充実感も大きいというのは営業職ならではの喜びです。また私たちの仕事は「売って終わり」ではない長くお客様とのお付き合いが続くからこそ、「会社」ではなく「自分」という存在価値をより強く感じられます。ですから「達成感のある仕事がしたい」「自分の存在意義を感じる仕事がしたい」という方には、ぜひこの仕事をおススメしたいですね。