ページ内移動用のメニューです。


トヨタが生んだ欧州車新型オーリス&アベンシス

ヨーロッパの“クルマを止めない”安全性日本の“クルマを止める”安全性欧州車と日本車の良さが1台に

トヨタが生んだ欧州車新型オーリス&アベンシス

ヨーロッパの“クルマを止めない”安全性
日本の“クルマを止める”安全性

欧州車と日本車の良さが1台に

欧州車の高速安定性やドライバーが意のままに操れるライントレース性の良さ、そして長距離ドライブを前提にしたクルマづくり。日本車の低速域の走りやすさや乗り心地の良さ、そして静かさ。欧州車と日本車の良さを併せ持ったクルマ、それがオーリス&アベンシスです。

オーリスブリックレーン 特別低金利2.9%

「86プルバックミニカー」Getキャンペーン

ContentsMenu

  • 欧米車と日本車の違い
  • オーリス&アベンシスの魅力を徹底分析!
  • 先進の安全予防装備Toyota Safety Sense C
  • トヨタのクオリティ&サービスで安心
  • オーリス&アベンシスの性能と価格
  • 東京トヨペットのおすすめ情報

欧米車と日本車の違い

クルマは道が育てる――
欧州車と日本車の違いとは

風土や文化よって好まれるクルマは異なり、走りに対する考え方も千差万別。それは安全性も同じです。日本であれば何か起きる前にブレーキをかける、危険が多い場所では一旦停止することが当たり前。“クルマを止める”ことで安全性を高めているわけです。しかし、ヨーロッパでは、まったく逆の“クルマを止めない”ことで安全性を高めるという考え方です。

たとえば、日本の交差点には信号機が設置されているのが一般的ですが、ヨーロッパではあまり見かけません。そのかわりに円形のラウンドアバウト(環状交差点)が広く普及しています。交差点一つ見ても、信号機でクルマを止める日本とラウンドアバウトでクルマを止めないヨーロッパには違いが見られます。

欧米の円形交差点

欧米の環状交差点

日本の停止が多い道

日本の停止が多い道

さらに自動車メーターにも違いが隠されています。多くの日本車のメーターの目盛りは180km/hまでで、一番上の見やすい場所は80~100km/hになっているはず。これは、見る機会の多い速度域を一番上にすることで安全性や視認性を高めているのです。

日本車の場合

日本車の場合

欧州車の場合

欧州車の場合

一方、欧州車のメーターの最上部は120~140km/hが一般的です。欧州では長距離移動も多く、速度制限も異なるので利用する速度域が違います。欧州車と日本車は、異なった速度域でクルマづくりをしているので、それぞれに個性があることは当然なのです。

ヨーロッパではクルマが動き続けていれば運転に集中し、停止と発進を繰り返すと、気の緩みが生じて事故を起こすと一般的に考えられています。一方の日本では、危険な場所では速度を0km/hにすることで事故を回避します。クルマはユーザーが実際に運転をする場所、道が育てるもの――。道が変われば、クルマづくりの考え方も大きく変化します。それでは、欧州車と日本車の特徴について見てみましょう。

欧州車と日本車の特徴

欧州車の特徴

200km/h巡航も想定した高速性能
200km/h巡航も想定した高速性能

アウトバーン(ドイツ・オーストリア・スイスの速度無制限で有名な高速道路)では、200km/hで巡航をする可能性もあるヨーロッパ。そのため高性能な足回りや高いボディ剛性が求められます。

安定したハンドリング
安定したハンドリング

高速巡航を想定しているからこそ、ハンドリングの良さは運転の楽しさ、そして安全性に直結します。日本では高級車に採用されることの多いダブルウィッシュボーンやマルチリンク式サスペンションですが、欧州では比較的リーズナブルな中型車や小型車にも当たり前のように採用されています。

長距離でも疲れない
長距離でも疲れない

日本に比べて長距離移動が多いヨーロッパ。そのためシートのホールド性をはじめ、普段から目にするインテリアの本物感や上質感にこだわります。そのため、長距離移動でも快適なドライブが実現できます。

日本車の特徴

ストップ&ゴーの多い市街地での走破性
ストップ&ゴーの多い市街地での走破性

狭い路地や信号の多い日本の道路環境では、0km/hまで速度を落とすこと、スムーズに加速すること、低い速度でも軽いステアリング操作を実現しています。道路事情に合わせて、低速域での扱いやすさを重視した設計というわけです。

