東京トヨペットU-Car HOT NEWS Heaslines

« "ワタシの一台" エリが紹介する本日の一台は・・・ | メイン | U・Park羽村店☆T-UPあかいトリ アートコンテスト☆ »

" いまさら聞けない、クルマのあれこれ" 燃料タンクの水抜き剤ってどうなの?

皆さんこんにちは。「いい中古車入りました」担当の高橋です。今週はU・Park羽村店の特選車両をご紹介しながら、いろいろな話題をお届けしています。今日は水曜日小林さんの登場です!

高橋:この間ガソリンスタンドに行ったとき、結構熱心に水抜き剤を勧められたんですよ?、燃料タンクには水が溜まるからって。 それって本当なんですか?

小林:なるほど、ガソリンスタンドではよくある光景ですね。 結論から言いますと、燃料タンクに水が溜まるというのは本当です。

高橋:ええっ?! やっぱりそうだったんですか!(゚д゚;)

k_111026.jpg

小林:まあまあ。 では、その理由を説明しましょうか。 燃料タンクが満タンと仮定して話を進めますね。
1.クルマが走ると燃料を消費し、減った分の空気が入る。
2.この空気に含まれている水分が、気温の変化などにより燃料タンク内で結露する。
3.結露した水分が、燃料タンク壁面を伝って底部に溜まる。
まあ、こんなところでしょうか。

高橋:そ、そうだったんですか?! 知りませんでしたよ?! でも、水がそのままの状態だと燃料タンク内が錆びたりしませんか? ほら、ガソリンと水ってまざらないじゃないですか? なんたって "水と油" ですからね?!

小林:おおっ、いい質問ですね?! まさにそこがポイントで、水抜き剤の主成分はアルコール類。 ガソリンと水を親和させて、同時に燃焼させてしまおうということなんですね。

高橋:な、なるほど?! その発想はありませんでしたよ?! 

小林:ただ、タンク内に溜まる水分は一般的にごく少量。 さらに、現在の燃料タンクは内部のコーティングや樹脂製の採用など、錆が発生しにくいように対策もされています。 

高橋:へぇ?、そうだったんですか?! あれ? ということは、つまり、あまり気にしなくてもいい、ということですね?(´∀`)

小林:はい、その通りです (*^―゚)b


さて、今日の一台はこちらです!

車種:トヨタ ヴォクシー 2.0X Gエディション
年式:H15年
走行距離:95,811km
お手頃1BOXワゴン入荷!! 走行多めでも安心のトヨタロングラン保証付です☆
(U・Park羽村店)
トヨタ ヴォクシー 2.0X Gエディション

写真のリンクが切れている場合、掲載した車は交渉中か売約済です。ご了承ください


このブログは、東京トヨペットU-Carオペレーションセンターよりお届けしています。毎日17時更新です。日替わりでご紹介する特選中古車はおすすめ度120%!
良い車はすぐになくなるのでお問い合わせはお早めに!

最近のエントリー

お使いのニュースリーダーやRSSリーダーに登録して、日替わりでご紹介する特選中古車情報を購読して下さい。

フィードを取得

GoogleやYahooのツールをお使いの方は、こちらのボタンからどうぞ

Add to Google My Yahoo!に追加

バックナンバー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

キーワード

ケータイに送信

QRコード

携帯電話のメールアドレスを下の欄に入力し、「送信」ボタンを押すと、URLが記載されたメールが届きます。

※ドメイン指定などメールの受信設定をされている方は@tokyo-toyopet.co.jpの追加もしくは、受信制限の解除をお願い致します。