安全性能

自動ブレーキをはじめとした、さまざまなリスクに備える先進の予防安全パッケージ
Toyota Safety Sense 全車に標準装備

事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の歩行者検知機能を搭載した衝突回避支援パッケージ。
車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する4つの先進安全機能をパッケージ化しています。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
路車間通信システム(DSSS:Driving Safety Support Systems)
右折時注意喚起
交差点で右折待ち停車時に、接近する対向直進車や右折先に歩行者がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しようとするなど、見落しの可能性がある場合に、表示とブザー音による注意喚起を行います。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
車車間通信システム(CVSS:Connected Vehicle Support Systems)
通信利用型レーダークルーズコントロール
先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車の場合、車車間通信により取得した先行車の加減速情報にすばやく反応して車間距離や速度の変動を抑え、スムーズな追従走行が可能となります。
*1. ITS:Intelligent Transport Systems
[Toyota Safety Sense装着車にメーカーオプション]
【システム全般】本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。また、路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。あくまでも補助機能です。システムを過信せず、常に道路状況に注意し、安全運転に心がけてください。
【右折時注意喚起】路側装置が設置された交差点であっても、路側装置(感知器)の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。以下のような場合、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。
■対向車や歩行者が路側装置(感知器)の検出範囲外に存在している場合。 ■路側装置(感知器)が、車両の特徴や環境条件、経年変化等によって、車両の未検知や誤検知を起こす場合。
【通信利用型レーダークルーズコントロール】先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。 ※路車間通信システムに対応した路側装置は、東京都、神奈川県、愛知県に設置されています(’17年2月現在)。
後方からの眩しさを緩和。
自動防眩インナーミラー
ミラー本体にあるセンサーが周囲の光と後方からの光の度合いを検知し鏡面の反射状態を変化させ、ドライバーの視認性低下を緩和します。
[Aプレミアムに標準装備]
昼も夜も、個性が光るリヤビュー。
リヤスポイラー(LEDハイマウントストップランプ付)/リヤコンビネーションランプ(LEDテール&ストップランプ)
ダブルバブルウインドゥから連続するハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプが、サブウインドゥを取り囲むように赤いラインを描き、リヤスタンスをワイドに強調しています。さらに夜間点灯時は、中央が明るく外側に向かうほど暗くなる光のグラデーションで、ひと目でプリウスPHVだと強く印象づけます。また、フロント同様、縦型ターンランプをバンパーサイド面に配置。空力を織り込んだ機能美をアピールします。
歩行者や自転車に接近をお知らせ。
車両接近通報装置
発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。また発音は、一時停止スイッチ操作でON/OFFが可能。なお、プラグインハイブリッドシステム再始動時には、自動的に発音状態に戻ります。
6つのSRS*1エアバッグ

衝突時の被害を軽減するために。
6つのSRS*1エアバッグ

前席乗員の頭や胸の上体に作用する衝撃力を分散・緩和させるSRSエアバッグから、後席乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグまで、合計6つのエアバッグを設定しています。
*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
全ての席の安全性に配慮。
全席ELR*1付3点式シートベルト(プリテンショナー&フォースリミッター機構付[フロント・リヤ左右席])
乗員の安全性に配慮し、全席にELR付3点式シートベルトを採用しました。
*1. ELR:Emergency Locking Retractor
同乗するお子様に、大きな安心を。
汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー*1+トップテザーアンカー(リヤ左右席)
汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バーが装備されており、チャイルドシート&ベビーシートの着脱操作が、ワンタッチで確実に行えます。
*1. 国際標準化機構(ISO)規格のチャイルドシート固定方式。汎用ISOFIX対応チャイルドシート(新保安基準適合)のみ装着可能です。ご使用に関しては、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。また、汎用ISOFIX対応の認可を受けていないチャイルド&ベビーシートはシートベルトでの装着となります。
歩行者の安全にも配慮。
歩行者傷害軽減ボディ
万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しています。
ブラインドスポットモニター〈BSM〉

車線変更時の後方確認をアシスト。
ブラインドスポットモニター〈BSM〉

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。
[Aプレミアム、A“レザーパッケージ”、Aに標準装備]
■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
超音波センサーを使って周囲の障害物を検出し、駐車スペースを判断。駐車したいスペースの前で停車し、IPA*1スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストします。また、切返しを伴う駐車、縦列駐車、縦列出庫などにも対応し、さまざまな駐車・出庫シーンで、ドライバーをサポート。超音波センサーで空間認識をするので、白線がない場所や暗闇時でも駐車を支援します。さらに表示はマルチインフォメーションディスプレイ内で行われるので、ナビを装着する必要もありません。
切返しを伴う駐車支援
開始位置からの一発駐車だけでなく、複数回の前後移動(切返し)を含めた支援を実施することで、より狭い駐車環境にも対応。
*1. IPA:Intelligent Parking Assist
[Aプレミアム、A“レザーパッケージ”、Aに標準装備]
■シンプルインテリジェントパーキングアシストは状況に応じて使用できない場合があります。なお、安全確認およびブレーキ操作は、運転する方が十分に行ってください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。