交通事故の原因~ランキングと注意点

自動車事故の原因は日常に潜んでいる

2015年の交通事故発生件数の合計は公益財団法人交通事故総合分析センターによるところ、536,899件となっています。その中には死亡4,028件、重傷が37,012件を含んでおり、死亡も交通事故も発生件数は減少傾向ではあるものの油断できないものと言えそうです。危険な事故を減らすためには、それぞれが十分に注意して原因となることを回避することが必要となります。

自動車事故には、人と車だけでなく、自動車同士、ものを壊しただけの物損などがあります。いずれにせよ、それぞれに失うものがあり、取り返しのつかない事態を引き起こすこともあります。原因となる行動や間違いは、ごく身近にある日常的なものばかりです。「ちょっとした気の緩みで」引き起こされた結果は、「ちょっとした」もので済まないこともあります。ささいなことで大きなリスクを背負うことになることを肝に銘じ、しっかりと運転するようにしなければいけません。

自動車事故のランキング上位は?

自動車事故の要因として多かったものをランキングで見ていきましょう。やったことがある、と心当たりのある人も多いかと思います。結果から、どれだけ身近なところに原因があるかがよく分かります。

ランキング第1位は漫然運転(安全運転義務違反)です。漫然運転とは、運転に集中せずに他のことに気を取られていたという状況をさします。つまり、同乗者などとのおしゃべりに夢中になったり、居眠りをしたり、ぼんやりとしていたりといった、ちょっとした気の緩みのようなことが挙げられます。これは警視庁の分類であり、それ以外の分類では2位もこれに含まれることがあります。

2位は脇見運転です。道路交通法では安全運転義務違反のひとつであり、漫然運転と合わせて原因としては大きな割合を占めています。不注意でよそ見をしてしまう他、現代ではスマートフォンやタブレットを使いながら運転することによる脇見運転も増えています。タブレットなどを使用して情報を見ながらの運転は厳禁です。カーナビはだいぶ前から運転中に使用できなくなりましたが、その代わりタブレットを持ち込む人が増えており、タブレットをナビとして使用する人もいます。

3位は運転操作不適、つまり、運転操作のミスです。ハンドル操作を誤ったり、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどのミスがあげられます。アクセルとブレーキの間違いは、きっと多くの人が「ヒヤッ」とした経験を持っていることでしょう。しかし、それがヒヤリだけでは済まなかったという事態は多いものです。そのまま路上に面したお店に突っ込んでしまったり、路上ではなくビルの駐車場での落下などの痛ましい事態につながった例をニュースなどで見かけたこともあるでしょう。

これらの上位の原因は、全て安全運転義務違反となります。ドライバーは運転中はちょっとした不注意も許されないことを認識しなければいけません。運転している人はつい忘れがちですが、動いているのは大きくて重い鉄の塊であることを再認識することが必要です。

ランキング下位でも要注意は?

ランキング下位であっても、要注意となる要因がたくさんあります。ここではランキング8位から10位に見られる「ちょっとしたミス・不注意」を見ていきましょう。 第8位に入ったのは、交差点安全通行義務違反です。特に交差点でのトラブルが多く、ちょっとしたミスが命取りとなるリスクが高い場所です。信号をきちんと守っていることは当然ですが、それだけでなくドライバーは交差点の状況を判断して、正しい行動を取ることが求められています。対向車の右折や横断する歩行者などに注意しながらできるだけ安全なスピードで慎重に通過することが必要です。

第9位となったのは、信号無視です。そもそも信号を守らないということもありますが、黄色信号での無理な交差点への進入なども危険です。信号付近では、いつでも安全に停車できるスピードを保つことで、第8位と9位の原因を回避することにつながります。 第10位になったのは、優先通行妨害です。道路を通行する自動車には、それぞれ優先関係がありますが、これを守らないことで接触や追突の危険が高くなります。基本的には、幅の広い道路が優先となり、それ以外には徐行や一時停止の道路標識がない方が優先です。ところが瞬時の判断で優先関係を判断できず誤ってしまうことで、事故を招きます。

これらの交通事故のきっかけは、非常にささいなことが原因となっています。そして、誰もが一度くらいは「うっかり」とやってしまったことがあるものでしょう。しかし、実際には、これらのささいなことで大きな事故を引き起こして、大きな損害を受けたり与えたりしてしまった人もいるのです。



当社WEBサイト関連リンク
http://www.tokyo-toyopet.co.jp/carlife/
【すてきなカーライフ】