東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« 今日のトヨビア【Q15】ドライバーの負担を和らげるシートとは? | メイン | 今週はU・park三鷹店特集です!! »

我思う。ゆえに…「天文学的」と「日常的」の距離

「いい中古車はいりました」編集長の田沼です。
毎週日曜日は、僕が思うことを徒然なるままに書いていきます。

「ナノ」と言うと何を連想しますか。
他にも「ギガ」だとか「テラ」とか、私が学生のころは「キロ」「メガ」が主流でした。そう、数量の単位ですね。

ナノ」は長さで言えば0.000001mm=1nm。物質の原子の大きさは約10nm程度。

パソコンやレコーダーでハードディスクが身近になり、その容量で「ギガ」「テラ」など、これまでその量を想像できない単位が巷に溢れています。ちょっと前なら、「天文学的数字」といった表現で使われていたこの単位たちですが、日常の会話の中でも盛んに使われるようになりました(僕のipodは12億バイトだとかいうとピンときませんが)。

つまり。もう「ギガ」や「テラ」は天文学的数字ではなくなってきたということなんですかね。

一方で「ナノ」もこれまではなじみがありませんでしたが、今やナノテクノロジーは医療の世界やデジタル機器の世界でも使われ、身近なところではパソコンの心臓部CPUの設計にも応用され、こちらも日常的に使われる単位になりつつあるのでしょうか。

45nmの線を引き半導体CPUを作ることが可能になり、電力、発熱などを抑えたり、高クロック化の頭打ちを打開に貢献したということです。今話題のデュアルコア、クアドコアなどの登場などはナノテクノロジーの産物なんですね。

子供のころ絶対使うことの無い数や量のすごい単位が身近に溢れ、技術の進歩を感じますが、自分のおなかまわりもcm単位で成長しているのも日々感じます。w

さて、今日の一台はこちら!

車種:トヨタ マークX 300Gプレミアム・デモカー
年式:平成19年
走行距離:11,603km
ポイント:当社社用車デモカーでの使用歴!ナビつき!プレミアムの掘り出し物(U・park杉並店)マークX

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。