最新機能で安心・安全なカーライフを!

自動車運転は最新機能で安全に

自動車は、人間の運転によって制御されるものであり、そのドライバーのドライビングテクニックや注意深さ、瞬発力や判断力に大きく左右されるものです。しかし、近年の自動車の機能は進化しており、ドライバー自身のテクニックや資質をカバーして、より安全に走行できるシステムが開発されています。衝突や誤発進、車線の逸脱などを予防するためのシステムが導入されている自動車が増えており、こうした最新機能によってドライバーと周囲の歩行者、対向車などの安全を守るためのムーブメントが起きています。

よくコマーシャルなどでも見かける、物や人を感知してブレーキを自動で行うシステムがあります。自動車自体が障害物を感知してドライバーに警告を行ったり、ブレーキの補助操作を行います。先行車との距離を一定に保つためにも役立ち、追突事故も防ぐことができます。また、オートマチック車の誤発進も事故に結びつくケースが多く、こうした人為的なミスを起こさないように車載のコンピューター等で補うようになっています。

マイカー選びのシーンでも、車種やボディカラー、性能だけを考えて選択するのではなく、こうした安全性能についてもしっかりと考えることが必要です。これからのマイカー自慢は、「走りっぷり」だけでなく「安全である」ということも大切です。今後は、走行中の安全を補助するシステムを持った自動車を選ぶことも、快適なカーライフを送るための大切な条件となっていくことでしょう。

この動きは、国土交通省と自動車事故対策機構によるアセスメントを中心に多くの自動車会社で始まっています。日本の自賠責保険の損害発生率は上がってきており、2011年、2013年と保険料の引き上げがされ、事故に対する安全対策は重要性を帯びています。

生かしつつも過信は厳禁!

最新機能を持った自動車を所有することで、より安心してカーライフを楽しめるようになります。ですが、こうした機能はあくまでも「補助的」なシステムに過ぎないということを理解しておくことが必要です。安全装備の機能は、確かにドライバーのテクニックや不注意などをカバーしてくれるものですが、完全ではありません。機能そのものには問題がなくても、周囲の環境などで機能が働きにくいこともあります。さらに加えるならば、交通事故は相手のある場合も多く、自分が正しい運転をしていても、相手の不注意によって損害を受けることも忘れてはいけません。安心の機能を持っている車であっても、シートベルトなどの基本的なことはしっかりと守って運転をしましょう。また、後方の安全をカメラで確認できるリヤビューカメラシステムも大変便利なもので、駐車が苦手な人にも安心のシステムです。しかし、カメラの死角となる部分や、気象条件によっては映りにくいこともあるため、自分の目視によって状況把握をより確実にすることが大切です。さらに、カメラで反映される範囲をしっかりと確認しておき、映るエリアと映らないエリアを認識して運転することも必要となります。

こうした機能は大変便利であり、確かに安心の材料となります。しかし、実際に運転しているのは人間であり、ドライブ中の責任はドライバー本人にあることを頭に置いておくことが必要です。機能がいくら新しく、役立つものであったとしても、あくまで補助的なものなのです。

上手に機能と付き合って安心のドライビング

車の機能は頼りきって良いものではなく、ドライバーをサポートするために付いています。その機能性は高く、今後もより便利なものがたくさん出てくるでしょう。しかし、それに頼りすぎていては、自分や家族、周囲の人たちに本当の安心を与えることはできません。機能の役割と限界をよく理解して、上手に生かしつつも自分の運転を過信しない事が重要となります。周囲の環境を見定めながら、起こり得るリスクを常に予想した運転を心がけるようにしましょう。



当社WEBサイト関連リンク
http://www.tokyo-toyopet.co.jp/special/toyota-safety_feature/
【トヨタの安心・安全機能「Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)」】