静かさと乗り心地の良さ
静かさと乗り心地の良さ

最も振動や音などが気になる停止時の静かさ、そしてしなやかな足回りが実現する乗り心地の良さは日本車らしい特徴です。

停止状態からの加速性能
停止状態からの加速性能

ストップ&ゴーを繰り返す日本車は、0km/hからの加速性能に優れています。また、低速域のコントロール性やピックアップの良さも魅力でしょう。

下矢印

それぞれの強みが一台
運転が楽しい!ハンドリングが楽しい!
日本の道で扱いやすい欧州車

オーリス&アベンシスの良さ、それは日本車と欧州車のDNAを引き継いでいることです。日本車の良さは残しつつ、欧州車を徹底的に研究、より良いものを目指して日本の技術者がつくったグローバル戦略車がオーリス&アベンシスなのです!

オーリス&アベンシスのポイント

  • ・低速域から高速域まで幅広い速度域での操縦安定性
  • ・日本のようなストップ&ゴーの多い道での扱いやすさ
  • ・停車時にわかる振動の少なさと静寂性
  • ・高剛性ボディが生みだす優れた走行安定性

オーリス&アベンシスの魅力を徹底分析!

強豪ひしめくヨーロッパCセグメント市場で
4位の実績「オーリス」

セグメント別ヨーロッパ市場

セグメント別ヨーロッパ市場(2014年)[千台/年]

世界の名だたる自動車メーカーがしのぎを削る欧州市場で、着実に地位を確立しつつあるトヨタブランド。トヨタ自動車の欧州法人「トヨタモーターヨーロッパ」が発表したデータによると、2015年度のトヨタ新車販売台数は87万3844台。それをけん引したのがトヨタのグローバル戦略車「オーリス」シリーズです。

競合ひしめく欧州Cセグメントで販売台数4位(2014年度)を獲得し、2016年度には14万2369台という販売台数を記録。その約半分となる7万8500台がハイブリッドモデルで、ヨーロッパで「トヨタ=高性能ハイブリッド車」というイメージを築いた1台でもあります。

Cセグメントとは

セグメントとは、欧州を中心に使われている車両サイズの区分けです。大まかにクルマの全長によって分けられ、コンパクト(全長が短い)な車両からAセグメント、Bセグメント・・・Fセグメントのように分類します。

その中でオーリスが入るCセグメントは、中型ハッチバックや小型セダン(主に全長4,200mm~4,600mm、全幅1,750mm前後)が含まれる、欧州で最も人気のあるクラス。それは販売台数を見てもわかります。そんな激戦区、それも地元ヨーロッパのクルマに混ざり、現地では輸入車にあたるトヨタ・オーリスが4位に食い込んだことは快挙でした。

イギリス工場で製造される、
プレミアムワゴン「アベンシス」

オーリスと同様、グローバル戦略車であるアベンシス。その生産拠点はイギリスで、日本で販売されている車両もすべてイギリス生産の逆輸入車です。トヨタのバッジをつけた輸入車、そのメイキングには欧州車の思想が色濃く反映されています。プレミアムワゴンに位置づけられ、より上質さにこだわり、ゆとりのあるボディサイズ。

トヨタが欧州で販売する車種の中で、アベンシスはトヨタブランドのフラッグシップモデルとして認識され、特に北欧の極寒の中、品質という面で高く評価されています。

アベンシス

あくまでも主戦場はヨーロッパ、
だからこそ光る個性

ヨーロッパを中心とした海外市場での販売に力を入れてきたオーリス&アベンシス。2015年度、オーリスの全世界年間販売目標は16万台でしたが、国内での販売目標は1000台のみでした。この数値からもオーリス&アベンシスというグローバル戦略車の立ち位置をご理解いただけるのではないでしょうか? だからこそ、日本国内では輸入車よりも個性的で希少価値の高い1台と言えます。また、オーリスは欧州で好調なハイブリッドモデルをはじめ、走りと燃費のバランスが魅力なダウンサイジングターボ、4WDや2WD、オートマやマニュアルなど、個性豊かな顔ぶれがそろっています。

また、落ち着きのあるクルマをお求めの方にはアベンシスのように、それぞれのライフスタイルや好みに合わせて選べることも魅力のひとつです。

スポーツハッチバックとしてキビキビとした走る楽しさを伝えるオーリス、ゆったりとした大人のクルージングを実現してくれるアベンシス――。それぞれ性格は異なりますが、「欧州のユーザーが満足するクルマ」という基本概念の上に成り立っています。

