安全性能

毎日の運転を安心で支える、先進の安全性。
carlineup_toyoacecargo_equip_safety_4_07_pc

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するほか、衝突回避を支援する機能を搭載した先進のブレーキシステム。走行中に前方を見守るためにミリ波レーダーと単眼カメラの2つの眼を採用しています。このことで、前方の車両だけでなく歩行者の検出・分析も可能となりました。衝突の恐れがある場合は、警報やブレーキ作動で注意。さらに危険が高まると早いタイミングでフル制動し、衝突回避および被害軽減のサポートを行います。また、単眼カメラは物体の形や大きさの識別にも優れるため、同時採用されたレーンディパーチャーアラートにおいて白線(黄線)の検出などにも威力を発揮します。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約12~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
■数値はトヨタ測定値

carlineup_toyoacecargo_equip_safety_2_09_pc

レーンディパーチャーアラート

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識。ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーと表示による警報で注意を喚起します。

■本システムは道路状況、車両状態および天候状態などによっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。