東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« 幕末史跡探訪?吉田松陰編? | メイン | U・ park 稲城店 ☆T-UP赤い鳥アートコンテスト☆ »

" 教えて!小林さん" サービス工場研究・指定整備編【第3回:検査ライン2(速度試験機)】

皆さんこんにちは。「いい中古車入りました」担当の高橋です。
今週はU・park稲城店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日小林さんの登場です!

小林:今回のお話は検査ラインについての第2回、速度試験機ついてです。その名の通り、速度計(スピードメーター)の誤差を測る機器のことですね。

高橋:速度計の誤差、ですか??

小林:速度計が正しい速度を表示していないと、制限速度で走れませんよね。そのため、検査ラインでは速度計の誤差を測定するんです。20100428_001.jpg
20100428_002.jpg

高橋:それはそうですよね! でも、速度計ってそんなに誤差があるんですか??

小林:いえいえ、本来そんなに誤差があるわけじゃないですよ。でも、最近の車はほとんどがトランスミッション(A/TやM/Tというあれですね)部分のセンサーで速度を測っているので、ホイールやタイヤを交換すると速度計の表示も変ってしまうからなんです。

高橋:ああ、そういう事だったんですね?(゚◇゚)

小林:同じサイズでも擦り減ったタイヤと新品とでは外径が違ってきますし、空気圧が低くても同様に外径が小さくなるので表示が変化します。ましてサイズの異なるホイールやタイヤでは、その差はさらに大きくなります。そのため、誤差が許容範囲内にあるかを検査しているんですよ。20100428_003.jpg

高橋:う?ん、なるほど?♪

小林:同時にサイドスリップ量(トーインともいいます)も測定して、異常な磨耗(偏磨耗)の防止や直進安定性の維持を図るようにしています。20100428_004.jpg

高橋:検査ラインって、いろいろな測定をしているんですね?w(゚o゚)w

小林:まだまだ検査項目はありますよ! 続きはまた来週ってことで (^^♪

高橋:は?い、わかりました?♪

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ カルディナ GT-FOUR
年式:平成15年
走行距離:48,442km
TRDフルエアロのGTーFOUR(DVDナビ・ETC付)(U・ park 稲城店)
トヨタ カルディナ GT-FOUR

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。