乗り心地

ヨーロッパで認められたフットワーク
さらに「日本で乗りやすい」がキーワード

200km/h巡航のアウトバーンを想定して引き締められたドイツ車、石畳のショックを吸収して快適な乗り心地にこだわったイタリア・フランス車など、フットワークに対してこだわりを持った欧州車。そんなヨーロッパを主戦場に戦ってきたオーリスとアベンシスは、シチュエーションを選ばない足回り、それを受け止める高いボディ剛性が必然でした。思い通りに操る楽しさ、快適な安定性もオーリス&アベンシスが欧州で認められた要因のひとつです。

そこに日本車らしい、低速時の快適な乗り心地、スムーズな加減速をプラス。欧州車や欧州車を意識した国産車に対して「もう少し足回りがやわらかくてもいいのに」「高速道路では快適なのに街中だとイマイチ」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それは欧州の道路事情を基準に作られているから。オーリス&アベンシスは欧州基準のクルマながら、日本の技術者が日本車としての姿を大切にしながらつくったクルマ。その結果、日本車の低速域での快適性と欧州車の高速巡航での快適性を両立しました。

ヨーロッパの石畳

ヨーロッパの石畳

日本の狭い路地

日本の狭い路地

オーリス&アベンシス
オーリス&アベンシス

4輪をしっかりと接地させて
曲がることを意識した足まわり。

4輪をしっかりと接地させて曲がることを意識した足まわり。フロントにはマクファーソンストラット式、リヤはダブルウィッシュボーン式(※1)サスペンションを採用。スプリングレートやショックアブソーバーの減衰力の最適化などにより、快適性と安定性、そしてハンドリング性能の向上を図っています。これによって欧州車のような高速域での安定感はそのまま、ロール量を抑えて乗り心地を高め、低速域から高速域までスムーズなフットワークを実現します。
※1オーリス150Xのリヤはトーションビーム式コイルスプリング

デザイン

シャープなフェイスラインが特徴的なエクステリア
上質さを追求したインテリアが所有欲を満たしてくれる

オーリス&アベンシス

オーリス&アベンシスに共通するデザイン、それがトヨタのグローバル戦略車で採用されている「キーンルック」。その特徴は中央のエンブレムを中心にヘッドライトがV字型に広がるフェイスラインにあります。Keen(キーン)には、「(感覚が)鋭い、鋭敏な」という意味があり、そのデザインがグローバル戦略車のオーリス&アベンシスの特徴です。

また、個性的なフロントフェイスをより際立たせるのが、台形のダクトを配した「アンダープライオリティ」。開口部を車両の低い位置に向かって広げることで低重心を強調。ハッチバックやワゴンという腰高感の出やすい2台ながら、シャープなサイドフォルムと相まってスポーティな印象に仕上がっています。
インテリアは、直線と曲線を組み合わせた絶妙なライン、車内空間を引き締めて洗練された印象に魅せるインテリアパネルなど優雅さと快適性を両立したインテリア。長い時間を過ごす場所だからこそ、飽きのこない空間づくりにこだわっています。またホールド性にもこだわり、ロングドライブでの疲れを軽減しています。

LEDヘッドライト

LEDヘッドライト

LEDヘッドライトを採用したことで実現した、シャープなキーンルック。LEDはデザイン面はもちろん、明るく省電力なので環境にも優しいといったエコな魅力もあるのです。

AURIS

AURIS AURIS AURIS AURIS

ファブリックや本皮、ウルトラスウェードなどのシート生地、パネルは木目調やカーボン調、フェイクレザーなどから自分好みのものをセレクト。ラゲッジスペースはクラストップレベル(※1)の容量360L(※2)を確保。6:4分割可倒式リヤシートは自由なシートアレンジが可能です。

※1 同排気量クラスでの比較。 ※2 VDA法によるトヨタ測定値。

AURIS「Brick Lane」

オーリスブリックレーン 特別低金利2.9%

AVENSIS

内装はオシャレなテラコッタとシックなグレーの2パターン。テラコッタでは、シート生地にアルカンターラを採用し、テラコッタのパネルで上質さと遊び心をプラス。グレーでは、落ち着きのあるダークシルバー&アルミ調のパネルでシックな大人の空間を演出しています。

AVENSIS AVENSIS AVENSIS AVENSIS
AVENSIS

ワゴンボディの魅力と言えば、圧倒的なラゲッジスペース。ライフスタイルに合わせて自由なシートアレンジが可能で、リヤシート格納時には奥行き1920mmという大空間が広がります。また、普段から積んでおく工具などが収納でき、ラゲッジスペースをすっきりと整理できるデッキボックスも便利。

