中古車のコトなら東京トヨペットU-Park Web

12月27日(火)は通常営業いたします

ブログ

あ・かいトリ日記

2011年1月アーカイブ


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今日は2週間前にお話しました【お車お売りください。】の続きです。

「お車を売りたい時」にどうしたら良いかの別な方法をお話しましょう。


 前回、お話しました「Web」からのアクセスに続いては、

弊社T?UP店舗にご来店を頂く方法があります。


 お客様にご来店頂くのはお手数をお掛けしてしまうのですが、

ご来店頂くことにより、少々時間お待ちいただければ、

その場で買取価格までご提示することができます。


 買取価格にご納得頂けるよう、できるだけ良い価格を

ご提示いたしますので、ぜひ、ご来店ください。


 ご来店の前には、ぜひ、弊社ホームページにて、お近くの

「T?UP店舗一覧」、又は「U?Car店舗一覧」をご覧ください。


 できればお電話で直接店舗へご予約いただければ、幸いです。


 最後までおつきあい頂きまして、ありがとうございました。


 お車の買取なら東京トヨペットのT?UP店に

ぜひ一度、ご来店ください。お待ちしております。


 こんにちは、土曜担当の鎌倉です。

今回は「モルト・ドレッシング」についてお話します。


 「モルト・ドレッシング」 ドレッシングとは言っても、

サラダにかけるドレッシングではありません。


 去年、革靴を買った時、その店のスタッフさんがサービスで

その靴をドレスアップしてくれました。

 どういったものかといいますと、茶色の靴のつま先に黒の靴墨で

少し黒っぽく、ぼかしというか、アクセントをつけてくれたのです。


 そのぼかしの入れ方とは、シングルモルトのウイスキーを黒の

靴墨をつけた布に少しずつ含ませながら、アクセントを付けたい

所に薄く薄く、磨り込んでいくというのです。

 そういうことから「モルト・ドレッシング」というのですね。


 少し変わった「ヴィンテージ仕上げ」とも言えるかもしれませんが、

同じ靴でも、また印象が異なりちょっと得した気分です。


 皆さんも革靴のお手入れをされる時、試してみてはいかがですか。


 お試しといえば、T?UPの買取でもお試し査定があります。

このサイト内の「査定申込み」から、ぜひ、お試しください。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今週は「車を売りたい時」にどうしたら良いかをお話しましょう。


 いろいろ方法はありますが、Webからのアクセスは次の通りです。


? このサイトの中に「T?UP店舗一覧」がございます。

こちらでお近くの店をご確認頂き、ご来店いただくかたちです。

ご来店前に、お電話でご予約いただくと確実ですよ。


? 同じく、このサイト中の「査定申込み」コーナーで

お試し査定をご依頼ください。T?UP店からご案内します。

その後、ご来店いただきます。


 ぜひ、皆様のお車をお売りください。お待ちしています。


 世田谷の環八沿いから富士山が見えました。
(中央が富士山、因みに左上は歩行者用信号です)
画像0109.jpg


 明けましてあめでとうございます。新年、一回目の土曜担当鎌倉です。

今年もよろしくお願いいたします。


 さて、お正月も早くも7日を過ぎましたが、やはりお正月の話題から・・・。


 お正月の楽しみと言えば、子供の頃は何といっても「お年玉」だと

思いますが、最近では「年賀状」です。


 暮れに自分から出すものを作る時は、枚数以上の苦労があります。

私は普段、本当に筆不精なもので、手紙はおろか葉書さえ、

仕事に関係するものしか書くことはありません。


 パソコンで作成から印刷まで出来てしまう最近ですら、大変ですので、

全て手書きの頃はもっと大変だったのでしょう。その頃、私はまだ

世間が狭く枚数は少なかったので、あまり大変な覚えがありません。


 そういえば、パソコンが一般的になる前に「プリントごっこ」という、

アナログの極致的、簡易印刷機がありましたよねえ、懐かしいです。


 今年、頂いた年賀状の中に一通、差出人不明のものがありました。

「誰だこれ?」っと、思いましたが、昨年の年賀状の表面を探して

みました。すると、まったく同じ筆や字体が見つかりました。


 裏側は一面に工夫がこされ、更に印刷とは別のコメントも書かれてあり、

表側の宛名も手書きでした。恐らく、発送までに大変な思いをしていたので、

表側の宛名横に自分の名前を書き忘れてしまったのでしょう。


 頂いた1枚1枚に思いや個性が出ていて、「一年の計は元旦にあり」と、

今年にかける意気込みを綴られる方も多く、毎年、力をもらっています。


 さて、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今年も東京トヨペットのT?UPをよろしくお願いいたします。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今日は2週間前にお話しました【お車お売りください。】の続きです。

