エンジン&ハイブリッド

それぞれの走りのスタイルに合わせたエンジン&ハイブリッド。

2.0Lエンジン

ツインスクロールターボチャージャーを採用。
2.0Lターボエンジンを搭載。排気ガス温度を低減し、燃費を向上するエキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドと、排気干渉を抑えることで低回転から高回転まで高トルクを確保するツインスクロールターボチャージャーを採用し、気持ちのよい加速フィールが体感できます。さらに、水冷式インタークーラーをエンジンに直付けすることにより高いレスポンス性能を確保しました。また、D-4S*1のターボ用の直噴技術「D-4ST*2」を採用。吸気バルブの開閉タイミングを最適制御する「VVT-iW*3」やアイドリングストップ機能と合わせて優れた燃費性能も実現しました。

[2.0Lターボガソリン車に標準装備]

*1.D-4S:Direct injection 4 stroke gasoline engine Superior version
*2.D-4ST:Direct injection 4 stroke gasoline engine Superior version with Turbo
*3.VVT-iW:Variable Valve Timing-intelligent Wide(吸気連続可変バルブタイミング機構)
アイドリングストップ機能

いつものように走るだけで、簡単にエコ運転。
アイドリングストップ機能

Stop & Start System | 信号待ちなどの一時停止時に、エンジンのアイドリングを自動的にストップ*1。ブレーキペダルから足を離すだけですばやく再始動します。アイドリングストップ状態でも、オーディオやナビの使用は可能です。また、フロントの空調ユニット内には「蓄冷エバポレーター」を内蔵。エアコンが送風に切り替わる*2アイドリングストップ中でも、冷たい空気を送り、室内の温度上昇を抑えるので、エコ運転をしたまま夏場も快適に過ごせます。

[2.0Lターボガソリン車に標準装備]

*1.シフトが「D」ポジションの状態でブレーキを踏み、車両が停止するとエンジンが自動的に停止します(エンジン停止には、いくつかの条件があります。)。
*2.一部条件では送風に切り替わった後、送風を弱めたり、停止したりすることもあります。また、快適性を考慮し、車内外の環境に応じて自動的にエンジンを再始動させ、エアコンを作動させる場合もあります。
'.$imgobj_pc['alt'].'
素早い変速とスムーズな加速で、走りを自在にコントロール。
8 Super ECT
スーパーインテリジェント8速 オートマチック+シーケンシャルシフトマチック | 2.0Lターボエンジンと3.5Lエンジンのパワーを流れるように路面へ伝達する8速AT。シフトレバーでMポジションを選択すると、マニュアル感覚でスポーツ走行が楽しめるギヤ段固定のMモード制御を採用。素早い変速とスムーズな加速とともに、走りを自在にコントロールできます。

[3.5Lガソリン車、2.0Lターボガソリン車に標準装備]
'.$imgobj_pc['alt'].'
ステアリングを握ったままシフト操作ができる。
パドルシフト
Mポジション走行時だけでなくDポジション走行時でも、ステアリングから手を離さずに指先で直感的なマニュアル操作が可能です。

[3.5Lガソリン車、2.0Lターボガソリン車に,標準装備]

2.5Lエンジン、3.5Lエンジン

'.$imgobj_pc['alt'].'
ディスクローターを挟むピストンを両側に2つずつ配置し、優れた制動力を実現。
フロント対向4ポッドキャリパー
3.5L車の優れた性能を支える強い制動力を得るため、対向4ポッドキャリパーを採用したディスクブレーキを設定しています。

[3.5Lガソリン車に標準装備]
'.$imgobj_pc['alt'].'
さまざまな走行条件下で燃費の向上に貢献。
6 Super ECT
スーパーインテリジェント6速オートマチック+シーケンシャルシフトマチック | 発進加速性能や動力性能に優れ、滑らかな変速フィーリングを実現。さまざまな走行条件で燃費の向上に貢献します。また、マニュアル感覚の操作を楽しめるシーケンシャルシフトマチックを採用しました。

[2.5Lガソリン車(4WD)に標準装備]
'.$imgobj_pc['alt'].'
素早い変速とスムーズな加速で、走りを自在にコントロール。
8 Super ECT
スーパーインテリジェント8速オートマチック+シーケンシャルシフトマチック | 2.0Lターボエンジンと3.5Lエンジンのパワーを流れるように路面へ伝達する8速AT。シフトレバーでMポジションを選択すると、マニュアル感覚でスポーツ走行が楽しめるギヤ段固定のMモード制御を採用。素早い変速とスムーズな加速とともに、走りを自在にコントロールできます。

