東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« 地球に生まれて良かったー!が聞きたい | メイン | U・park小岩店のスタッフ紹介! »

“教えて!小林さん!”「アイコンタクトの大切さ!(2)」

皆さんこんにちわ。目と目で通じ合う〜、かすかにぃ、ん〜、色っぽい〜。って歌、ありましたね。「いい中古車入りました」担当の鈴木です。
今週はU・park小岩店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日恒例、クルマについていろいろ教えてもらっちゃおうのコーナーです。

小林:先週はドライバーの視点からみた、アイコンタクトのお話をしましたよね。覚えてます?

鈴木:覚えてますよ!“メガシャキ飲もうぜ!”って話ですよね。

小林:そんな話でしたっけ・・・?? えーと、今日は先週の「アイコンタクト」についての話のつづきです。自転車や歩行者の視点について、考えてみましょう。

鈴木:ふむふむ。

小林:車道における自転車の走行は、基本的に自動車と変わりありません。信号で停止しなければならないし、交差点にも進入します。でも万が一アクシデントが起きてしまったら、圧倒的に自転車が大きなダメージを受けてしまいますし、それは歩行者にとっても同じことですよね。

鈴木:クルマのほうが強いですからねー。

小林:交差点の右左折、道路沿い施設への出入り、路上駐車、追い越しや細い道など、自転車や歩行者は常に自動車に対して注意を払っていますよね。 そんな時ドライバーと目が合えば、多くの場合その瞬間にお互いの安全確認が成立するんです。歩行者に安心感が芽生えるほど、ドライバーの運転が変わることも多いものなんですよ。

鈴木:目があうと、意識しますものね。

小林:交差点で横断歩道を渡っているときに自動車が右左折してきたら、ドライバーと目を合わせてみて下さい。より安全な横断が実感できると思いますよ。

鈴木:目と目で確認、とても重要ですねー。

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ ハリアー AIRS・ナビ
年式:平成17年
走行距離:10,909km
黒革シートの豪華さがお似合いです・・・純正DVDも装備!(U・park 小岩店)ハリアー

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。