「お車を売りたい時」にどうしたら良いかの別な方法をお話しましょう。


 前回、お話しました「Web」からのアクセスに続いては、

弊社T?UP店舗にご来店を頂く方法があります。


 お客様にご来店頂くのはお手数をお掛けしてしまうのですが、

ご来店頂くことにより、少々時間お待ちいただければ、

その場で買取価格までご提示することができます。


 買取価格にご納得頂けるよう、できるだけ良い価格を

ご提示いたしますので、ぜひ、ご来店ください。


 ご来店の前には、ぜひ、弊社ホームページにて、お近くの

「T?UP店舗一覧」、又は「U?Car店舗一覧」をご覧ください。


 できればお電話で直接店舗へご予約いただければ、幸いです。


 最後までおつきあい頂きまして、ありがとうございました。


 お車の買取なら東京トヨペットのT?UP店に

ぜひ一度、ご来店ください。お待ちしております。


 こんにちは、土曜担当の鎌倉です。

今回は「モルト・ドレッシング」についてお話します。


 「モルト・ドレッシング」 ドレッシングとは言っても、

サラダにかけるドレッシングではありません。


 去年、革靴を買った時、その店のスタッフさんがサービスで

その靴をドレスアップしてくれました。

 どういったものかといいますと、茶色の靴のつま先に黒の靴墨で

少し黒っぽく、ぼかしというか、アクセントをつけてくれたのです。


 そのぼかしの入れ方とは、シングルモルトのウイスキーを黒の

靴墨をつけた布に少しずつ含ませながら、アクセントを付けたい

所に薄く薄く、磨り込んでいくというのです。

 そういうことから「モルト・ドレッシング」というのですね。


 少し変わった「ヴィンテージ仕上げ」とも言えるかもしれませんが、

同じ靴でも、また印象が異なりちょっと得した気分です。


 皆さんも革靴のお手入れをされる時、試してみてはいかがですか。


 お試しといえば、T?UPの買取でもお試し査定があります。

このサイト内の「査定申込み」から、ぜひ、お試しください。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今週は「車を売りたい時」にどうしたら良いかをお話しましょう。


 いろいろ方法はありますが、Webからのアクセスは次の通りです。


? このサイトの中に「T?UP店舗一覧」がございます。

こちらでお近くの店をご確認頂き、ご来店いただくかたちです。

ご来店前に、お電話でご予約いただくと確実ですよ。


? 同じく、このサイト中の「査定申込み」コーナーで

お試し査定をご依頼ください。T?UP店からご案内します。

その後、ご来店いただきます。


 ぜひ、皆様のお車をお売りください。お待ちしています。


 世田谷の環八沿いから富士山が見えました。
(中央が富士山、因みに左上は歩行者用信号です)
画像0109.jpg


 明けましてあめでとうございます。新年、一回目の土曜担当鎌倉です。

今年もよろしくお願いいたします。


 さて、お正月も早くも7日を過ぎましたが、やはりお正月の話題から・・・。


 お正月の楽しみと言えば、子供の頃は何といっても「お年玉」だと

思いますが、最近では「年賀状」です。


 暮れに自分から出すものを作る時は、枚数以上の苦労があります。

私は普段、本当に筆不精なもので、手紙はおろか葉書さえ、

仕事に関係するものしか書くことはありません。


 パソコンで作成から印刷まで出来てしまう最近ですら、大変ですので、

全て手書きの頃はもっと大変だったのでしょう。その頃、私はまだ

世間が狭く枚数は少なかったので、あまり大変な覚えがありません。


 そういえば、パソコンが一般的になる前に「プリントごっこ」という、

アナログの極致的、簡易印刷機がありましたよねえ、懐かしいです。


 今年、頂いた年賀状の中に一通、差出人不明のものがありました。

「誰だこれ?」っと、思いましたが、昨年の年賀状の表面を探して

みました。すると、まったく同じ筆や字体が見つかりました。


 裏側は一面に工夫がこされ、更に印刷とは別のコメントも書かれてあり、

表側の宛名も手書きでした。恐らく、発送までに大変な思いをしていたので、

表側の宛名横に自分の名前を書き忘れてしまったのでしょう。


 頂いた1枚1枚に思いや個性が出ていて、「一年の計は元旦にあり」と、

今年にかける意気込みを綴られる方も多く、毎年、力をもらっています。


 さて、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今年も東京トヨペットのT?UPをよろしくお願いいたします。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今日は2週間前にお話しました【お車お売りください。】の続きです。

