ドライブレコーダーは付けたほうがいい?

安全意識の高まりとともに普及した製品

自動車を運転する人が必ず気をつけなくてはならないが交通事故です。自分が加害者にならないとしても、事故の被害に遭う可能性は考えられます。それが人との事故であれば、自分と相手の過失を比較し、相手の過失を証明しなくてはいけなくなります。

相手が自分の過失を認めないという事態は事故では起こり得ることです。目撃者も少なく、事故の状況の意見が食い違えば解決までの道のりも長くなってしまうでしょう。それを受けて安全意識の高まりから人気を集めているのがドライブレコーダーです。ドライブレコーダーであれば運転時の様子を映像で録画して残しておくことが可能であるため、事故の有益な情報となります。自動車の速度やGPS情報などを記録できる製品もあり、車のデータをとるためにも頼れる存在です。しかし、設置が義務付けられているようなものではないため、つけるか迷っている人も少なくないでしょう。そこで、ドライブレコーダーをつけるメリットをまとめてみました。

自分の身は自分で守ろう

ドライブレコーダーをつけるメリットとして一番に思いつくのは、事故が起きたときの映像を記録できるということです。事故の映像を警察や保険会社に提出できるため、事故の処理も格段にスムーズになります。悪質な当たり屋のような詐欺への防御策としても有効です。客観的な事実を記録して残すことができるので、事故時に双方の言い分が食い違ったときに有力な証拠になるでしょう。

ドライブレコーダーを安全運転励行のため利用する動きもあります。車を運転していて、事故を起こしそうになったことはありませんか?そんな「ヒヤリ・ハット」を記録して再度見返すことは安全意識を高めるために有効な方法です。

このような事故を想定して購入する以外に、動画として楽しめるというメリットもあります。動画を撮影する機能を利用すれば思い出の保存にも一役買います。初めてドライブした場所や景観がいいレジャースポットなど臨場感があるオリジナル動画を撮影できるのも素敵です。モータースポーツが好きならサーキットやダート、山道の走行動画を記録するという楽しみもあるでしょう。中には動画をアップして、世界中の人々と思い出を共有するという楽しみ方をしている人もいます。

製品の種類によって違いますが、フラッシュメモリに録画できるタイプや、簡単にパソコンに取り込めるような製品なら様々な使い方で遊ぶことが可能です。たまたま面白い動画が撮れてしまったというようなこともあるでしょう。専用アプリをダウンロードして、録画した映像がスマホで見られるタイプも登場し、さらに活用の幅は広がっています。レジャーや車が趣味の人には、事故対策だけでなくこのような活用方法もおすすめです。

自分に合った製品はどんなものか考えよう

カーディーラーやカー用品店でも様々な種類のドライブレコーダーが販売されています。値段も機能も機種によって全く違って迷う人も多いでしょう。機能を比較して自分の持っているニーズにあったものを選ぶようにしてください。

では、どのようなタイプが販売されているのでしょうか。常に動画を撮り続けているのが常時録画型の製品です。事故に関係なくずっと録画し続けるので、ドライブを記録したいという人におすすめです。ただし常時録画するので大容量メモリーが必要になりますが、常時録画型は一時停止不停止や信号無視などの交通取り締まりを受けたときの立証にも使えるのも大きなメリットです。

対照的なのが衝撃感知型の製品です。センサーが内蔵されていて衝撃などを感知して録画してくれます。事故発生時より遡って録画してくれるので、事故の瞬間もしっかり記録できる仕組みです。衝撃感知型は大きなメモリーが必要ないのがメリットです。その一方で、全ての自動車事故で衝撃があるかどうかはわからないという問題があります。例えば軽く擦っただけの事故では衝撃を感知できないため、衝撃感知型では記録を残すことが出来ない可能性もあるため、要注意です。

どの製品が一番良いドライブレコーダーかは選ぶ人のニーズによって異なります。同じように見える製品でも比べると性能の違いがわかります。例えば視野角が広いほうが無理な割り込みなどがはっきり記録できますし、夜間でもはっきりと録画できたほうが安心です。さらにGPSがついていれば、事故の映像だけでなく場所も記録できます。このように、自分がこだわるポイントを絞って製品を選ぶといいでしょう。備えあれば憂いなし、事故への備えを徹底してから運転を楽しみましょう。



当社WEBサイト関連リンク
https://www.tokyo-toyopet.co.jp/contact/service/
【サービス入庫予約】