'.$imgobj_pc_2['alt'].'
急ブレーキ時でもクルマを適切に制御。
EBD付ABS&ブレーキアシスト
制動時のタイヤロックを防ぐABS*1に加えて、車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後・左右輪に配分するEBD*2機能を採用。ブレーキアシスト*3は、緊急時などに急速度でブレーキペダルが踏み込まれた場合、より強い制動力を発生させます。
ABSなし:タイヤがロックしてしまうと、ハンドルを切ってもタイヤが滑るだけでクルマは曲がりません。

ABSあり:ABSがタイヤのロックを防ぐので、速度を落としながらハンドル操作で曲がることができます。

*1. ABS:Anti-lock Brake System
*2. EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*3. アシストが必要な時には、ブレーキペダルを踏み続けてください。

■急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。
■図は作動イメージです。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
雨降りのバック時に、後方視界を確保。
リバース連動間欠リヤワイパー
フロントワイパー作動中にシフトポジションを「R」にすると、自動でリヤワイパーが作動します。
 
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
全乗員のシートベルト装着を確認できる。
全席シートベルト締め忘れ警告灯
前席に加え、後席乗員のシートベルト締め忘れも警告灯でお知らせします。

急なハンドル操作や横滑りに対応。
VSC&TRC

VSC*1は、雨や雪で滑りやすい路面などで横滑りが発生した時、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、車両安定性を確保。発進・加速時にはTRC*2がタイヤの空転を抑えてアクセル操作をしやすくします。

*1. VSC:Vehicle Stability Control
*2. TRC:Traction Control

■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 
■図は作動イメージです。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
左図
VSCなし:前輪の横滑りが発生した状態
VSCあり:外側にふくらむ現象の抑制に寄与

右図
VSCなし:後輪の横滑りが発生した状態
VSCあり:車両のスピンの抑制に寄与
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
VSCなし:横滑りが発生した状態
VSCあり:車両の挙動を安定
SRSエアバッグシステム

6つのエアバッグで万一に備える。
SRSエアバッグシステム

A:SRS*1エアバッグ(運転席・助手席)
B:SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
C:SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

[SRSエアバッグ(運転席・助手席)は全車に標準装備。SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)は全車にメーカーオプション]

*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System


■SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
■すべてのSRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。
■SRSエアバッグのイラストは機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
■チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
あらゆる方向からの衝突を想定。
衝突安全ボディ
前・後ろ・横からの衝突実験を実施。衝撃を効率よく吸収・分散するボディと強固なキャビンで、十分な客室空間を確保します。

■写真は説明のために着色したものです。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
歩行者にもやさしい設計。
歩行者傷害軽減ボディ
A:衝撃吸収カウル構造
B:衝撃吸収ワイパーピボット構造
C:衝撃吸収フェンダー構造
D:衝撃吸収ボンネット構造
E:衝撃吸収バンパー構造

万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しました。