中古車のコトなら東京トヨペットU-Park Web

12月27日(火)は通常営業いたします

ブログ

あ・かいトリ日記

土曜担当鎌倉です。【バッテリーと買取】

[2010年3月 1日 21:46]

こんにちは、土曜担当の鎌倉です。今回のお話は
「バッテリーと買取」についてです。

バッテリーは実は生き物のようで温度や使い方で
その時の充電量や寿命が違ってきます。
冬は陽が短くライトを点ける機会が多いのと
ワイパーやフォグランプを使ったりで
寒さと共にバッテリーにも厳しい時期です。
バッテリー液の量が少なくても力(性能)が発揮出来ない
ばかりか、バッテリー上がりを起こします。
ですから補充が必要です。その時は注意が必要で、
バッテリーの点検はぜひ、当社サービス工場でどうぞ。
(宣伝と共に前振りが長すぎてすみません。これからが本題です)

ご自分でバッテリー液を補充する時はバッテリーの
UPPER LEVELまでの不足分を入れれば良いのですが、
注入時にこぼれてしまったり、
UPPER LEVELより多く入れ過ぎしまった液が
旋回時や制動時等の揺れにより、液口栓から逆流して
エンジンルームに垂れてしまうとそこが錆びてしまいます。
なぜかと言うとバッテリー液は希硫酸のためです。
万が一、体に付いてしまったら速やかに多量の水で洗浄し、
お医者さんに診て頂いてください。洋服に付いても大変です。
また、エンジンルームに垂れてしまうとその部分のボディが腐食し、
査定の中で減点
をするようになってしまいます。
その場合、残念ですが価格を下げなくてはなりません。
ということで、注意していただくことが価格キープに繋がります。

尚、バッテリーのレベル・チェックについてはこのブログの兄貴分
「教えて!車のアレコレ」"教えて小林さん?"2/10コーナー
分かりやすく出ています。そちらも合わせてご覧くたざい。

カテゴリ:

このページの先頭へ