東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« カメラ好きなトムくんです。 | メイン | U・Park馬込店☆T-UP赤い鳥アートコンテスト☆ »

" 教えて!小林さん" 諸元表を読み解く! エンジンその8 燃料供給装置ってな?に? パート3

皆さんこんにちは。「いい中古車入りました」担当の高橋です。
今週はU・Park 馬込店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。
今日は水曜日小林さんの登場です!


小林:さて、今回は電子制御燃料噴射装置である"EFI"の続きをお話しましょうね♪

高橋:ようやく本題に来ましたね! 待ちくたびれちゃいましたよ?(;´∀`)

小林:まあまあ、楽しみは最後に取っておくものですよ♪ では本題に入りますね!
先週、EFIではエンジンの運転状況に合った燃料を噴射するといいました。
ではどんな方法かといいますと、≪各種センサーを用いて状況を把握 ⇒ コンピュータが最適な燃料の量を判断 ⇒ 燃料を噴射≫ というプロセスを経ているんです。しかも、エンジンの回転に合わせて瞬時に計算しながら、燃料を噴射しているんですよ。

高橋:は?、そうだったんですか?! ところでセンサーって一体どんなものなんですか?

小林:各種センサーについて詳しく説明すると大変なので、主要なものだけ挙げておきますと、
・水温センサー (エンジンの温度)
k20110511a.jpg

・エアフロメーター (空気の量)
k20110511b.jpg

・スロットルセンサー (アクセルの踏み具合)
・吸気温センサー(外気温)
・車速センサー(速度)
これ以外にも多種多様なセンサーがあり、その情報を元にエンジンを制御しているのが"EFI"なんです。

高橋:こ、こんなにすごいことをやっていたんですか!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!

小林:無駄な燃料を使わず効率よく走ることは、燃費向上に直結しますよね。 それは環境にも優しいということなんですよ (^^♪

高橋:そういうことだったんですね! とっても勉強になりましたよ?(^o^)/

小林:いつもこれだけ素直だったらいいんですけどね (;´∀`)

さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ ハリアー 300G LパッナビETC
年式:H16年
走行距離:40,053km
★★★当店のおすすめ車です。走行少なめの人気色のナビ付き車です。★★★ (U・Park 馬込店)トヨタ ハリアー 300G LパッナビETC

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください

このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%! 良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。