東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« 放置された電柱 | メイン | U・ park馬込店のスタッフ紹介【リニューアル版】 »

" 教えて!小林さん" サービス工場研究・工具編【トルクレンチ】

皆さんこんにちは。「いい中古車入りました」担当の高橋です。
今週はU・park馬込店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日小林さんの登場です!

小林:さて、今日は先週からの続きです♪

高橋:そうそう! トルクでしたよね、規定トルク?!!

小林:相変わらずテンションが高いですね・・・じゃあ、今日はちょっとむずかしいお話をしましょうか (^^♪ トルクという表現にはいろいろな意味がありますが、サービス工場で使われるトルクとは主にボルト・ナットの締め付けトルクを指します。 トルクの単位はN・m(ニュートンメートル)で表されていて、締め付けトルクの場合はレンチの長さに力を掛けた数値となります。 T(トルク)=F(力)×L(長さ) ということですね。

高橋:えーっと・・・? 何がなんだかわからない・・・|||(-_-;)||||||

小林:ここでさらに混乱させてみたいところですが、やめときましょうね (;´∀`) では、規定トルクの話に進みましょう。車体各部に使用されているボルト・ナットにはいろいろな径がありますが、全てに規定トルクが定められています。 例えば、小さなボルトを大きなトルクで締め付けるとどうなると思いますか?

高橋:あ! 僕やったことありますよ、それ! 折れちゃうんですよね!

小林:その通り、ボルトの破損を招きますよね。そして大きなボルトに小さなトルクだと、締め付けが足りずに緩んでしまいます。 規定トルクの意味が分かりましたか?

高橋:は?い!!

小林:そして、これは当社で使用している代表的なトルクレンチです。img-wrench_001.jpg
予め締め付けトルクを設定しておき、規定に達すると"カチン"という音と振動で教えてくれます。プリセット型といわれていて、とても使いやすいんですよ。 トラックなどの大型車用には、こんなに大きなものもあるんです。 img-wrench_002.jpg

高橋:す、すごいですね? ?( ̄[] ̄;)!

小林:ボルト・ナットの締め付けは整備の基本。 規定トルクが大事だということが、分かりましたか?

高橋:は?い!(^^♪

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ マークX250Gリミテッド HDDナヒ
年式:平成20年
走行距離:14,771km
★★★走行少なめの地デジチューナー HDDナビ付きのお買い得車です。★★★(U・park馬込店)
トヨタ マークX250Gリミテッド HDDナヒ

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。