「自動車保険」加入のメリット

「自動車保険」の必要性と自賠責保険との違い

マイカーを初めて持つ人が最初に考えて欲しいこと、それが自動車保険です。保険は転ばぬ先の杖であり、将来起こり得るリスクについて補償してくれるものとなります。自動車を運転するにあたっては、事故を起こさないようにすることは当たり前ですが、実際に「事故が起こらないかどうか」は誰にも分かりません。そんな先々のリスクを回避するためには、自動車保険が重要な役割を持つことになります。

ところで、私たち日本のマイカー所有者は基本的に車両購入時に「自賠責保険」に加入しています。これはいわゆる「強制保険」と呼ばれているものであり、どんな人でも自動車を持つことで加入が義務付けられています。では、これに入っていれば良いのか、という話になりますが、実はこの補償内容は完全に私たちのマイカーライフを助けてくれるものではないため、これだけで済ませることはできません。そのため、別途個々のドライバーが加入する必要があるものがあり、それが任意の保険ということになります。自賠責の「強制保険」に対して「任意保険」と呼ばれるこの保険を利用することで、自賠責がカバーしてくれない部分の補償が可能です。

自賠責保険がカバーする範囲は、事故を起こした「こちら側」ではなく、相手側の補償だけです。

「自動車保険」のメリット

任意保険に加入することで得られるメリットは、自賠責保険ではできない部分を補ってくれるというものです。任意保険に入ることで、事故を起こした際の自分の怪我をカバーすることができます。自動車事故では多くの場合、当事者の両方に何らかのダメージがあります。自賠責保険では相手方の補償しかしてくれないので、自分のダメージは自分でなんとかしなければなりません。そこで任意保険を使えば、自分の怪我の治療もすることができるのです。

また、自賠責保険にも賠償の限度があります。自賠責保険では、相手の補償をしてくれますが、カバーできる補償の限度額は決められており、それ以上の賠償金が必要となった場合には自分で補う必要があります。特に死亡事故を起こした場合には、自賠責保険のみの補償内容ではカバーしきれなくなっています。それを自分の貯金などから補うのは非常に難しいので、任意保険にカバーしてもらうことが必要となります。

さらに、自賠責保険は対物の補償がされません。交通事故は、相手が歩行者のケースだけではありません。車同士の事故の場合には、相手の自動車にもダメージが発生します。また、事故の際に電柱や周囲の家屋などの建物を壊した場合にもそれを補償することが必要となります。しかし、自賠責保険ではそれが範囲外となってしまうため、費用負担は自分のポケットマネーとなってしまうのです。任意保険では、こうした「対物賠償」も行っており、ものを壊した場合のカバーをしてくれます。

自分のクルマの保険(任意保険)

任意保険の加入は、ここまで読んで頂ければ「必須!」であることは分かっていただけたでしょう。しかし、いざ内容を検討する際にも注意が必要なポイントがいくつかあります。

任意保険の補償内容の一つには、自分でつけないと補償されない部分があるのです。それが、「マイカーのダメージの修理費用」です。自分の車の修理費用は、実は基本の補償内容には含まれてはおらず、必要であれば別途「車両保険」をつける必要があります。交通事故では、「自分の車には傷一つない」という状況は極めて少ないものです。

なお、事故を起こすことで任意保険の保険料は変化(増額)していきます。通常は単年契約の任意保険は、その年に事故を起こすと保険料が上がります。そこで、急な保険料の増額を抑えるために、複数年の契約という方法があります。

任意保険は必要なものですが、どれを選んでも同じということではないため、内容にも十分に注意して納得のいくものを探しましょう。



当社WEBサイト関連リンク
http://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/insurance/
【東京トヨペットの保険】