先進の安全予防装備Toyota Safety Sense C

実安全の追求から生まれた、
2種類のセンサーと3つの安全機能

2種類のセンサー

Toyota Safety Sense Cは、実際の事故データに基づいて開発された衝突回避支援パッケージ。2種類のセンサーと3つの機能で事故が起こりやすい高速度域や夜間、車線逸脱といった様々なシーンをカバー、万が一の時でも事故を回避または被害軽減できるようドライバーをサポートします。

3つの
安全機能

プリクラッシュセーフティシステムプリクラッシュ
セーフティシステム

レーンディパーチャーアラートレーンディパーチャー
アラート

オートマチックハイビームオートマチック
ハイビーム

プリクラッシュセーフティシステム

プリクラッシュセーフティシステム

先行車をレーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで認識し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキの3段階で衝突を回避、または被害軽減をサポートします。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状況、天候状況およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。■プリクラッシュセーフティシステムは、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値はトヨタ自動車(株)測定値です。

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート

単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識、ウィンカー操作を行わずに車線をはみ出す可能性があるとき、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム

夜間走行時に、単眼カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。切り替え忘れを防ぎ、遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度を高めることで、ドライバーの前方視界確保をアシストします。

■自動車速度約30km/h以上で作動します。■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。■道路状況および天候状況等によっては、ご利用になれない場合があります。

※Toyota Safety Sense C
オーリス:HYBRID”G Package”/120T"RS Package"/120T/RS/180Sに標準装備。HYBRID/150X"S Package"/150X/150X"C Package"にメーカーオプション。
アベンシス:全車標準装備。

欧州で認められた性能と安全性、さらにスタイリング
日頃のメンテナンスやサポートは拠点数No.1のトヨタへ

欧州車基準の国産車、それがオーリス&アベンシスの最大の特徴です。国産車だからこそ、輸入車にはないアフターフォローやサービスが可能。欧州車は扱っているディーラーの数も少なく、パーツによっては本国から取り寄せる必要があるので想像以上に時間や費用がかかることも。さらにメーカー保証が短い、または内容が不十分なケースもあるでしょう。

実は、欧州車と国産車では適切とされている点検や部品交換のタイミングも違います。

たとえば、走行距離に応じたオイル交換の目安は、日本車が5,000kmなのに対し、欧州車は15,000kmや20,000kmという指定距離を取扱い説明書に載せているケースが多く見受けられます。日本のようにストップ&ゴーが多い、エンジンに負担の掛かる道路環境の中でも、それは変わりません。欧州の基準のままオイル交換をしないでいると、故障の原因になってしまうことも。オーリス&アベンシスは拠点数No.1のトヨタがカーライフをサポートしますのでご安心ください。欧州車と国産車の良さを1台で楽しめるクルマ、それがオーリス&アベンシスなのです。

WECワールドチャンピオンにも輝いた、
プロドライバーも愛するクルマ アイコン

世界最高峰のモータースポーツF1のレギュラードライバーを務めた経験もあり、2012年からはトヨタに加入したイギリス人ドライバー アンソニー・デビッドソン選手。2014年のWEC(FIA世界耐久選手権)では8戦中4勝を挙げ、ワールドチャンピオンを獲得した彼の選んだ愛車がオーリス・ワゴンです。オーリスを乗り継いで2台目という彼は、現在もオーリスハイブリッドのワゴン「ツーリングスポーツ」に乗り、家族や愛犬との日々を過ごしているそうです。輝かしい実績を持つ英国人プロレーサーを虜にする魅力がオーリスにはあるのです。

トヨタ車だからできる安心安全のサポート体制

日本車が世界中で愛されている理由のひとつが丈夫さ。トヨタ車をはじめとした国産車は故障が少なく、さらに部品の調達や修理が国内で出来るので修理費用も安く抑えられて経済的です。また、メーカー保証も充実しているので、安心して乗っていただくことができます。トヨタでは、新車に対して最大5年または10万kmのメーカー保証で徹底サポート。さらにわずかな費用で安心保証が受けられる「保証がつくしプラン 新車コース」なども用意しています。

全国約5000店舗、5万人のサービススタッフが万全の体制でメンテナンスから修理まで対応。輸入車メーカーの保証は長くても3年がほとんどで、以降は有償の延長保証に加入する必要がありますが、トヨタならそのような心配も一切ありません。新車購入から車検(初回もしくは2回目の車検)までのメンテナンスや整備をセットにした「メンテナンスパック」などもありますので、ランニングコストも抑えることができます。