[2.0Lターボガソリン車、3.5Lガソリン車に,標準装備]
'.$imgobj_pc['alt'].'
ステアリングを握ったままシフト操作ができる。
パドルシフト
Mポジション走行時だけでなくDポジション走行時でも、ステアリングから手を離さずに指先で直感的なマニュアル操作が可能です。

[2.0Lターボガソリン車、3.5Lガソリン車に,標準装備]

ハイブリッドシステム

高出力と低燃費を高次元で両立。レギュラーガソリン仕様。
D-4S搭載 直列4気筒・2.5L 2AR-FSEエンジン

ハイブリッド専用2.5Lエンジンを開発。吸・排気バルブの開閉タイミングを最適制御するDual VVT-i*2に加え、筒内直接噴射と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを持つD-4Sについても、筒内直接噴射を高圧力化・大流量化することで混合気の均質化などを図りました。全域で豊かなトルクを引き出すとともに、高圧縮比13.0を実現し、高出力と低燃費を高次元で両立しています。また、D-4Sを搭載しながらもレギュラーガソリン仕様とすることで、経済性にも配慮しました。

[ハイブリッド2WD車に標準装備]
■燃料消費率は、定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
*1.アスリートG Four、アスリートS Fourは、メーカーオプション装着により車両重量が1,770kg以上になった場合、19.0km/Lとなります。
*2.Dual VVT-i:Dual Variable Valve Timing-intelligent(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)
FRセダン専用2.5Lハイブリッドシステム

ハイブリッドのポテンシャルを引き出した革新ユニット。
FRセダン専用 2.5Lハイブリッドシステム

システム最高出力*1 162kW[220PS] モーター最高出力 105kW[143PS] モーター最大トルク 300N・m[30.6kgf・m] | 燃費だけでも加速力だけでもなく、あくまでクラウンにふさわしい上質な走りを求めて。トヨタの技術の粋を結集し、導き出した答えがこのFRセダン専用2.5Lハイブリッドシステムです。エネルギー効率を徹底追求することはもちろん、トヨタの直噴技術D-4Sを搭載した2.5Lエンジンを組み合わせ、動力性能と低燃費を高次元で両立するパワーユニットとして熟成を極めました。無段変速機能によるシームレスな加速感に加え、アクセル操作に対するリニアな走行感覚をきめ細やかなチューニングにより実現するなど、極めて高い完成度を誇ります。

*1.エンジンとモーターにより、動力性能として発揮できる出力。トヨタ算定値。
トルセン(R)LSD付トランスファー

鮮烈のパフォーマンスと静粛性を両立。
2.5Lハイブリッド×フルタイム4WD

2.5Lハイブリッドシステムが繰り出す鮮烈のパフォーマンス。それを様々な走行シーンや路面状況で発揮できるフルタイム4WDです。前後輪に豊かな動力を配分するトランスファーには、小型・軽量化したトルセン®*1LSD*2を採用。前後輪の車輪速度に速度差が生じるとLSDが作動し、トランスミッションからの駆動トルクを前後輪に適切に配分します。通常は前後輪のトルクを40:60で配分し、高い走破性を実現。そして、走行条件に応じて前後輪に50:50から30:70の間で瞬時にトルク配分し、自然かつダイナミックな操縦感覚をもたらします。また、カウンターギヤの加工精度を向上させるなど細部にチューニングを施し、クラウンにふさわしい静粛性を実現しています。

[ハイブリッド4WD車に標準装備]
*1.“トルセン®”は株式会社JTEKTの商標です。
*2.LSD:Limited Slip Differential

ハイブリッドシステムの動作モードイメージ1
[ハイブリッド車に標準装備]


