安全性能 

備えあれば憂いなし。日本のことわざを体現した先進の機能です。
クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

■ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)はアダプティブハイビームシステム(AHS)となります。
ASV++

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、2016年度最高ランクの「ASV++」を獲得*3

*1.自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2.予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より導入され、以下の得点(合計71点満点)により車両の予防安全性能を、「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>32点
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>8点
③後方視界情報提供装置<バックモニター等>6点
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間](プリクラッシュセーフティシステム)25点
*3.Toyota Safety Sense P、バックガイドモニター搭載および販売店装着オプション(バックガイドモニターまたはマルチビューバックガイドモニター)装着車。
一歩先を考え、不測の事態にも冷静に対応できるのが日本の強みです。
Bi-Beam LEDヘッドランプ|LEDデイライト|LEDフロントフォグランプ
1灯の光源でロービーム&ハイビームに切替可能なBi-Beam LEDヘッドランプを採用。クリアランスランプはインナーレンズの数を従来の1本から2本にし、さらにターンランプの下側まで発光部とすることで点灯時の存在感をアップさせました。また、デイライトとして昼間も点灯させることで被視認性を確保。車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保ち、先行車・対向車への眩惑防止に寄与するオートレベリング機能も搭載しています。
インテリジェントAFS(ヘッドランプコントロールシステム)

タイヤの切れ角、車速に応じてカーブの先を照射。
インテリジェントAFS(ヘッドランプコントロールシステム)

夜間のコーナリング時にタイヤの切れ角・車速に応じて、ロービームの照射軸を3秒後に車両が到達するポイントに自動的に向けることにより、優れた視認性を実現。コーナーや交差点の先にある情報や歩行者をいち早く認識できます。
[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)に標準装備]
インテリジェントクリアランスソナー

前後の障害物を検知し、接触を緩和する安心機能。
インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)にメーカーオプション]

■発進時などで、アクセルONかつブレーキOFF状態でのみ作動します。
■道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります、必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
リヤフォグランプ(左右)

見通しの悪い天候時に後方からの被視認性を向上。
リヤフォグランプ(左右)

バンパーロアガーニッシュ埋め込み型のリヤフォグランプ。雨、雪、霧などの走行時に後方車からの被視認性を高めます。

[寒冷地仕様装着車にメーカーオプション]
緊急ブレーキシグナル

急ブレーキを知らせ、追突される可能性を低減。
緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性を低減します。
LEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー*3(オート格納機能*4+リバース連動機能&足元照明*5付)

後退時に自動的に下向きになるなど、多彩な機能を搭載。
LEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー*1(オート格納機能*2+リバース連動機能&足元照明*3付)

オート格納機能は、ドアの施錠・解錠に連動してミラーが自動で格納・復帰し、乗降時のスイッチ操作の手間を省きます。またリバース連動機能は、後退時にシフトポジション「R」と連動してミラー鏡面が自動で下向きになり、リヤタイヤ付近を映すことで、駐車ラインなどの確認が容易になるほか、リバース連動中にスイッチ操作をすることで、ミラー鏡面を任意の位置に記憶可能です。

*1.[全車標準装備]
*2.[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)に標準装備]
*3.[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)に標準装備、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)にパノラミックビューモニターとセットでメーカーオプション]
後席シートベルトリマインダー

後席乗員のシートベルト着用を促す。
後席シートベルトリマインダー


警告灯と警告音で、後席乗員のシートベルト着用をドライバーに促します。警告灯は、オーバーヘッドコンソール部に配置しています。
自動防眩インナーミラー

周囲・後方からの光を自動探知して、ドライバーの視認性低下を緩和。
自動防眩インナーミラー

インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知し、鏡面の反射状態を変化させドライバーの視認性低下を緩和します。

[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)に標準装備]
オートワイパー(雨滴感応式)

ガラス表面の雨滴量を自動検知して、最適な払拭間隔で作動。
オートワイパー(雨滴感応式)

センサーがガラス表面の雨滴量を検知し、最適な払拭間隔でワイパーが作動します。

[ロイヤルサルーンG(2WD/4WD)、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)に標準装備]
車両接近通報装置

歩行者に音で知らせる、細やかな配慮。
車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでのEV走行(前進/後退時)中は自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチでON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。

[ハイブリッド車に標準装備]
ITS*6 Connect

ITS専用周波数で通信し、安全運転を支援する新サービス。
ITS*1 Connect

クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するシステムです。

[全車にメーカーオプション]

*1.ITS:Intelligent Transport Systems