「お車を売りたい時」にどうしたら良いかの別な方法をお話しましょう。


 前回、お話しました「Web」からのアクセスに続いては、

弊社T?UP店舗にご来店を頂く方法があります。


 お客様にご来店頂くのはお手数をお掛けしてしまうのですが、

ご来店頂くことにより、少々時間お待ちいただければ、

その場で買取価格までご提示することができます。


 買取価格にご納得頂けるよう、できるだけ良い価格を

ご提示いたしますので、ぜひ、ご来店ください。


 ご来店の前には、ぜひ、弊社ホームページにて、お近くの

「T?UP店舗一覧」、又は「U?Car店舗一覧」をご覧ください。


 できればお電話で直接店舗へご予約いただければ、幸いです。


 最後までおつきあい頂きまして、ありがとうございました。


 お車の買取なら東京トヨペットのT?UP店に

ぜひ一度、ご来店ください。お待ちしております。


 こんにちは、土曜担当の鎌倉です。

今回は「モルト・ドレッシング」についてお話します。


 「モルト・ドレッシング」 ドレッシングとは言っても、

サラダにかけるドレッシングではありません。


 去年、革靴を買った時、その店のスタッフさんがサービスで

その靴をドレスアップしてくれました。

 どういったものかといいますと、茶色の靴のつま先に黒の靴墨で

少し黒っぽく、ぼかしというか、アクセントをつけてくれたのです。


 そのぼかしの入れ方とは、シングルモルトのウイスキーを黒の

靴墨をつけた布に少しずつ含ませながら、アクセントを付けたい

所に薄く薄く、磨り込んでいくというのです。

 そういうことから「モルト・ドレッシング」というのですね。


 少し変わった「ヴィンテージ仕上げ」とも言えるかもしれませんが、

同じ靴でも、また印象が異なりちょっと得した気分です。


 皆さんも革靴のお手入れをされる時、試してみてはいかがですか。


 お試しといえば、T?UPの買取でもお試し査定があります。

このサイト内の「査定申込み」から、ぜひ、お試しください。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今週は「車を売りたい時」にどうしたら良いかをお話しましょう。


 いろいろ方法はありますが、Webからのアクセスは次の通りです。


? このサイトの中に「T?UP店舗一覧」がございます。

こちらでお近くの店をご確認頂き、ご来店いただくかたちです。

ご来店前に、お電話でご予約いただくと確実ですよ。


? 同じく、このサイト中の「査定申込み」コーナーで

お試し査定をご依頼ください。T?UP店からご案内します。

その後、ご来店いただきます。


 ぜひ、皆様のお車をお売りください。お待ちしています。


 世田谷の環八沿いから富士山が見えました。
(中央が富士山、因みに左上は歩行者用信号です)
画像0109.jpg


 明けましてあめでとうございます。新年、一回目の土曜担当鎌倉です。

今年もよろしくお願いいたします。


 さて、お正月も早くも7日を過ぎましたが、やはりお正月の話題から・・・。


 お正月の楽しみと言えば、子供の頃は何といっても「お年玉」だと

思いますが、最近では「年賀状」です。


 暮れに自分から出すものを作る時は、枚数以上の苦労があります。

私は普段、本当に筆不精なもので、手紙はおろか葉書さえ、

仕事に関係するものしか書くことはありません。


 パソコンで作成から印刷まで出来てしまう最近ですら、大変ですので、

全て手書きの頃はもっと大変だったのでしょう。その頃、私はまだ

世間が狭く枚数は少なかったので、あまり大変な覚えがありません。


 そういえば、パソコンが一般的になる前に「プリントごっこ」という、

アナログの極致的、簡易印刷機がありましたよねえ、懐かしいです。


 今年、頂いた年賀状の中に一通、差出人不明のものがありました。

「誰だこれ?」っと、思いましたが、昨年の年賀状の表面を探して

みました。すると、まったく同じ筆や字体が見つかりました。


 裏側は一面に工夫がこされ、更に印刷とは別のコメントも書かれてあり、

表側の宛名も手書きでした。恐らく、発送までに大変な思いをしていたので、

表側の宛名横に自分の名前を書き忘れてしまったのでしょう。


 頂いた1枚1枚に思いや個性が出ていて、「一年の計は元旦にあり」と、

今年にかける意気込みを綴られる方も多く、毎年、力をもらっています。


 さて、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今年も東京トヨペットのT?UPをよろしくお願いいたします。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今日は2週間前にお話しました【お車お売りください。】の続きです。

