東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« U・park江戸川店 〜川柳部門〜 | メイン | 今週はU・park稲城店のご紹介です! »

我思う。ゆえに…見えているものは本物か、あるいは実体か

「いい中古車はいりました」編集長の田沼です。毎週日曜日は、僕が思うことを徒然なるままに書いていきます。

パソコンの情報処理速度、量はかなりのレベルとなり、
デジタルカメラやTVもハイビジョンと肉眼で見る世界に近い表現が出来るようになりました。

事象をデジタルに変換し、高速処理をする技術が飛躍的に向上した結果です。

人間の脳も五感から得た情報を高速処理しており、同じように感じますが、実はかなり違うようです。

一番大きな違いは、論理的でないアウトプットをする「演算」や「記憶」などで、
これがかなり曖昧で、感情や環境、人間に結果が左右されてしまいます。

自分の眼で見ている事実を疑う人はいないでしょうが、、、果たして真実でしょうか?

カメラには、映像が全部写ります。
しかし人間は、見えていてもいらない物は省略できます。
雨が降っているとき、無数に降る雨粒を無視して対象物を見ることが出来ますよね。
このような動作は、無意識に行なっているのです。

また、錯視と呼ばれる現象もあります。
物の長さも立てて見るのと、横にしてみるのでは長さが違う気がする現象です。

そういえば、棒高跳びの5mと走り幅跳びの5mではかなり違う気がしますが、
これも脳の働きなのでしょうか?
移動の容易さが無意識に長さの感覚を変えているのでしょうか?

今見ているものが実像なのか虚像か。
あるいは、大きさはどうなのか。

カメラの腕が上がらない理由は、自分の脳と眼が邪魔をしているのです。
きっと・・・。

さて、今日の一台はこちら!

車種:トヨタ クラウン アスリート
年式:平成18年
走行距離:17,908km
渋いです!グレーメタリックカラー!HDDマルチの3.5リッターです。(U・park 江戸川店)クラウン

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。