東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« 夜の万世橋&万世橋駅 | メイン | U・Park八王子店 ☆T-UP赤い鳥アートコンテスト☆ »

" 教えて!小林さん"【サービス工場研究工具編第15回】モンキレンチ

皆さんこんにちは。「いい中古車入りました」担当の高橋です。
今週はU・Par八王子店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日小林さんの登場です!

小林:今日は久しぶりに工具編といきますよ! じゃあ、皆さんおなじみのモンキレンチについてお話しましょうか。 まず思うのは、その名称についてじゃないですか?

高橋:そうそう、なんでモンキー・・・猿なんですか??

小林:いや、モンキーレンチではなく "モンキレンチ"です。日本工業規格(JIS)に登録されている正式名称ですから、間違いありません。 img-100804a.jpg
名前の由来については、原型となる工具を発明者である Charles Monckyという人の名前から来ているらしいのですが、諸説あり定かではありません。 でもちょっとおもしろい名前ですよね、モンキーレンチなんてね。

高橋:あれれ、自分だって間違えているじゃないですか?

小林:う...いかんいかん、ついお約束通り言っちゃいましたが、本題に入りましょう。モンキレンチは、口金の部分を調整することで様々なボルトやナットを回すことの出来る、とても利用範囲が広い工具なんです。

img-100804b.jpg img-100804c.jpg
                                              

小林:反面、以前にスパナの項でもお話ししましたが、2面でしかボルト・ナットをとらえられないので、大きなトルクは掛けられません。 ですが、パイプ類のジョイント部など太いけれど高トルクではない、といった部分にはとても重宝する工具なんです。

高橋:へ?、結構便利なんですね?。 ん? そういえば、様々なボルト・ナットを回せるなら自転車にも使えますよね?

小林:お! さすが最近自転車に凝っているだけありますね?。 まさに自転車には車とは違う規格のボルト・ナットが使われていることも多く、高トルクも必要ないのでちょっとした整備にはぴったりですね。

高橋:ですよね?! 一家にひとつ、モンキーレンチ!

小林:やっぱり最後まで間違えたままなんですね・・・(;´Д⊂)

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ アルファードハイブリッドG ED
年式:H19年
走行距離:36,184km
★環境にやさしい・・・ハイブリッド★両面電動スライドドアで乗り降り楽々
(U・ park 八王子店)トヨタ アルファードハイブリッドG ED

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。
日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。