東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« シチュー引きずり回し | メイン | U-park府中店のスタッフ紹介 »

“教えて!田沼編集長!”「傷が傷を呼ぶ・・・『割れ窓理論』」

皆さんこんにちわ。丁寧さにかける「いい中古車入りました」担当の鈴木です。
今週はU-park府中店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日恒例、田沼さんとのおしゃべりの日です。

田沼:突然ですが鈴木さん、『割れ窓理論』というのをご存知ですか?

鈴木:?窓が割れることに何の理論があるんですか?

田沼:『割れ窓理論』とは、落書き、割れた窓ガラスの放置など軽微な犯罪を見逃さないことにより、他の犯罪を減らすことが出来るという理論です。 軽微な犯罪の形跡を見たときに、人間のモラルの低下を起こさせるといった理論だそうです。

鈴木:割れた窓が放置されつづける ⇒ 外部の人に、その建物は管理されていないと認識される ⇒ (モラルの低下した人が)他の窓も割ってもいいだろうと思う ⇒ 他の窓も割られる ⇒ どんどん建物が荒れてくる ⇒ 軽犯罪が他のところにも飛び火し、無秩序状態になる。ってな感じなんですかね。大げさな感じもしますが、確かに荒廃した建物は、不良のたまり場になる、ってイメージはあります。ドラマの影響かもしれませんが(笑)。

田沼:僕はクルマのキズを放置しつづけるのは、この『割れ窓理論』と近いものがある気がするんです。

鈴木:というと?

田沼:車のボディーの傷を放置しつづけると、不思議なことに傷が傷を呼ぶことがあるのです。

鈴木:確かに、傷ひとつないピカピカのクルマと、傷だらけのクルマがありますが。。

田沼:まあ、傷があるから事故を呼ぶのでなく、運転者がクルマの扱いをどれだけ慎重にしているかで、傷がつく頻度がかわると思いますが。そんな風に考えながら、走っているクルマを見ていると、ひとつ傷がついている車は、他にも複数の傷があるようです。修理には費用が発生しますから、一概に「傷が傷を呼んでいる」言えませんが、傷を放置しない心が、安全運転に繋がる気がします。

鈴木:小さな傷ひとつ気にかける人は、運転も慎重にする人が多そうでしょうしね。

田沼:そう。車を大事にすること、傷をつけたら直ぐ修理することが、意外と安全運転になると思うのです。 コレを読んでくれている皆さんも、安全のためにも、愛車に傷がついたら、当社のサービス工場へ相談してみることをお勧めします。

鈴木:最後には、宣伝にもってきましたね(笑)。 田沼さんの言うとおり、東京トヨペットでは、サービス工場も豊富です!愛車の傷、凹みの際には、ぜひご活用ください(笑)!

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ コロナプレミオ E Lパッケージ
年式:平成8年
走行距離:39,377km
車検整備付の禁煙車です!(U・park 府中店)コロナプレミオ

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。