燃費によるランニングコストの違い

自動車の維持に大きく関わるコスト

自動車を維持するためにかかるランニングコストは大きく、家計において大きな割合を占めることもあります。レジャーやデートにたっぷりと使いたい独身者はもとより家族が増える事によって自動車の必要性が増した場合にも、他の家計費を圧迫しないような工夫が必要となるでしょう。

お財布の中身を気にせずにカーライフを楽しむためには、抑えられる部分での省コスト化が大切です。イニシャルコストを抑えようとすると、どうしてもランニングコストに影響してきます。自動車購入費用の分割費用などは抑えようがない問題なので、それ以外のもので調整するしかありません。また、維持費として絶対必要となる自動車税や重量税 等、さらに自賠責保険・任意保険も替え用のない出費となります。

その点、燃費は車の性能だけでなく自分たちの工夫次第で意外と大きくコスト削減を目指すこともできるのです。自分たちのカーライフを見直して、大きな負担に繋がるような乗り方を避け、効果的な省コストを目指しましょう。

ランニングコストを抑えるには

燃費を良くしてランニングコストに良い影響を与えるためには、日頃の自動車の使い方で細かい工夫をすることが大切です。これはドライバーだけでなく、家族や同乗者にも協力出来ることになります。まずドライバーの工夫からです。ドライバーが出来る第一の工夫は運転のテクニックですが、初心者マークの人にもできることはあります。

まず、急発進と急な減速などの、エンジンへの負担がかかる運転は避けましょう。これはエンジンへの負担とともに燃費を悪くする原因となります。アクセルワークを慎重に行って、速度を一定にすることを目指します。初心者にとっては燃費の削減とともに、同乗者に快適に過ごしてもらえるドライビングテクニックを培うことにも役立ちます。さらに、オイルやオイルフィルターの交換は期間や距離を守って早め早めに行いましょう。つい面倒さや、ちょっとしたコストがかかることで遅くなりがちですが、長い目で見るとエンジンの寿命や燃費のために悪影響を与える恐れがあるものです。エアフィルターやエアクリーナーも同様に、詰まると空気を吸い込みにくくなって効率が悪くなります。ですから、掃除や交換を定期的に行うことが必要です。こうした部分は、汚れや劣化を放置していることで効率よくエンジンを働かせることができなくなり、燃費が悪くなります。こまめに費用が掛かってコストの負担が増えるような気がしますが、結果的には早めに処置をすることで燃費と車体の寿命を改善してコストを大きく削減することにつながるのです。さらに、タイヤの履き替えのタイミングも重要です。これも費用はかかるものですが、常に良い状態にしておきたいものです。

また、マイカーを利用する全ての人ができる工夫もあります。必要のない重くかさばる荷物を常に車内やトランクに搭載したままという人がいますが、これもあまり良くないことです。キャンプ用品やゴルフセット、折りたたみ自転車など、レジャーのタイミングでしか利用しないものを積んでおくことはよくあることでしょう。しかし、この重さによってかなりの影響が考えられます。手間はかかりますが、積み降ろしはこまめに行って、使わない用具やレジャー用品は持ち運ばないようにしましょう。

さらに、社会全体のエコへの注目で関心が高まっているエアコンは、ドライブ中にも使いすぎが問題となります。エアコンで最も注意すべき点は、冷房です。カーエアコンの冷房を使う場合、車体のエンジンは熱を持っているため、エンジンを回転させてコンプレッサーを稼働させることが必要となります。このため、エンジンの負荷は増えてしまいます。反対に、暖房はエンジンの熱を利用するため、あまり心配する必要はないと考えられます。夏のカーエアコンは冷房を全開にせず、定期的に止める、窓を開けて調整するなどの工夫が必要です。これは、健康面から見ても大切なことです。

燃費を計ってエコライフ

マイカーを持つときは、自分の車の性能や傾向を知っておくことが大切です。リッター当たりのガソリンの消費についても、数値で理解しておくようにしましょう。 パンフレットなどで見るデータはもちろん正しいものですが、自動車に乗る環境は常に変わっています。環境ごとに自動車にも違った負荷がかかり、その分ガソリンの消費量も変わってくるものです。自動車についている燃費計がそんな負荷による燃費の変化を知らせてくれます。

これは、瞬時の計測をかなり正確に行う機器なので、目安として見るには最適です。街中のドライブや高速道路の走行など、違った環境による差異を計測しておくと、省エネにつなげることができるでしょう。現状把握とそれを改善するためのドライバーと同乗者の工夫でエコを考えたカーライフを楽しみましょう。



当社WEBサイト関連リンク
http://www.tokyo-toyopet.co.jp/carlife/carlife_01.html
【よりよい環境のために エコドライブ10のすすめ】

http://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/new/
【新車ラインアップ】