「お車を売りたい時」にどうしたら良いかの別な方法をお話しましょう。


 前回、お話しました「Web」からのアクセスに続いては、

弊社T?UP店舗にご来店を頂く方法があります。


 お客様にご来店頂くのはお手数をお掛けしてしまうのですが、

ご来店頂くことにより、少々時間お待ちいただければ、

その場で買取価格までご提示することができます。


 買取価格にご納得頂けるよう、できるだけ良い価格を

ご提示いたしますので、ぜひ、ご来店ください。


 ご来店の前には、ぜひ、弊社ホームページにて、お近くの

「T?UP店舗一覧」、又は「U?Car店舗一覧」をご覧ください。


 できればお電話で直接店舗へご予約いただければ、幸いです。


 最後までおつきあい頂きまして、ありがとうございました。


 お車の買取なら東京トヨペットのT?UP店に

ぜひ一度、ご来店ください。お待ちしております。


 こんにちは、土曜担当の鎌倉です。

今回は「モルト・ドレッシング」についてお話します。


 「モルト・ドレッシング」 ドレッシングとは言っても、

サラダにかけるドレッシングではありません。


 去年、革靴を買った時、その店のスタッフさんがサービスで

その靴をドレスアップしてくれました。

 どういったものかといいますと、茶色の靴のつま先に黒の靴墨で

少し黒っぽく、ぼかしというか、アクセントをつけてくれたのです。


 そのぼかしの入れ方とは、シングルモルトのウイスキーを黒の

靴墨をつけた布に少しずつ含ませながら、アクセントを付けたい

所に薄く薄く、磨り込んでいくというのです。

 そういうことから「モルト・ドレッシング」というのですね。


 少し変わった「ヴィンテージ仕上げ」とも言えるかもしれませんが、

同じ靴でも、また印象が異なりちょっと得した気分です。


 皆さんも革靴のお手入れをされる時、試してみてはいかがですか。


 お試しといえば、T?UPの買取でもお試し査定があります。

このサイト内の「査定申込み」から、ぜひ、お試しください。


 こんにちは、土曜担当鎌倉です。


 今週は「車を売りたい時」にどうしたら良いかをお話しましょう。


 いろいろ方法はありますが、Webからのアクセスは次の通りです。


? このサイトの中に「T?UP店舗一覧」がございます。

こちらでお近くの店をご確認頂き、ご来店いただくかたちです。

ご来店前に、お電話でご予約いただくと確実ですよ。


? 同じく、このサイト中の「査定申込み」コーナーで

お試し査定をご依頼ください。T?UP店からご案内します。

その後、ご来店いただきます。


 ぜひ、皆様のお車をお売りください。お待ちしています。


 世田谷の環八沿いから富士山が見えました。
(中央が富士山、因みに左上は歩行者用信号です)
画像0109.jpg


 明けましてあめでとうございます。新年、一回目の土曜担当鎌倉です。

今年もよろしくお願いいたします。


 さて、お正月も早くも7日を過ぎましたが、やはりお正月の話題から・・・。


 お正月の楽しみと言えば、子供の頃は何といっても「お年玉」だと

思いますが、最近では「年賀状」です。


 暮れに自分から出すものを作る時は、枚数以上の苦労があります。

私は普段、本当に筆不精なもので、手紙はおろか葉書さえ、

仕事に関係するものしか書くことはありません。


 パソコンで作成から印刷まで出来てしまう最近ですら、大変ですので、

全て手書きの頃はもっと大変だったのでしょう。その頃、私はまだ

世間が狭く枚数は少なかったので、あまり大変な覚えがありません。


 そういえば、パソコンが一般的になる前に「プリントごっこ」という、

アナログの極致的、簡易印刷機がありましたよねえ、懐かしいです。


 今年、頂いた年賀状の中に一通、差出人不明のものがありました。

「誰だこれ?」っと、思いましたが、昨年の年賀状の表面を探して

みました。すると、まったく同じ筆や字体が見つかりました。


 裏側は一面に工夫がこされ、更に印刷とは別のコメントも書かれてあり、

表側の宛名も手書きでした。恐らく、発送までに大変な思いをしていたので、

表側の宛名横に自分の名前を書き忘れてしまったのでしょう。


 頂いた1枚1枚に思いや個性が出ていて、「一年の計は元旦にあり」と、

今年にかける意気込みを綴られる方も多く、毎年、力をもらっています。


 さて、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今年も東京トヨペットのT?UPをよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