 モーター走行   エンジン走行   エネルギーの回収・充電

'.$imgobj_pc['alt'].'
停車時
信号待ちなどの停車時はモーター・エンジンともに停止(アイドリングストップ)。ガソリンを消費しません*2。エンジン停止中でもエアコンが使えます。
'.$imgobj_pc['alt'].'
スタート時
アクセルを踏むと、モーターだけで*3発進。静かに、そしてスムーズに走り出します。
'.$imgobj_pc['alt'].'
通常走行時
低燃費で走れるようにモーターとエンジンを最適な効率で駆動させて走行。状況により充電も行い、低負荷時はモーターのみで走行可能です。
'.$imgobj_pc['alt'].'
加速時
加速時はエンジンに加え、バッテリーからもパワーを供給。さらに駆動力がアップし、ハイブリッドカーならではの伸びのある加速フィールドをもたらします。

走行性能

走行性能を向上させる技術。

乗り心地

操舵時の手応えと車両応答性を向上。
高接合剛性ボディ

卓越した走行性能を支えるボディのさらなる剛性感アップを図るため、構造用接着材を新たに追加し、スポット溶接を90カ所以上追加することで、乗り心地の質感、操舵時の正確性や手応えを向上させています。
「いなし」と「張り」のサスペンション

乗り心地と安定性に寄与。
「いなし」と「張り」のサスペンション

路面から伝わる振動を「いなし」、コーナリング時に「張り」のあるグリップ感をもたらします。開断面構造のリヤサスペンションアームとオフセット形状のフロントタイロッドエンド、リヤトーコントロールアームを継続採用し、サスペンション特性を最適化することで、上質な乗り心地と安定性を両立しています。今回、現状のいなしサスペンションをベースに高接合剛性ボディ用に再適合したサスペンションを開発しました。

■写真は駆動方式およびグレードによって異なります。
フロント:ダブルウィッシュボーンサスペンション
ショックアブソーバー、アッパーアームブッシュ、バウンドストッパーの特性最適化により、優れた乗り心地を実現。サスペンション取付部の剛性を高めるアッパーサポートリインフォースの採用により、優れた操縦安定性を実現しました。

リヤ:マルチリンクサスペンション
ショックアブソーバー、ロアNo.1アームブッシュ、トーコントロールアームブッシュの特性最適化により、優れた乗り心地と操縦安定性を両立しました。
パッケージング

ラージセダンでありながら驚きの小回りを実現。
パッケージング

前輪の切れ角が大きいので、日本に多い狭い路地や小道で驚くほど小回りが利きます。また、全幅を1,800mmにし、トレッドを抑えることで立体駐車場へ、スムーズ に入庫することができます。

*1.2WDの数値。4WDの数値は5.4mになります。

走行制御

VDIM

コーナリングの力強くスムーズなドライビングを最適制御。
VDIM

アクティブステアリング統合制御付[EBD付ABS&VSC&TRC&EPS&VGRS | VGRSとEPSを用いて、前輪の切れ角と操舵トルクを最適にコントロールし、車両姿勢を安定させるアクティブステアリング統合制御を搭載。制御を意識することなく、コーナリングを力強くスムーズにドライビングできます。
[3.5Lガソリン車に標準装備]
装着車 | またぎ制御 車両が安定する方向に前輪の切れ角を最適に制御。ステアリング操作をほとんど必要としません。(1)滑りやすさの異なる路面を左右輪でまたいで急発進または急制動した場合でも、安定して走行または停車することが可能です。
非装着車 | 凍結路面と乾燥路面では制動力差が生じるため、ステアリング操作が必要となります。
オーバーステア時制御 | 旋回時に後輪の横滑り傾向を感知した場合、適切な制動力と共にVGRSによる安定化モーメントを発生させ、後輪の横滑り傾向を抑制。安定した走行を確保します。 
アンダーステア時制御 | 旋回時に前輪の横滑り傾向を感知した場合、VGRSによりステアリングギヤ比を変化させると同時に、EPSが操舵トルクアシストを行い、ステアリングの切り過ぎ防止を促します。

運転アシスト

操作性

ドライブスタートコントロール

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害の軽減に寄与。
ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与するシステム。例えば、後退時に衝突し慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えます。

視認性

駐車場や交差点で、周囲の安全確認をサポート。
パノラミックビューモニター

左右確認サポート・シースルービュー機能付*1 | 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューや、発進時に側方から現れる人やクルマなどを検知してお知らせする左右確認サポートも採用しています。

[クリアランスソナー&バックソナー装着車にメーカーオプション]
■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
*1.パノラミックビューモニターとインテリジェントパーキングアシストは同時装着できません。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。