トヨタのメーカー保証

トヨタのメーカー保証

一般保証(3年または6万km)

電装部品を含め、ほとんど全部品が保証対象となります。保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。消耗部品やオイル、特別保証部品などについては対象外となります。

特別保証(5年または10万km)

エンジンや乗員保護装置(シートベルトやSRSエアバッグ)など、走行や安全に関わる重要な部品は、特別保証として新車から5年間または走行距離100,000kmまで、保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。

安心と信頼のトヨタ品質

  • ハイブリッド車販売台数 全国No.1
  • 年間83万台の整備実績
  • 拠点数No.1安心のネットワーク
  • メーカー保証とサポート体制
  • 迅速・丁寧な故障や修理の対応
  • お得なメンテナンスパック

2014年ハイブリッド車販売台数全国No.1

2014年ハイブリッド車販売台数全国No.1

東京トヨペットは2013年にハイブリッド車販売台数10万台を突破し、2014・2015年の2年連続でハイブリッド車販売台数全国No.1に輝きました。数多くのハイブリッド車を取り扱った経験がありますので、おクルマの購入でのお悩みはもちろん、メンテナンスから修理までおまかせください。

年間83万台の整備実績

年間83万台の整備実績

東京トヨペットでは定期点検や車検整備、修理など、年間83万台の整備実績があります。定期点検では熟練エンジニアが2人1組で行っているので、スピーディかつ確実な作業をお約束。また、都内79店舗で板金修理も受け付けており、11店舗には板金工場も併設しています。

拠点数No.1安心のネットワーク

拠点数No.1安心のネットワーク

トヨタでは、安全にクルマに乗っていただくため、全国約5,000店舗、5万人のスタッフが日々サービスに当たっています。全国どこでもメンテナンスや修理が受けられる体制を整えていますので、旅行先でもしものトラブルが発生しても安心です。

メーカー保証とサポート体制

メーカー保証とサポート体制

トヨタでは、新車購入時に3年または6万kmの一般保証に加え、エンジントラブルなどは5年または10万kmの特別保証をご用意しています。さらにメーカー保証を2年延長できるプランなどもありますので、お気軽にご相談ください。

迅速・丁寧な故障や修理の対応

迅速・丁寧な故障や修理の対応

万が一の故障や修理についても万全のサポート体制を整えています。また、大切な愛車に傷やヘコミができてしまった方のために、板金・塗装などの修理にも対応。少しでも愛車で気になることがありましたら、トヨタ車のプロフェッショナル東京トヨペットへご連絡ください。

お得なメンテナンスパック

お得なメンテナンスパック

安全で快適なカーライフを送るためには、定期的な点検やメンテナンスが大切です。そこでご購入から半年ごとの定期点検、また車検などをセットにした、お得なメンテナンスパックを設定。トヨタ車を知り尽くしたサービスエンジニアが皆様の快適なカーライフをサポートします。

オーリス&アベンシスの性能と価格

AURIS

エンジンは、新登場となる1.8L+ハイブリッドに加え、1.2L+ターボ、1.8L&1.5Lなどからお選びいただけます。また、走りのRS(1.8L)には6速マニュアルを設定。さらに、個性派・拘り派にはヨーロピアンテイストなドレスアップを施したTRD(トヨタテクノクラフト)コンプリート車「Brick Lane」も。ライフスタイルや好みに合わせて選べる幅広いラインアップがオーリス最大の魅力です。内装やボディカラーも豊富にそろっているので、必ずあなたらしい1台に出会うことができるはずです。

AURIS

サイズ 全長4,330mm×全幅1,760mm×全高1,480mm
※グレード、仕様、オプション装備によってサイズが異なります。
乗車定員 5名
エンジン HYBRID 1,797cc
ターボ 1,196cc
ガソリン 1,496cc/1,797cc
価格帯 HYBRID 2,620,473円~2,832,545円
ターボ 2,590,037円
ガソリン 1,789,855円~2,460,437円

AVENSIS

標準グレードの「Xi」に加え、シート表皮やパネルなどのインテリア、LEDクリアランスランプや17インチホイール&タイヤでエレガントなエクステリアに仕上げた「Li」というシンプルな構成。内外装ともにプレミアム感を追求した、欧州からの逆輸入車「アベンシス」でラグジュアリーな時間を過ごしませんか?

AVENSIS

サイズ 全長4,820mm×全幅1,810mm×全高1,500mm
乗車定員 5名
エンジン 1,986cc
価格帯 2,743,200~2,983,745円